脱毛サロン 薄毛産毛

脱毛

脱毛サロンやクリニックでは顔や背中などの薄い毛産毛も、しっかりと脱毛できるのでしょうか?

よく”黒いものに反応させて脱毛していく”…というようなことが言われていますが、「色素が薄い薄毛・産毛は脱毛できないってこと!?」と、不安になってしまいますよね。

ここでは、そんな薄毛や産毛の脱毛についてまとめてみましたので参考にしてみてくださいね!

実際にこんなアンケート結果があるのをご存知でしょうか。

実は、男性たちにアンケートをとったところ、「顔の産毛(特にヒゲ)が生えていて引いた…」、「近くで見たら、うなじに産毛がたくさん生えていてゾッとした…」と、いうような意見を言っている男性が、実は非常に多くいらっしゃいます。

このように、意外にも異性からは顔やうなじ・背中などの産毛はチェックされています。

あなたも薄毛・産毛の処理…手を抜いてしまっていいませんか?

ここでは、薄毛・産毛の脱毛をする際の注意点や抑えておきたいポイントをまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

薄毛・産毛を脱毛するメリットってあるの?

そもそものお話しですが、対して目立たない産毛を処理する必要は本当にあるのでしょうか?

結論を先に言ってしまうと、薄毛・産毛の脱毛の処理をすることは、大いにメリットがあります。では、実際にどんなメリットがあるのか…というところをお伝えしていきますね。

顔色アップ!メイクののりが違う!

まずは、産毛がもっとも多いと言われている顔ですが、顔の産毛をしっかりと脱毛することによって、肌色がワントーン明るくなると言われています。

確かに薄っすらとしか生えていない産毛ですが、実は薄っすらとあるだけで、肌色がくすんで見えてしまうんですね。ですから、肌色がくすんで見える原因である産毛を、しっかりと処理することによって、肌色が明るく見えるようになります。

また、明るく見えるようになるということは、それだけ若々しい印象になるということでもあります。

さらに言うと、メイクののりが見違えるように変わってきます。

口コミなどでも言われていますが、顔脱毛をした方は、メイクののりの違いにビックリする人が非常に多いんですね。…というのも、産毛がしっかりと処理されることによって、皮膚とメイクがしっかりと密着するので、より自然に馴染むことはもちろん、メイク崩れしにくくもなるためです。

特に日々、メイク崩れしやすい…という人は産毛が原因かもしれませんので、ぜひ産毛脱毛にチャレンジしてみて下さい。

毛穴が小さくなり肌がキレイに見える!

産毛が生えているということは、その分だけ、毛穴が開いている状態にあるということです。

産毛を処理してあげることによって、開いていていた毛穴が小さくなりますので、結果、毛穴が目立たなくなります。つまりは、毛穴が引き締まったキレイな肌になるということですね。

また、産毛を処理し、キレイに引き締まった肌だと、光が反射しやすくなるので、肌がとってもキレイに見えるようになります。

特に夏の時期などは、うなじから背中にかけても露出することが多くなりますので、しっかりと産毛を処理しておくことでキレイな後ろ姿を手に入れることができますよ。

異性からの評価も上がる!

冒頭でもお話しましたが、自分ではあまり目立たないだろう…と思っていても、異性は意外にしっかりとチェックしているものです。結構、細かいところまで男性たちは見ているんですね^^;

ですが、その反面、産毛までしっかりと処理していれば女子力が高い女性だと思われます

「目立たないところもしっかりと処理しているんだよ!」というところをさり気なくアピールしていきましょう。

このように、目立ちにくい薄毛・産毛ではありますが、しっかりと処理をしてあげることによって、得られるメリットは大いにあります。太く目立つムダ毛に比べたら、手を抜きがちなところになってしまいますが、薄毛・産毛もしっかりと処理をしていきましょう。

薄毛・産毛にフラッシュ(レーザー)脱毛は効果がないって本当!?

あなたも、こんなことも聞いたこともあるのではないでしょうか?

それは、脱毛サロン・クリニックの脱毛、どちらもそうですが、一般的な脱毛機と言うのは「黒いものに反応することによって脱毛している」ということです。

脱毛サロンの光脱毛も、クリニックのレーザー脱毛も根本的なところは同じになるので、毛の黒い色(メラニン)に反応させ、毛根に作用することによって脱毛をしています。ですので、濃い太い毛には効果を発揮しますが、色素が薄い薄毛・産毛には効果を発揮しにくい…なんて言われているんですね。

ですが、これは半分正解で半分不正解です。…というのも、脱毛方法や脱毛機を選ぶことによって産毛の脱毛もしっかりと行うことができるんですね。(このあたりは後で詳しく説明していきます)

産毛に回数がかかる2つの原因

「産毛の脱毛が思ったように進まない…」、「顔の脱毛をしてるけどあまり効果を感じない…」…顔脱毛をはじめとした薄毛・産毛の脱毛をしている方の口コミを見てみると、必ずと言っていいほど、このような口コミをよく目にします。

なぜこのような口コミが多いのかというと、実は、そもそも産毛の脱毛には回数がかかるためなんですね。

では、なぜ産毛の脱毛には回数がかかってしまうのでしょうか?

様々な原因が考えられますが、ここでは代表的な2つの原因をお伝えします。

① 熱量の調整が難しいため

実は意外かもしれませんが、濃く太い毛というのは、低い熱量でも簡単に脱毛することができます。それは、先ほどから何度もいっているようにメラニン色素がしっかりとしているため、そこにしっかりと脱毛機の光が働くためです。そのため、低い温度でも脱毛できてしまうわけなんですね。

ですが、産毛は逆に高い温度で脱毛をしないと効果を発揮しません。

…というのも、産毛はメラニン色素が薄いので、光を当てても光が分散してしまい効果が出にくいためです。そのため、脱毛効果をしっかりと出そうと思ったら高い温度での施術が本来は必要になってくるんですね。

ですが、サロンやクリニックなどでも「はじめは低めの温度で施術していきますね〜」というような事を言われたことがありませんか?

では、なぜこのようなことをしているのかというと、肌がどれぐらいの温度まで耐えられるかは人それぞれ違るからなんですね。そのため、サロンやクリニックも、トラブルを防ぐために初めて脱毛する時はかなり低い温度から施術をし、徐々にその人の肌の耐久度を確認しながら、温度を上げていくという形で施術をしているわけです。

特に顔などの産毛が多い場所は、デリケートな部分でもあるので、温度調整はより難しくなってきます。

高温でやらないと効果が出にくい反面、肌トラブルを起こさないように施術していかなければならないため、はじめから高温にできない理由もあるんですね。

そのため、産毛の脱毛には時間(回数)がかかってしまうわけです。

② 毛周期に違いがあるため

また、毛周期に違いがあるのも原因の一つです。

脱毛サロンやクリニックでは「毛周期に合わせて…」というような理由で2,3ヶ月に1度の施術をしているところが多いかと思います。ただ、実は毛が細い産毛というのは、毛周期も普通の毛に比べて遅い傾向にあるんですね。

さらには、”薄毛・産毛”と一口にいっても、同じ部位に生えている産毛ですら、実は太さがまちまちだと言われています。そのため、細かいことを言うと、毛周期にはかなりのズレがあるわけです。

太めの産毛の毛周期に合わせれば、細めの産毛が生え揃う前に脱毛することになりますし、細めの産毛に合わせれば、今度は太めの産毛が退行期(脱毛しても効果がない時期)になっているため、脱毛効果が発揮されません。

厳密に言えば、産毛以外のいわゆる普通の毛にも多少の毛周期のズレはありますが、産毛ほどバラバラではないんですね。

このように、産毛と一口にいっても毛周期のズレが他のムダ毛よりも大きいため、産毛の脱毛は思うに進まない…、回数がかかってしまう…というわけなのです。

脱毛

薄毛・産毛の脱毛に時間(回数)がかかってしまう原因はわかりましたか?

簡単に言うと「熱量のコントロールが難しい」「毛周期のズレ幅が大きい」ということですね。では、そんな薄毛・産毛の脱毛をしていく時に抑えておくべきポイントはどこでしょうか。次章では、このあたりについてお伝えしていきます。

薄毛・産毛を脱毛する時の3つのポイント!

ここまでお伝えしてきたように、産毛の脱毛は難しく回数がかかってしまうということは、なんとなくお解り頂けたかと思います。ですが、ポイントをしっかりと抑えておくことで、効果的に薄毛・産毛の脱毛をしていくこともできますよ。

ここからは、薄毛・産毛の脱毛をする際に抑えておきたい3つのポイントについてお伝えしていきます。

① どんな脱毛機を使っているのかが重要!

薄毛・産毛の脱毛を考えた際、まずはじめに抑えておきたいポイントは「どんな脱毛機を使っているか?(またはどんな脱毛方法か?)」というところです。

では、薄毛・産毛に効果的な脱毛方法や脱毛機にはどんなものが上げられるのでしょうか。早速見ていきましょう。

ニードル脱毛なら確実に脱毛できる

近年は、脱毛サロンなら「光(フラッシュ)脱毛」、クリニックなら「医療レーザー脱毛」が主流な脱毛方法となってきています。

ですが、昔からある方法のニードル脱毛は実は物凄く産毛に効果を発揮するんですんね。

ニードル脱毛とは、美容電気脱毛とも言われますが、簡単に言えば一本一本電気を流して処理していくというものです。そのため、普通の(濃い・太い)ムダ毛や薄毛・産毛などに関係なく、処理した毛に対しては確実に効果を発揮することができます。

ただ、先ほども言ったように、最近は光脱毛やレーザー脱毛が主流になってきてしまっているため、ニードル脱毛自体をやっているところが少ないんですね。

ですが、全く無いわけではありません。

例えば、大手のところで言うとTBCが、TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛)というコースでニードル脱毛を行っています。

ただ、ニードル脱毛は

  • めっちゃくっちゃに痛い
  • 料金が他の脱毛方法に比較して非常に高額
  • 1本1本処理するので時間がかかる

というデメリットがあります。

確かに、薄毛や産毛に効果を発揮する脱毛方法ではありますが、痛みなどに相当強くない限りは途中で断念すること間違いないです。

参考⇒ニードル脱毛の口コミ「痛みがヤバイ!」は本当?効果や料金比較も

【クリニック編】ソプラノアイスプラチナム

クリニックの場合、産毛に適しているのは「ソプラノアイスプラチナム」です。

ソプラノアイスプラチナムはダイオードレーザーの進化版のような機種になりますが、特徴としては黒いもの(メラニン)に反応させて脱毛していくのではなく、発毛因子(バルジ)に反応させて脱毛をしていく脱毛機です。

従来の脱毛機の場合は、高温で毛根を焼き切ることによって脱毛効果を発揮していましたが、発毛因子に働きかけるソプラノアイスプラチナムProは、蓄熱式とも言われ、じわじわと温めていくことによって脱毛効果を発揮していくものなんですね。

そのため、高出力でレーザーを当てる必要がないので、従来の脱毛機よりも痛くないのが特徴であり、その分リスクも少ないので顔脱毛などには向いています。また、黒いもの(メラニン)に反応させるわけではないので、産毛にも大変効果的だと言われているんですね。

どこのクリニックで扱っているの?

とは言え、ソプラノアイスプラチナムを導入しているクリニックはあまり多くありません。

有名なところで言うと、以下のクリニックで取り扱っています。

ソプラノアイスプラチナム導入クリニック

  • レジーナクリニック
  • 聖心美容クリニック

詳細については、下記の記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

▲参考:ソプラノアイスプラチナムの効果や口コミ!利用可能な医療脱毛クリニックは?

② 回数がかかることを覚悟しておく!

ここまでご説明してきてお解りいただけると思いますが、産毛の脱毛は、濃く・太い毛よりも回数がどうしてもかかってしまいます。まずは、そのことを大前提として覚えておきましょう。

ただ、先ほど紹介したような「ニードル脱毛」、クリニックなら「ソプラノアイスプラチナム」などで施術を受けていくことによって、脱毛効果も上ってきます。

特に、産毛が気になるのは顔やうなじから背中にかけて…だと思いますが、その部分だけ、産毛に強いマシンを導入しているサロンやクリニックで受けるというのも一つの方法です。

ただ、そうはいっても2つのサロンやクリニックを掛け持ちで通うのは大変ですし、1つのサロンやクリニックで産毛脱毛をやるのであれば、他の部位よりも回数がかかる事を前提に考えていきましょう。

③ リスクがあることも理解しておく!

また、産毛を脱毛するとリスクがあることも覚えておく必要があります。どんなリスクがあるのかと言えば、主には硬毛化・多毛化などですね。

硬毛化とは、脱毛しようとしているのに、なぜか以前よりも毛が太くなってしまい目立つようになってしまった!…というような症状のことを言います。

また、多毛化は脱毛前よりもムダ毛が増えてしまった(もしくは増えたように感じてしまう)というものです。

つまり、産毛だった毛が太く、硬い毛になってしまって、以前より逆に目立ってきてしまうというものですね。

ただ、これらの症状の原因は医学的にはハッキリと解明されていません。ですが、少なからずこのような症状が出てしまう人が何名かいらっしゃいます。

このように、ある意味原因不明ではあるのですが、硬毛化や多毛化になってしまう人もいらっしゃいますので、症状が出てしまった場合の対処法を覚えておきましょう。代表的な対処法としては、以下のよう方法があげられます。

硬毛化・多毛化の対処法

  • 脱毛を一時的に休む
  • 脱毛機を変える(波長を変える)
  • ニードル脱毛に変える

もちろん、これら以外にも対処法は色々とあり、サロンやクリニックによって対応はまちまちです。

ですが、やはり、このような症状が出てしまうリスクを考えるとクリニックを選んでおいたほうが安心であることは言うまでもありません。

クリニックでは硬毛化・多毛化の疑いがある場合は、すぐに診察を受けることもできますし、症状が認められた場合の一時脱毛休止となった場合でも、その間の保証などがしっかりと用意されているところがほとんです。

サロンでも、各サロンに提携しているところがあるので、そちらで診察してもらうことは可能ですが、やはりこのようなリスクを考えると医師が常駐しているクリニックの方がすぐに対応してもらえますので安心ではありますね。

このように、特に産毛を脱毛すると万が一硬毛化・多毛化となってしまった場合、逆に目立ちやすくなってしまうリスクがあることは産毛脱毛をする前にしっかりと覚えておきたいところですね。

まとめ

脱毛

最近では産毛に強い脱毛機を導入している所もありますので、いち早く産毛の脱毛効果を出したいのであればそのようなサロンやクリニックを選ぶことをオススメします。色々と方法や考え方はあると思いますが、リスクもしっかりと考えつつ、ご自身がどこを重視していくのかを踏まえてサロンやクリニックを選んでいきましょう。

参考記事▼

ニードル脱毛の口コミ「痛みがヤバイ!」は本当?効果や料金比較も

ソプラノアイスプラチナムの効果や口コミ!利用可能な医療脱毛クリニックは?