「医療レーザー脱毛は皮膚がんになる可能性がある!?」

…そんな噂を聞いたことがあるかもしれません。ですが、これって本当なのでしょうか?

また、皮膚がんにはならないまでも、「レーザーってなんか身体に影響ありそうで怖い…」そんな理由で、医療レーザー脱毛をためらっている人も多いようです。

ここでは、医療レーザー脱毛をすると皮膚がんになる可能性があるのか、また、後遺症や身体への悪影響があるのか、ということについてまとめています。

脱毛

率直に結論から言っておきますが、医療レーザー脱毛で皮膚がんになることは考えられないと言われています。下記に詳しく理由などをまとめていますので、参考にしてみて下さい。

医療レーザー脱毛で皮膚がんの可能性はあるの?



まずは、医療レーザー脱毛での皮膚がんの可能性について説明していく前に、「脱毛のメカニズム」について簡単におさらいをしていきましょう。

まず、現在医療系クリニックで行われている脱毛は”レーザー脱毛”が主流となっています。そして、このレーザーは「黒いもの(メラニン色素)」に反応することによって、ムダ毛の毛根を破壊し、ムダ毛を処理していくわけですね。

ですが、基本的なメカニズムとしては、脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛も同じ原理でムダ毛を処理しています。

簡単に言ってしまえば、レーザー脱毛と、フラッシュの違いは「出力の違い」です。基本的なメカニズムは同じで、黒いもの(メラニン色素)に反応させ、光の熱エネルギーを利用し、毛根にダメージを与えながら、減毛していくというのがフラッシュ脱毛です。

ただ、医療レーザー脱毛にしろ、脱毛サロンのフラッシュ脱毛にしろ、レーザーや光は紫外線みたいなようなものだから、「皮膚がんになる可能性があるんじゃないの?」と心配されている人がいらっしゃいます。

確かに、紫外線を浴び過ぎると皮膚がんの可能性を高める…というようなことはよく言われていますよね。

ですが、そんなことはありません。脱毛で使用されているレーザーや光には発がん性はないと言われています。事実、日本医学脱毛協会の公式サイトでこのように発表されています。

レーザー脱毛が皮膚ガンとかにつながる心配はありませんか?

皮膚癌の原因となる光の波長は紫外線ですが医療用レーザー脱毛の波長は赤外線で、これらはまったく性質の異なる波長ですからレーザー脱毛を行って皮膚癌になるという心配は無用です。


このように、皮膚がんになってしまう可能性がある「紫外線」とレーザー脱毛で使用されている「赤外線」というように、全く異なるものが使用されているんですね。もちろん、これはフラッシュ脱毛の光でも同じことが言えます。そのため、脱毛の施術を受けたからとって、皮膚がんになってしまう可能性はほぼないと言っていいでしょう

では、「紫外線と赤外線の違いって?」…ということについて、もう少し詳しく説明をしていきますね。

紫外線・赤外線・可視光線の光の違いを解説

それでは、「紫外線」「赤外線」そして、「可視光線」の違いについて説明をしていきます。

まず、わかりやすいように「可視光線」から説明していきますね。

可視光線とは、いわゆる私達の目に見えている光のことを言います。それに対し、「紫外線」や「赤外線」と言うものは、目に見えない「不可視光線」となります。そして、可視光線よりも波長が短いものを「紫外線」、波長が長いものを「赤外線」と言うんですね。

また、波長が短い「紫外線」ほどエネルギーが強くなっていき、人体に悪影響を及ぼす恐れがあると言われています。これが、いわゆる発がん性の可能性がある…と言われている理由です。

一方、波長が長い赤外線は、人体に悪影響を及ぼす恐れはほとんどないと言われています。そのため、私達が日常的に使っている様々な電化製品にも赤外線は使用されているんですね。例えば、電子レンジやオーブントースター、こたつや電気ストーブといったものに使用されています。

このように、紫外線と赤外線は同じように目に見えない光になりますが、可視光線を境に波長が短いもの・長いもので、紫外線・赤外線と分けられます。また、波長が短くなる「紫外線」は人体に及ばす影響があると言われていますが、波長が長い「赤外線」には、そのようなことがないと言われています

そして、前述した通り、レーザー脱毛(フラッシュ脱毛も)で、使用されているのは「赤外線」です。そのため、脱毛のレーザーが原因で皮膚がんになるということはないと言われているわけですね。

医療レーザー脱毛の後遺症や人体への悪影響は?

脱毛で皮膚がんになる可能性は、ほとんどないことがお解りいただけたかと思います。

とはいえ、「レーザーを当てる以上、何らかの副作用はあるんじゃないの?」と考えてしまいますよね。特に「レーザーが内蔵にも届いているから影響ありそう…」と思ってしまっている人もいるいようです。

確かに、脱毛で使用されているレーザー(赤外線)は長い波長のものとなりますので、内臓まで届くようなイメージがあるかもしれませんが、レーザーが内蔵まで届くこともありません。レーザー(赤外線)の波長が長いと言っても、実は皮膚の表面から3〜4mm程度のところまでしか届かないようになっているんですね。

そのため、内臓や血管と言ったところに影響を及ぼすこともありません

ですが、身体への悪影響が全くないのか…と言われれば、少なからずリスクがあることも事実です。では、脱毛をすることによってどのようなリスクが考えられるのか…ということについて見ていきましょう。

医療レーザー脱毛にリスクがないわけではありません



ここまでお伝えしてきた通り、脱毛をしたからといって皮膚がんになってしまう可能性や、内臓や血管などに悪影響を及ぼしてしまうということはないと言われています。

ですが、熱エネルギーを加えている以上、少なからず肌へのダメージは考えられます。では、実際にどんなリスクが考えられるのか、一つずつ詳しく解説していきますね。

火傷(赤み)

まず、考えられる肌トラブルとして挙げられるのが「火傷(赤み)」などの問題です。

特にレーザー脱毛は出力が強く、毛根を破壊するようなパワーで照射を行いますので、赤みが出るということはよくあることです。特に施術直後は赤みが出る人がほとんどと言ってもいいでしょう。これは、肌に直接照射をするという脱毛の特性上、どうしても避けられないことでもあります。

ですが、基本的には1日も経てば正常な状態に戻ります。ただし、2〜3日たっても赤みが引かないという場合は、必要以上に肌がダメージをおってしまっている状態です。様々な原因が考えられますが、赤みがなかなか引かないということは、かるい火傷をおっている状態とも言えますので、すぐに専門の医師に診断をしてもらうようにしましょう。

毛嚢炎

レーザー脱毛に限らず、脱毛サロンのフラッシュ脱毛でも起こりうるリスクが0ではないものとして「毛嚢炎(もうのうえん)」が挙げられます。

毛嚢炎とは、簡単にいえば脱毛後にニキビのようなブツブツが出来てしまう症状です。毛嚢炎に関しては、以下の記事で詳しく解説をしています。

▲参考:毛嚢炎は放置で治らない?脱毛が原因の場合、次回脱毛時の対策も!

人に移ったりすることはありませんが、やはりニキビのようなものが出来てしまうので、見た目が不快ですよね。ですが、このような毛嚢炎が出来てしまうことも、稀にですが起こりうることです。ですから、毛嚢炎が出来てしまった場合は、施術を受けているクリニックで診断をしてもらうなど、適切な処置を受けるようにしていきましょう。アフターケアが充実しているクリニックだと、診察費用やお薬代が無料となっていますので、そのあたりもクリニックを選ぶ際は参考にしてみて下さい。

硬毛化(増毛化)

こちらも稀にですが、「硬毛化」「増毛化」と言った症状が出てしまうことも考えられます。

硬毛化とは、産毛が多い背中などでよく見られる症状ですが、脱毛施術を受けているのに、一時的にムダ毛が濃くなって目立ちやすくなってしまう症状ですね。ただ、こちらはあくまで一時的な症状で、脱毛施術を繰り返すうちに自然と薄くなっていきます。

また、増毛化も同じように脱毛施術をしたことによって、ムダ毛が増えたように感じてしまう症状のことを言います。

ですが、こちらもハッキリとした原因は解明していないと言われています。ただ、繰り返し施術を重ねることや使用しているレーザー脱毛機を変更することによって改善する場合もありますので、このような症状が出てきてしまったら、クリニックに相談をしてみましょう。

乾燥

脱毛後のアフターケアで特に気をつけないといけないのが「乾燥」です。

何度も言っていますが、脱毛は熱エネルギーを使ってムダ毛を処理していきますので、どうしても肌内部の水分まで飛ばしてしまい、施術後は乾燥しやすくなってしまいます。また、お肌が乾燥すると、ニキビなどの原因にもなってしまいますので、脱毛期間中はいつも以上にお肌の保湿が大切です。

クリニックでも、施術後にクールダウンや保湿をしてくれますが、脱毛期間中はよりホームケアもこまめに行なっていきましょう。

汗が増える

こちらは、直接お肌などに起こりうるリスクではありませんが、脱毛をすると「汗の量が増える(増えた)」と感じることがあります。特に、ワキ脱毛をされた方に多い症状ですね。

ですが、脱毛をしたからと言って汗の量が増えるということはありません。ただし、脱毛をすることによって今まではムダ毛や毛根があり、そこで汗が止まっていたものが、脱毛をすることによって、汗を止めるものが失われてしまっているわけなんですね。

そのため、ダイレクトに汗が出てしまうこともあり、汗が増えた”ように感じる”ことになります。こちらも詳しくは下記ページで解説をしていますので参考にしてみて下さい。

▲参考:ワキ脱毛すると脇汗が増えて臭くなる?ワキ臭対策はどうする?

医療クリニックのアフターサービスを確認しましょう



ここまでお伝えしてきました通り、レーザー脱毛をすることによって皮膚がんになってしまうということや、内臓や血管に悪影響を及ぼすと言ったことは基本的にはありません。ただし、肌に直接施術をするということや、レーザーの熱エネルギーを利用するというになりますので、全くリスクがないわけではありません

ですから、少なからず脱毛にもリスクはあるということは覚えておいて下さい。…とは言うものの、クリニック側としても起こりうるリスクに対して、しっかりと対策をとっています。

そこで大切なのは、このような起こりうるリスクに対しての対応が無料で対応してくれるのか、それとも有料での対応になるのか、ということです

このあたりはクリニックによって様々です。もちろん、何もないに越したことはありませんが、万が一これらのリスクが起こってしまった場合のことも考えて、クリニックは選んでいくべきでしょう。正直、クリニックの脱毛は脱毛サロンよりも高額になる場合が多いですが、さらにこのようなリスクによって追加費用がかかってしまっては辛いですよね。

そこで、アフターケアや対策が充実しているクリニックを紹介致します。ダッツモンでは様々なクリニックを徹底調査していますので、ぜひクリニック選びの参考にしてみて下さい。

全身脱毛ならレジーナクリニック!

まず、今イチオシのクリニックが「レジーナクリニック」です。

レジーナクリニック公式サイトより

レジーナクリニックは上記で説明していきたようなアフターケアに対してしっかりと保証が付いていますので、基本的に追加費用がかかることがありません。ですが、レジーナクリニックをおすすめする理由はそれだけではありません。

そもそも料金が業界内でもかなりリーズナブルなクリニックです。後ほど料金表を記載していますので参考にして頂きたいのですが、クリニックの全身脱毛でありながら20万円を切る価格設定となっています。そして、レジーナクリニックはただ安いだけではありません。先程お伝えしたサービス内容が充実していることはもちろんですが、その他にもおすすめできる理由があるんですね。

それが、使用している脱毛です。

クリニックによっては1台の脱毛機で対応しているクリニックもありますが、当然一人ひとり毛質や肌質が異なりますので、どうしても合わない…ということは出てきてしまうんですね。ですから、複数台の脱毛機を完備していることに越したことはありません。

そして、レジーナクリニックの場合は、複数台の脱毛機を完備していことはもちろん、その複数台の脱毛機がどれもシリーズの最上位クラスの脱毛機です。そのため、脱毛効果の評判がとても良いいですね。それでいて、リーズナブルな料金設定や、サービス内容です。

今からクリニックで脱毛を始めるなら、ぜひレジーナクリニックを検討してみて下さい。

レジーナクリニックの脱毛料金の目安

サロン名 レジーナ

クリニック

全身脱毛 5回:189,000円

(顔・VIO除く)

 

対応エリア 東京(銀座・渋谷)

大阪・福岡

口コミ

※その他、部分脱毛にも対応しています。詳しくは公式サイトよりご確認下さい

ただ、レジーナクリニックは比較的できたばかりのクリニックのため、、クリニック数が少ないのが現状です。そのため、(2017年9月)現在は、東京(銀座・渋谷)、大阪(梅田)、福岡(天神)にしかクリニックがありません

今後、すでに数店舗が開院予定となっていますが、現状は通える人が限られてしまっています。

そこで、もし物理的に通えないという人には、次におすすめするリゼクリニックを検討してみて下さい。

無料保証が充実!リゼクリニックもおすすめ

一見変わったTMCMでお馴染みの「リゼクリニック」ですが、サービス内容という部分ではレジーナクリニックに引けを取らず、とても充実しているクリニックです。

リゼクリニック公式サイトより

このように、リゼクリニックも起こりうるリスクに対して無料保証がしっかりと付いています

また、料金も最安値…とまではいきませんが、クリニック全体で見ればリーズナブルな価格設定のクリニックとなっています。さらに、使用している脱毛機も複数台完備しているクリニックですし、脱毛効果をはじめとした、サービス・接客などの口コミ評判を見ても、総合的に評価が高いクリニックとなっています。

クリニック数も全国の主要都市を中心に19医院を展開していますので、通える人が多いのも評価できるポイントですね。

リゼクリニックの脱毛料金の目安

サロン名 リゼ

クリニック

全身脱毛 5回:299,000円

(顔・VIO除く)

5回:397,000円

(顔・VIO含む)

顔脱毛  5回:98,800円
VIO脱毛  5回:98,800円
ワキ脱毛  5回:18,800円
対応エリア 全国主要都市を中心に

13医院+提携6院

口コミ

全身脱毛においても、顔・VIOを含まない場合はレジーナクリニックほど安くはなりませんが、顔・VIOも含む場合であれば、レジーナクリニックとも大差はありません。また、今回お伝えしてきているアフターケアにおいては、公式サイトでも「しっかりと保証をしていきます」ということを謳っていますので、安心できるクリニックと言えるでしょう。

レジーナクリニックに物理的に通えない方は、ぜひリゼクリニックを検討してみて下さいね。

まとめ

それでは、最後に今回お伝えしてきた内容をまとめていきます。

今回のまとめ

  • 医療レーザー脱毛(フラッシュ脱毛も含む)において「皮膚がんの可能性があるのかな?」と不安になるかもしれませんが、そのようなことはありませんので、ご安心下さい。
  • 皮膚がんの可能性が指摘されているのは「紫外線」となり、脱毛で使用されているレーザーは「赤外線」となります。そのため、脱毛をすることによって皮膚がんになるということは考えにくいでしょう。
  • また、レーザーを使用するため「内臓や血管に悪影響もあるのでは?」と不安になるかもしれませんが、こちらもそのようなことはありません。
  • 波長が長い赤外線と言っても皮膚表面から3〜4mm程度までしか届かず、血管や内臓には届きません。そのため、これらに悪影響があるということも基本的にはありません。
  • ただし、全くリスクがないのか…と言われればリスクがないとは言い切れません。医療行為である以上、少なからずリスクは存在します。
  • 医療レーザー脱毛で起こりうるリスクとして、「火傷(赤み)」「毛嚢炎」「硬毛化・増毛化」「乾燥」「汗が増える」などが考えられます。
  • ですから、これらのリスクに対してしっかりと保証をしてくれているクリニックを選んでいくことが大切です。また、クリニックによっては有料になるところもありますので、そのあたりもしっかりとチェックしていきましょう。
  • 東京(銀座・渋谷)、大阪(梅田)、福岡(天神)で通える人なら「レジーナクリニック」がイチオシです。アフターケアのサービス内容、料金、脱毛機、口コミ評判、などどれをとっても評価が高いクリニックとなっています。但し、医院数が少ないのが現状です。
  • サービス面の充実度でいうなら「リゼクリニック」もおすすめです。脱毛料金以外の費用は基本的にかかることがありません。料金も全体的に見れはリーズナブルですし、評判も高いクリニックで選んで失敗は少ないクリニックと言えるでしょう。
  • 医療レーザー脱毛は、リスクが全くないわけではありませんが、命に関わるようなリスクがあるわけではありません。また、起こりうるリスクに対してしっかりと対応しているクリニックを選んでいくことも大切です。
  • 少なからずリスクは存在しますが、脱毛後の快適さを考えれば脱毛をすることはおすすめですよ。起こりうるリスクも含め最適なクリニックを選んで脱毛してみて下さいね。