ここでは、「アンダーヘアウィッグ」について、様々な商品の比較を行っています。

「アンダーヘア用のウィッグなんてあるのかな?」と思ったかもしれませんが、実はアンダーヘア用のウィッグというのもちゃんと用意されていますよ。ただ、利用していく上での注意点などもありますので、そのあたりもしっかりと抑えて自分に合ったアンダーヘアウィッグを選んでみて下さいね。


下記の情報を読むのが面倒だと言う方は、当サイトでおすすめしているアンダーヘアウィッグ販売店のヴィーナスベールをチェックしてみてください。

⇒ヴィーナスベール公式ページへ

アンダーヘアウィッグは意外に需要がある



脱毛

「早くアンダーヘアウィッグの比較を知りたい!」という人は、こちらの章は飛ばして「アンダーヘアウィッグを比較!」こちらからご覧下さい。

ひょっとしたら、あなたも今までアンダーヘアウィッグがあること自体知らなかったのではないでしょうか。頭に使用するヘアウィッグは馴染みがあると思いますが、正直アンダーヘアウィッグというのは、あまり聞きませんよね。

ですが、実はアンダーヘアウィッグは”一部の人達”にとっては、とても需要のあるものなのです。

では、どのような人達に需要があるのでしょうか。ここでは代表的な例を3つご紹介いたします。

ハイジニーナ脱毛をしてしまった

当サイト・ダッツモンは脱毛の情報をお伝えしているサイトですので、ひょっとしたら、あなたも脱毛した結果、アンダーヘアウィッグを探しているのかもしれません。

…というのも、近年はアンダーヘアまで脱毛することは、エチケットとして当たり前になりつつあると言われています。また、欧米の女優さんやモデルさんの影響でハイジニーナ(無毛状態)にする方も年々増えてきていると言われているんですね。

実際に、サロンやクリニックに確認をしてみても、事実ハイジニーナの需要は右肩上がりになっているようです。

また(特に若い子に多いのですが)「彼氏がツルツルがいいみたいだから…」という理由で、ハイジニーナにする人も少なくないと言われています。ですが、冷静になって考えていただければわかりますが、脱毛してしまえば元に戻すことはできません。(もちろん、多少生えてくることはあります)

そして、その後「彼氏と別れてしまって…」と、後悔してしまう人も多いんですね。

もちろん、理由はこれだけに限らず様々なことが上げられますが、どちらにしろ「ハイジニーナにして後悔してしまっている」という人が、アンダーヘアウィッグを探し求めている傾向にあります。

もちろん、やってしまったことですので対処法としてアンダーヘアウィッグを探す気持ちはわかりますが、もしあなたが、これから「ハイジニーナにしよう!」と考えているなら、少し立ち止まって冷静に考えてみてから、判断していきましょう。

▲参考:iラインの全部脱毛で後悔する人が続出?アンダーヘア形を事前に考慮

アンダーヘアを薄くするために全処理をした

また、ハイジニーナにする予定はないものの「アンダーヘアの毛が剛毛だから、薄くしたい!」という人は、かなりいると言われています。

では、このような人達がアンダーヘアを薄くするために、脱毛サロンやクリニックでどうするのかというと、はじめの数回の施術でハイジニーナと同じように無毛状態にする施術を行います

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、脱毛というのは1度2度の施術で完了するわけではありません。自己処理いらずのツルツルな状態にしようとすると、それなりの回数が必要になってくるんですね。言い方を変えると、「回数が必要ということは、また、生えてくるから施術が必要」というわけです。

このような脱毛の仕組みを上手く利用し、アンダーヘアを薄くするために、はじめの数回ハイジニーナと同じ無毛状態にするんですね。

つまり、簡単に言えば「はじめの数回の施術時には無毛状態になる」ということです。

そのため、このようなアンダーヘアを薄くしたい人達にも、一時的ではありますが、アンダーヘアウィッグの需要はあると言われています。

無毛症(または元々薄い)

「脱毛をして薄くしたい!」という人がいる一方、実は元々薄くて悩んでいる方もいらっしゃいます。

いわゆる無毛症の一種になるようですが、大人になってもほとんど生えてこない、薄っすらとしか生えてこないという人が実際にいらっしゃるんですね。

また、それ以外にも抗がん剤治療などにより、抜けてしまい悩まれている方もいらっしゃいます。

無毛症などの原因で生えていない(または薄っすらとしか生えない)というのは、脱毛して薄くしたい人からすると、一見羨ましいように映るかもしれませんが、元々このような状態の人達にとっては、これはこれで深刻な悩みなんですね。

ですから、このような「無毛症(ほとんど生えてこない)」という人達にもアンダーヘアウィッグの需要はあるということです。

温泉など人前で見せられない

ここまで、様々な理由をご紹介してきましたが、理由はどうあれ、「人様に見せられない、恥ずかしい」ということが原因で、アンダーヘアウィッグの需要はあるということです。

例えば、代表的なものは温泉などですよね。どうしてもアンダーヘアがないと人様の目が気になってしまい、「温泉に行けない…」という人も少なくありません。

また、彼氏との営みに悩みを抱えてしまっている女性も多いようです。

「遊ばれていると思われたらどうしよう…誤解されたらどうしよう…」と、恋愛にも消極的になってしまう原因の一つでもあると言われています。

このように、アンダーヘアウィッグを求める理由は様々なですが、どちらにしても一部の人達にはアンダーヘアウィッグを求めている人達はいらっしゃいます。ひょっとしたら、あなたもこのような理由から探しているのかもしれません。

では、実際にどのようなアンダーヘアウィッグがあるのでしょうか。

アンダーヘアウィッグを比較!安いのはどれ?


脱毛

ここからは、代表的なアンダーヘアウィッグを比較しながら、お伝えしていきます。あなたにピッタリのアンダーヘアウィッグを選んでみて下さいね。

それでは、ここからは代表的なアンダーヘアウィッグをご紹介していきます。

まずは、比較表を作りましたので、こちらを参考してみて下さい。

代表的なアンダーヘアウィッグの比較

商品名 ヴィーナスベール アンダーヘア(S・M) アンダーフラワー
価格 19,800円 32,940円(S)

38,340円(M)

25,056円
サイズ M:約5,5cm×9.5cm

L:約5,5cm×11.5cm

S:13cm×12cm

M:15cm×14cm

フリーサイズ
入浴

洗えるか

入浴OK!

石鹸などの使用も

問題なし

別途3,857円の強力接着剤の

使用により可能

可能
再利用の可否 特殊両面テープ

(10枚:1,500円)の

使用により可能

使い方にもよるが

再利用可能

過度は着脱は

製品寿命を早める

基本は使い切りタイプ

備考 体温や汗を放出する

特殊素材を使用

シャンプー後は

歪みが出ることも

使用後は

乾燥保管の必要あり

ウレタン製品の為、

蒸れやすい

着けっ放しは

おすすめできない

ダッツモンのおすすめはこれ!

上記で代表的な3つのアンダーヘアウィッグをご紹介しましたが、当サイト・ダッツモンがオススメするアンダーヘアウィッグは、ズバリ「ヴィーナスベール」です。

⇒ヴィーナスベール公式ページ

…というのも、以下の3つの点が上げられます。

1.価格が1番安い

まず、1番気になるポイントだと思いますが、代表的な商品の中でもヴィーナスベールは1番価格が安くなっています。正直、どれもいいお値段がしますが、それでもヴィーナスベールは他社製品よりもお手頃な価格です。

特に、温泉などにいくため「一時的にどうにかしたい!」という人にとっては、何よりも金額は重要ですよね。

2.発送までが早い

実は、上記でお伝えしたヴィーナスベール以外のアンダーヘア(S・M)やアンダーフラワーは、基本的に受注生産になるため、注文してから商品が手元に届くまで約1ヶ月ほど時間がかかってしまいます。

そのため、前もって頼んでおくなら良いですが、すぐにとなると正直使い勝手が悪いですよね。

ですが、ヴィーナスベールの場合は、遅くとも1週間ほどで手元に届きます。体表的な商品の中では1番手っ取り早く使えますので、この点も使いやすいポイントといえるでしょう。

3.入浴やボディソープの利用が可能

ヴィーナスベールは特殊吸着剤を使用しているため、体温や汗を逃しやすくなっているため、蒸れにくいのが特徴です。

このように、蒸れにくくはなっているのですが、特殊吸着剤は完全密着するため、石鹸やボディソープといったものを使用し、実際に洗うことも可能ですし、入浴することも問題なくできます。

もちろん、他の商品でも可能にはなりますが、別途強力接着剤を使用しなかればならなかったりするんですね。

その点、ヴィーナスベールは、はじめからついている特殊吸着剤で問題なく入浴や洗うことができますので、この点もヴィーナスベールの強みと言えるでしょう。

特に、アンダーヘアウィッグを使おうとしている場合、温泉や入浴などの場面が多いと思いますので、この点もヴィーナスベールなら安心して使えますよね。


★チェック⇒ヴィーナスベール公式

ヴィーナスベールの疑問や注意点

ヴィーナスベールのサイズ選びの基準は?

ヴィーナスベールはMサイズ、Lサイズの2サイズ展開となっていますが、「どっちが良いんだろう」と悩んでしまいますよね。ちなみに、公式サイトではMサイズは女性用下着サイズでS〜Mサイズの方、Lサイズは女性用下着サイズでL〜XLの方向けとなっています。

ですが、ヴィーナスベールのMサイズとLサイズの違いは、「横幅」のみ(Mサイズ9.5cm、Lサイズ11.5cm)で、高さはどちらも約5.5cmとなっています。また、実際に大きい場合でもはさみでカットして使用することが可能です。(但し、シールを剥がす前にカットする必要があります)

ですから、どちらのサイズにしようか迷った場合は、大きいLサイズを選んでおくほうがいいかもしれませんね。

ヴィーナスベールは再利用可能?

「アンダーヘアウィッグって着けっぱなしでもいいのかな?再利用も可能なのかな?」というところも、悩みやすいポイントの一つですよね。

ヴィーナスベールの場合ですが、ヴィーナスベールでは(使用の仕方にもよりますが)着けっぱなしでも2日〜1週間ほど問題なく使用することが可能となっています。

例えば、上記で取り上げたアンダーフラワーの場合、蒸れにくい素材を使用しているため、着けっぱなしは推奨されていません。

また、着けっぱなしとまではいかなくても、再利用したい場合もあるでしょう。

ヴィーナスベールの場合は、専用で販売されている特殊両面テープの使用により、再利用することが可能です。ちなみに、時期によっては特殊両面テープ5枚プレゼントになっているような時もありますよ。

再利用を考えている場合でもヴィーナスベールは使い勝手が良くなっていますよね。

取り外しはどうするの?

そして、もう一点よく上げられる疑問点が「取り外し方」です。

当然、特殊吸着剤を使用していますので、力づくで引っ張って取り外すのは皮膚にもよくありません。では、ヴィーナスベールではどのように取り外すのかというと、「一般的なクレンジングオイル」で簡単に取り外すことが可能です。

クレンジングオイルは普段から使用いているものですので、ここも余分な経費がかからなくていいですよね。

【ヴィーナスベール】その他のよくある質問

再利用可能な特殊両面テープなら何度でも利用可能?
特殊両面テープを利用した場合でも、一度剥がすと粘着力が落ちてしまいます。また、一度特殊両面テープをヴィーナスベールに貼ると、剥がせなくなってしまうため、再度利用するとなると両面テープを重ねていかなければいけません。そのため、複数回の再利用はあまりおすすめできません。
毛が少しある場合、そのまま使用可能ですか?
毛が生えていると、剥がれやすくなってしまいます。ですから、できれば毛を剃ってから使用したほうが吸着力も強く剥がれにくくなります。
ヴィーナスベールを使用中ムダ毛が生えてくるとどうなりますか?
ヴィーナスベールを貼っている状態でムダ毛が伸びてくると、段々と浮いてきてしまいます。まずは、ヴィーナスベールを使用する前に処理をしてからヴィーナスベールを使用することをおすすめします。
実店舗で購入できるところはありますか?
実店舗で購入できるところはございません。ヴィーナスベールは通信販売のみとなっています。
男性でも使用可能ですか?
基本的にヴィーナスベールは女性用として作られていますが、シールを剥がす前にカットをするなどして、形を整えれば男性が使用することも可能です。実勢に多くに男性から喜ばれているようですよ。

★チェック⇒ヴィーナスベール公式

アンダーヘアウィッグの比較|まとめ

脱毛

では、最後に今回お伝えしてきたことをまとめておきます。

今回のまとめ

  • アンダーヘアウィッグはハイジニーナをはじめ、脱毛時もしくは脱毛してしまって後悔している時などに需要がある商品です。
  • 代表的な商品にはいくつかありますが、その中でも当サイトはヴィーナスベールをおすすめします。
  • ヴィーナスベールは料金が安いだけでなく、比較的すぐに届く、入浴時に問題なく使用できるなど、他社製品より優れているところがたくさんあります。
  • また、特殊両面テープを使用することによって、再利用することも可能です。
  • サイズは2サイズ展開ですが違いは横幅のみとなります。また、カットして使用することもできますし、料金はどちらも変わりませんので、迷ったら大きいLサイズを選んでおきましょう。
  • そして、取り外しが一般的なクレンジングオイルでできる点もヴィーナスベールが使用しやすい点の一つです。
  • 温泉など人前に晒さなければいけないこともあると思いますので、アンダーヘアにお悩みでしたら、このようなアンダーヘアウィッグを使用してみて下さいね。

★チェック⇒ヴィーナスベール公式



▼こちらの記事もチェック


おすすめ記事:iラインの全部脱毛で後悔する人が続出?アンダーヘア形を事前に考慮