脱毛 始め方

  • 「脱毛を始めてみたいけど何から手をつけていいのかわからない…」
  • 「いっぱいサロンやクリニックがあるけど、どうやって選べばいいの?」

など、これから初めて脱毛をするとなるとわからないことだらけですよね。

そこで、このページでは、

  • 【効果的に脱毛をするために選ぶべき脱毛方法】
  • 【脱毛をはじめる前に知っておくべきポイント】
  • 【脱毛に通う前によくある疑問点を解決】

…ということをお伝えてしていきます。

後から「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔しないためにも、事前にポイントを抑えてから脱毛を始めていきましょう。

ムダ毛の処理方法4つ

脱毛のを始める効果的なムダ毛処理の方法

脱毛

ムダ毛の処理方法にも色々な方法がありますよね。
まずは【どんな方法を選ぶべきか】を考えていきましょう。

ムダ毛を処理する…といっても様々な方法がありますよね。

ですが、ハッキリ言って”どんな方法で脱毛をするのか”ということが実はとても重要です。「何気なく選んだ方法で処理を繰り返していたら、段々とお肌が汚くなってしまい後悔しています…」というような方も実際にいるんですね。

このようなことにならないためにも、しっかりと知識を得た上で脱毛方法を選んでいきましょう。

管理人(女性白衣)

それでは、一般的に知られているムダ毛処理方法のメリットやデメリットについて確認してみましょう。

脱毛サロン

ストラッシュ 脱毛時にゴーグルを着ける

👉この画像の脱毛サロン詳細を確認してみる


まず”脱毛”といえば、真っ先に思い浮かぶのが脱毛サロンでの脱毛ではないでしょうか。最近は色々なところで広告を見かけますので、脱毛といえば脱毛サロンというイメージは確かにありますよね。

そんな脱毛サロンのメリットとしては、

  • 【料金が比較的リーズナブル】
  • 【医療脱毛と比べ痛みが少ない】

といったような点が挙げられます。


中には「ワキ脱毛が通い放題で100円!」という感じで、わずか数百円から始められるようなところもありますよね。

このように、なるべくお金をかけずにプロにお願いできますし、脱毛の痛みも医療脱毛と比べれば痛みは少ないと言われています。

そのため、医療脱毛よりもハードルが低く、始めやすい点も脱毛サロンの強みとなっています。

脱毛

ですが、安いからといって安易に脱毛サロンを選んだ結果、後々後悔してしまっている人がいるのも事実です。

なぜ後悔してしまっているのか?…ということについては「」こちらで詳しくお伝えしていますので読んでみて下さいね。

医療脱毛

👉この画像の医療脱毛詳細を確認してみる


脱毛は脱毛サロンだけで受けられるものではなく、クリニック(または皮膚科)で受けられる脱毛もあります。このようにクリニックや皮膚科といった医療機関で行っている脱毛が医療脱毛と呼ばれるものですね。

医療脱毛のメリットと言えば、脱毛サロンに比べ

  • 【脱毛効果が高い】
  • 【少ない回数・期間で終わる】
  • 【医療機関で安心】

といったような点が挙げられます。

脱毛

但し、医療脱毛と一口に言っても使用している脱毛機器によって違いがあるので注意が必要です。

医療レーザー脱毛には大きく分けると「毛根・毛乳頭をターゲットにしているもの」と「バルジ領域をターゲットにしているもの」があります。

そして、「毛根・毛乳頭をターゲットにしている」脱毛機は古くからありますが、「バルジ領域」をターゲットにしている脱毛機は、ここ数年の間に出てきた全く新しい理論に基づいた医療脱毛機器となっているんですね。

例えば、バルジ領域をターゲットにしている脱毛機器で有名な脱毛機と言えば、「メディオスターNEXTPRO」や「ソプラノアイス・プラチナム」などが挙げられます。

これらのバルジ領域をターゲットにしている脱毛機には、一般的な医療脱毛機(毛根・毛乳頭をターゲットにしている脱毛機)にはない、【痛みがより少ない】【日焼け肌でも脱毛可能】【毛周期に関係なく短期間で脱毛できる】といったメリットがあるため、今とっても注目を集めているんですね。

脱毛

一方で、このようなバルジ領域をターゲットにしている脱毛機器に対して疑問を持っている医師がいることも事実です。

メディオスターは、最新のスライド照射蓄熱式医療脱毛レーザーです。効果に期待しています。

しかしスライド照射蓄熱式の効果については、一般的な話として、はっきりとした長期的な※エビデンスはなく、実際うち漏れが発生しやすい印象があります。

メディオスターは、日本で永久脱毛効果がわかるのは数年後かと思われます。もちろん効果がある可能性がありますので今後の動向を見守りたいと思っています。

※エビデンス=医学的根拠のこと。

どういうことかというと、メディオスターNEXTPROなどのバルジ領域をターゲットにしている脱毛機器は、そもそも脱毛機器が登場してから間もないため、長期的な脱毛効果についてはまだどうなるかわからない…ということですね。

つまり、ハッキリ言って「数十年後にどうなるかわかりません…」というのが現状というわけです。

管理人(女性白衣)

もちろん、理論上は永久脱毛できるとなっていますので、ダッツモンとしても長期的な効果を期待していますが、今の段階では確証が取れていないのが事実です。

ですから、現段階で《確実に永久脱毛効果が期待できる脱毛機器》を選びたいなら、毛根・毛乳頭をターゲットにしているタイプの医療脱毛機器がおすすめです。

毛根・毛乳頭をターゲットしているタイプの脱毛機器であれば、すでに数十年スパンで使われてきているので、医学的根拠もあり永久脱毛効果が期待できます。現段階で「確実に永久脱毛を!失敗しない脱毛を!」と考えるなら、このようなタイプの医療脱毛機器で脱毛するほうが確実です。

脱毛

例えば、毛根・毛乳頭をターゲットにしているタイプの脱毛機器で、今最もおすすめなのが「ジェントルレーズプロ」です。

なぜおすすめかと言うと、ジェントルレーズプロは日本で初めて※薬事承認を取得した脱毛機器となっているからですね。

※薬事承認=簡単に言うと、安全性や脱毛効果が厚生労働省(国)に認められたということ。

このように医療脱毛と言っても脱毛機器の違いにより、現段階で(長期的に見て)脱毛効果が医学的に確証が取れているもの、取れていないものなどがあります。

「失敗しない永久脱毛を!」と考え、今から医療脱毛を始めるなら【毛根・毛乳頭をターゲットにしているタイプ】の医療脱毛機器の方がおすすめですよ。

★おすすめ医療脱毛機器と扱う医療脱毛一覧

除毛クリーム

画像引用元:JOOMO公式サイトより

「自宅にいながら手軽にツルツルにできる!」ということで、除毛クリーム(脱毛クリームと呼ぶこともあります)で処理をされている方も多いですよね。

除毛クリームのメリットは、

  • 【短時間で処理ができる】
  • 【仕上がりがツルツルになる】

などの点が挙げられます。

特にカミソリや電気シェーバーでの処理だと、1日(早い人だと半日ほどで)チクチク・ジョリジョリになってしまいますが、除毛クリームは毛根から処理できるため、ツルツルの持ちが良いのが特徴ですよね。

脱毛

除毛クリームの注意点

但し、あくまで効果は”一時的”となります。そのため、時間が経てば元通りに戻ってしまうのが除毛クリームのデメリットです。

除毛クリームは一時的にツルツルにできますが、効果は一時的に過ぎません。また、使い続けてもムダ毛が減ってくる…ということもないんですね。

ですから、長い目で考えると、除毛クリームだけで処理をするとなると、ずっとムダ毛の処理をしなければなりません。そのため、「ムダ毛の悩みから解放されたい…」という希望は、残念ながら叶いません。

管理人(女性白衣)

…とはいえ、一時的であればツルツルにすることができるのは除毛クリームのメリットです。
なので、「急なデートが入っちゃった!どうしよう…」というような時などにはおすすめですね。こんな時のためにもまだまだムダ毛が気になるうちは除毛クリームを1本持っておくと良いですよ。

▲参考:脱毛クリームは正直なところ、脱毛サロンの仕上がりには劣りますが…

家庭用脱毛器

ケノン 口コミ2

👉ケノンの口コミを見てみる


家庭用脱毛器を使用するというのもムダ毛処理の一つの方法ですよね。特に「ケノン」に代表される最近の家庭用脱毛器はとっても優秀で、家にいながら脱毛サロンで受けるような光(フラッシュ)脱毛をすることが可能です。

もちろん、料金的なことを考えれば、除毛クリームなどとは比べものにならないくらい高額な料金がかかってきますが、脱毛サロンに通うことと比べれば、かなり料金を抑えることができるんですね。

このようなこともあり、家庭用脱毛器で!…と考えるのも無理はありませんが、家庭用脱毛器にもデメリットがないわけではありません。

脱毛

家庭用脱毛器の問題点

家庭用脱毛器は基本的に自分で使用することになるため、手の届く範囲でしか脱毛ができません。また、毛周期などの知識もしっかりと理解していないと思ったような効果を得られないことが考えられます。

家の人や彼氏や旦那さんにやってもらうなら別ですが、基本的に自分で使用することになるため、背中など手の届かないところはどうしても脱毛できませんよね。

また、毛周期などの理解もないと「家庭用脱毛器で脱毛してるのにちっとも効果がないんだけど…」ということにもなりかねません。

さらに言えば、「これぐらいなら大丈夫かな」とむやみに出力を上げてしまうと、やけどをしてしまうリスクがあったり、(家庭用脱毛器に限らず脱毛サロンなどでも同じですが)光が目に入ってしまうようなことがあると最悪失明してしまう恐れもあります。

脱毛サロンや医療クリニックであれば、当然プロに施術をして頂けますのでこのあたりは安心ですが、ご自身で使用するとなるとなかなか勝手がわかりませんよね。

管理人(女性白衣)

家庭用脱毛器は自宅にいながら、脱毛サロンで脱毛したような効果を目指すことができますが、一方で知識がないまま扱ってしまうと脱毛効果が得られなかったり、危険なリスクとも隣り合わせです。
もし、家庭用脱毛器で!…と考えているなら、このあたりのことを理解した上で使っていきましょう。

処理方法の選び方

ムダ毛処理方法の選び方

上記でお伝えした以外にも、「カミソリ」「毛抜き」「電気シェーバー」…などなど、ムダ毛処理の方法は上げればまだまだありますよね。

このように、ムダ毛処理…といっても色々な方法がありますが、一体どういう基準で選べばいいのでしょうか

脱毛

ムダ毛処理の方法はこうして選びましょう。

まず、「一時的な処理でいいのか」それとも「ムダ毛から解放される処理がいいのか」を決めることが大切です。


様々なムダ毛処理の方法がありますが、大きく分けると、

  • 処理をしても時間が経てば元通りになる方法(一時的な方法)
  • 処理することで少しずつムダ毛が減っていく方法(継続効果がある方法)

に分けられます。

例えば、「カミソリ」「電気シェーバー」「毛抜き」「除毛クリーム」などは、処理後はキレイになりますが、そのまま何日か放って置けばもとに戻ってしまいますよね。

一方で、「家庭用脱毛器」「脱毛サロン」「医療脱毛」などは、程度は違えど回数を重ねていけば徐々にムダ毛が薄くなっていく処理方法になります。

管理人(女性白衣)

このように、「一時的な方法でいいのか」「継続して効果が得られる方法がいいのか」を決めてから、より詳細な方法を決めていくようにしましょう。

永久脱毛可能なのは医療脱毛機器のみ

上記でもお伝えした通り、ムダ毛処理の方法には様々な方法がありますが、できれば「継続的に効果が得られる方法」を選びたいと思っているのではないでしょうか。

そうなってくると「家庭用脱毛器」「脱毛サロン」「医療脱毛」などが候補としてあげられますが、正直、「家庭用脱毛器」はあまりおすすめできません

理由は、(前述した通り)知識がないまま施術するのはリスクが高いですし、何より手の届く範囲でしか施術できないため、仕上がりも微妙になってしまうからです。

管理人(女性白衣)

脱毛サロンか医療脱毛がおすすめです。

ダッツモンでは、なるべくリスクを抑えてキレイに仕上がる「脱毛サロン」か「医療脱毛」を選ぶことをおすすめします。

脱毛

…ですが、脱毛サロンと医療脱毛での脱毛では決定的に違う点があるんですね。まずは、こちらについてしっかりと理解をしていきましょう。

脱毛サロンの脱毛は一時的な減毛

脱毛サロンでの脱毛は永久脱毛だと思っていませんか。

管理人(女性白衣)

料金は確かにリーズナブルな脱毛サロンですが、実は脱毛サロンでの脱毛はあくまで”抑毛・減毛”となり、長期的な脱毛効果は医学的に証明されていないんですね。

つまり、簡単に言うと”脱毛サロンの脱毛効果は長い目で見ると微妙かもしれない”ということです。

もちろん、脱毛効果には個人差がありますので、全く効果がない…絶対に再生してしまう…というようなわけではありませんが、数年、数十年というスパンで考えると脱毛効果が持続するということが証明されていないわけですね。

脱毛

料金などを優先して脱毛サロンを選ぶことが悪いことではありませんが、上記でお伝えした点を十分に理解した上で脱毛サロンを選ぶようにしていきましょう。

また、以下のページにも脱毛サロンを選ぶ前に確認しておきたい点を記載しています。こちらも合わせて確認してみて下さい。

▲参考:【脱毛サロンは違法?】医師免許なしでも光脱毛が許されている法律の抜け穴

永久脱毛と呼べるのは医療脱毛だけ

”永久脱毛”という言葉は聞いたことがあると思いますが、永久脱毛ができるのは医療脱毛だけになります。

脱毛

ただ、永久脱毛の意味を誤解されている方も多いので、まずは永久脱毛の定義を確認してみて下さい。

「永久脱毛」とは、永久に1本も毛が生えてこないということなのでしょうか?

残念ながら、答えは「NO」です。
現状、日本では明確な定義がありませんが、簡単に言うと永久脱毛とは、『高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法』とお考えください。
FDA(アメリカ食品医薬品局)※1 によると、永久脱毛の定義は、一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること。とされています。
※1 米国の政府機関で「保健・福祉省」に属します。

つまり、永久脱毛とは「100%1本も毛が生えてこないようにする」…という定義ではなく、「減少した状態を長期間キープできる」ということになります。

これが永久脱毛の本当の意味合いになってきます。そして(繰り返しになりますが)このような永久脱毛ができるのは医療脱毛だけになるんですね。

その理由は、医療脱毛を行うのは医療機関のため、医療行為となる毛乳頭を破壊する行為が許されているからということになります。

どういうことかというと、毛乳頭を破壊することで永久脱毛の効果が期待できるわけですが、そもそも毛乳頭を破壊する…という行為は医療行為となるんですね。

そのため、脱毛サロンでは医療行為となってしまうため、このような毛乳頭を破壊するということはできません。…つまり、永久脱毛ができない…ということになります。

管理人(女性白衣)

このように、脱毛サロンでの脱毛は長期的に見ると医学的な根拠がないため、将来どうなるかわからないという不安があるのは確かです。
一方、医療脱毛の中でも毛根・毛乳頭をターゲットにしている脱毛機なら長期的な医学的根拠もハッキリとしているため、長期的にみても安心できるのではないでしょうか。

効果的につるすべ肌を目指す3つの秘訣

効果的にツルすべ肌するなら永久脱毛の医療脱毛で全身脱毛

脱毛

ここまでお伝えしてきたことを踏まえ、あなたがこれから【効果的にツルすべ肌を目指すために絶対に抑えておいてほしい3つのポイント】についてお伝えしていきますね。

①一時的な処理ではなく永久脱毛を目指すこと

ムダ毛の処理には「一時的な処理方法」と「継続効果が得られる方法」があるとお伝えしましたよね。

そして、「継続効果が得られる方法」の中でも、”永久脱毛”ができるのは医療脱毛だけになります。

ですから、今後あなたが効果的に、そして確実にムダ毛の煩わしさから解放されたいと思っているなら、一時的な方法ではなく、永久脱毛を目指していくことが最重要ポイントになります。

管理人(女性白衣)

一時的な処理を続けていても、いつまでたってもムダ毛の悩みから解放されません。遅かれ早かれ、永久脱毛効果が期待できる方法でムダ毛処理することを目指していきましょう。

②脱毛サロンより医療脱毛を選ぶべき

繰り返しになりますが、永久脱毛ができるのは医療脱毛だけになります。そして、現状医学的に永久脱毛ができると確証が持てるのは、医療脱毛の中でも「毛根・毛乳頭をターゲットにしている脱毛機」での脱毛ということになります。

また、ここまで何度もお伝えしてきたように、脱毛サロンでの脱毛は医療行為にならない範囲で施術をしなければならないため、毛乳頭を破壊するような医療行為ができません

そのため、長期的に見ると脱毛効果の継続性という点ではやや不安が残ります。

脱毛

…であるのならば、はじめから確実性が高い医療脱毛を選んだほうがいいのではないでしょうか。

実際に脱毛サロンから医療脱毛に乗り換えている人がかなりいることを考えると、満足度という意味では医療脱毛を選んだ方が確実そうですね。

③はじめから全身脱毛がおすすめ

初めて脱毛を始める方がよく悩む点が「部分脱毛にするべきか」それとも「思い切って全身脱毛にするべきか」という点ですね。

管理人(女性白衣)

結論から言うと、「はじめから全身脱毛を選ぶ」ことをおすすめします

当然、部分脱毛のほうが料金も安く済むので、「まずはワキから!」「とりあえずヒジ下だけ!」という感じで、部分脱毛から始める方がいらっしゃいますが、あまりおすすめできません。

…というのも、部分脱毛から始めた多くの人は、結果的に全身脱毛をしている方が圧倒的に多いからなんですね。

部分脱毛から始めて1箇所脱毛をしてみればわかりますが、1箇所脱毛をすると他の脱毛していない部位がどうしても気になってきてしまいます。そして、追加でこっちも…、あっちも…と追加をしていくと「はじめから全身脱毛を選んだ方が安く済んだのに…」ということになりかねません。

脱毛

全身脱毛となると、確かに料金はお高くなってしまいますが、部分脱毛を追加、追加…としていくよりも全身脱毛をはじめから選んだ方がよっぽど安く脱毛できるんですね。

なので、はじめから思い切って全身脱毛を選ぶようにしましょう。

脱毛を始める前に知っておくべき4つのポイント

脱毛前に知っておくべき4つのポイント

管理人(女性白衣)

続いて、【脱毛を始める前に知っておくべき4つのポイント】についてお伝えしていきます。

脱毛を始めるのに年齢は関係あるの?

脱毛

脱毛を始めるのに年齢は関係あるのでしょうか?

正解は、全く関係ないわけではありません特に年齢を重ねてからだと色々と問題点が出てきますので、なるべく早くから始めることをおすすめします。

脱毛を始めるなら年齢的にも早いに越したことはありません。…とはいえ、各サロン・各クリニックによって「〇〇歳から通えます!」という年齢制限はまちまちです。また、中には年齢では決められておらず「生理が安定的にくるようになったら…」といったような条件のところもあります。

ですから、(特に小学生や中学生の場合)は通おうと思っているサロン・クリニックのルールを確認してみて下さいね。

管理人(女性白衣)

問題は30代以降の場合です。もちろん、脱毛ができないわけではありませんが、できるだけ早く始めることをおすすめします。

歳を重ねていくと、残念ながら人間は老化していってしまいますよね。そして、これは脱毛においても少なからず影響が出てきてしまいます。…というのも、年齢を重ねてくると、毛のメラニン色素が薄くなってきたり、白髪が出てきたりするわけです。

そうなってくると、実は脱毛効果が落ちることが予想されます。「なぜ、脱毛効果が落ちてしまうのか?」というような理由については、下記のページで詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

▲参考:【30代から脱毛】が遅いと言われる理由とは?《効果が薄くなる原因》とおすすめ医療脱毛

このように、年齢を重ねてくると脱毛効果が思ったように発揮されない…ということにもなりかねませんので、脱毛をするならなるべく早く始めていくことをおすすめします。

脱毛

…ですが、小学生のようにあまりにも小さい頃から…というのは、それはそれで問題がないわけでもないので難しいところですね。

▲参考:小学生で脱毛すると悪影響や危険性はある?ミュゼで脱毛できるか調査済

脱毛を始める時期はいつがベスト?

管理人(女性白衣)

脱毛を始めるなら時期(季節)はいつがいいのでしょうか?

「脱毛を始める季節も関係あるのかな?」と思ったかも知れませんが、全く関係ないわけではありません。ですが、「この時期は脱毛できない!」というようなこともありませんので、思い立った時に始めていって大丈夫ですよ。

脱毛は「〇〇の時期(季節)に始めなければいけない…」「〇〇の季節は脱毛ができない…」というようなことはありません。ですから、思い立った時に始めていけば良いかと思います。

ですが、しいて言えば秋や冬から脱毛を始められるのがベストです。

なぜかというと、特に夏に向けて暑くなってくる時期だと紫外線が強くなり、日焼けをしてしまう可能性があります。日焼けをしてしまうと最悪日焼けが落ち着くまで脱毛の施術が受けられなくなってしまったりするんですね。

そうなると毛周期に合わせての施術ができなくなってしまいますし、なかなか脱毛が進まない…ということにもなりかねません。

もちろん、秋や冬でも紫外線はありますので、油断していると日焼けをしてしまう場合もありますが、夏に比べ肌の露出も少ないですし、海やプールなど野外で活動することも夏に比べれば少なくなりますよね。

このようなことがありますので、しいて言うなら秋や冬から始めたほうが日焼けの心配もなく、予定通りに脱毛を進めていくことができます。…とはいえ、夏の時期から始めてもしっかりと紫外線対策をして、日焼けをしなければ問題なく脱毛を受けていくことができますので安心して下さいね。

脱毛

秋や冬の方が良いもう一つの理由としては、「夏が近づくと、みんな自然とムダ毛を気にするから」ですね。そうなると自然とサロン・クリニックが混み合い予約が取りづらくなってしまいます。

夏が近づいてくると、肌を露出することが多くなってくるので自然とムダ毛が気になっちゃいますよね。そうすると「やばい!ムダ毛どうしよう…」「あ!脱毛サロンでキャンペーンやってるよね?」…という感じで自然とサロンやクリニックで脱毛を始める人が多くなります。

また、すでに脱毛には通っていたけど、冬の間にサボってしまっていた人なども「肌魅せのためにも、夏の前に脱毛再開しなきゃ!」という感じになるわけです。

つまり、夏の季節は脱毛業界の繁忙期に当たるため、「予約が取りづらくなる」と傾向にあるんですね。一方、秋や冬などは肌が露出しづらい季節ということもあり、業界的にも比較的ペースが落ちると言われています。つまり、予約も春・夏に比べれば比較的取りやすい傾向にあるわけです。

もちろん、各サロン・各クリニックによって予約状況は異なりますが、業界全体としてはこのような感じになっています。これも秋や冬から始めるのがベストですよ!という理由の一つです。

脱毛のリスク

脱毛

ハッキリと言っておきますが…

脱毛にリスクは付きものです。脱毛を受けるならしっかりとリスクを理解した上で始めていくようにしましょう。

脱毛サロンで脱毛を受けるにしろ、クリニックで脱毛を受けるにしろ、脱毛を受けるということはリスクが全くないわけではありません

例えば、「やけどや炎症」ですね。

基本的に脱毛は、脱毛機器の熱エネルギーを利用してメラニン色素に働きかけることで脱毛をしています。”熱”を使っていますので、過度に反応してしまったりすることによってやけどや炎症を起こしてしまう…というリスクは付きものなんですね。

もちろん、そのようなことがないように十分気をつけて施術をしてくれますが、このようなことが絶対に起きない…というわけではありません。実際に年間に何人もの方が国民生活センターに相談をしています。

脱毛

残念ながら、このような肌トラブルが起きてしまう可能性はゼロではありません。ですから、”万が一起きてしまった時にどのような対応をしてくれるのか”ということをしっかりと事前に把握しておくことが大切です。

初めて脱毛サロンやクリニックに通うと、カウンセリングでリスクについてのお話は絶対にして頂けますが、その後の対応がどうなっているのかしっかりと確認をしておきましょう。

残念ながら脱毛施術は全くのノーリスクというわけではなく、少なからずリスクを伴いますので、万が一起きてしまった時にどのような対応をとってくれるのか…、追加で診察料金がかかるのか?…、お薬代は?…、(脱毛サロンなら)提携しているクリニックがあるのかどうか…など、このあたりもしっかりチェックして通うサロンまたはクリニックを決めていきましょう。

管理人(女性白衣)

このようなリスクのことを考えると、カウンセリング&施術は有資格者の看護師さんが担当してくれ、かつ医師が常駐しているクリニックの方が万が一のことが起こってしまった時には安心できますね。

VIO脱毛はどうするべきか

(すでにお伝えしましたが)これから脱毛を始めていくなら「全身脱毛」がおすすめです。ですが、全身脱毛でよくある悩みの一つが「VIO脱毛をどうするのか?」ということなんですね。

脱毛

「VIOなんて人に見せれないし、恥ずかしいんだけど!」…という気持ちもわかりますが、どうせこれから脱毛を始めていくなら一緒に脱毛することをおすすめします。

清潔感アップ

VIO脱毛をおすすめする理由は様々なことが挙げられますが、まず「デリケートゾーンを清潔に保てる」というメリットが挙げられます。

ムダ毛がなくなることで蒸れにくくなったり、生理の時の不快感などもだいぶ軽減できますよ。

自己処理による黒ずみの解消も期待できる

普段からVIOの自己処理をしているかもしれませんが、自己処理を続けていくとダメージが大きいため黒ずみなどもできやすいですよね。

ですが、サロンやクリニックで脱毛をしていくと黒ずみが解消されるかもしれません。

正直言って、脱毛施術自体が黒ずみ解消に効果があるわけではありませんが、脱毛を進めていくと自然に自己処理の頻度が減っていきますよね。そうすると、自己処理による過度なダメージも減ってきますので黒ずみの解消も期待できるということです。

このようにムダ毛がなくなってお肌の状態も改善されてくることが期待できるのでVIO脱毛は一緒にやるべきなんですね。

男性陣もVIO脱毛はしてほしいと思っている

ダッツモンでは男性陣に「女性のVIO脱毛について」アンケートを取ってみました。(※下記のページ内に男性陣の意見を記載していますので参考にしてみて下さい。)

▲参考:iラインの全部脱毛で後悔する人が続出?アンダーヘア形を事前に考慮

もちろん、中には「VIO脱毛をしてほしくない!」という意見もありますが、全体的には「しっかりと整えておいてほしい!」という意見が多く寄せられています。「見えない部位だからこそ美しくしておいてほしい…」と思っている男性もいるようですよ。

このように、異性からしてもVIO脱毛賛成派の方が多くなっていますので、これから脱毛を始めていくならVIO脱毛も検討していきましょう。

初めて脱毛に通う時によくある疑問点と回答

初めて脱毛でよくある疑問点や質問

管理人(女性白衣)

初めて脱毛に通うとなると、わからないことだらけで不安になりますよね。そこで、初めて脱毛に通われる方がよく疑問に思う点についてまとめてみました。

予約の方法から施術までの流れ

脱毛

「どんな感じで脱毛って進めていくの?」「予約ってどうすればいいの?」と、よくわかりませんよね。そこで予約〜施術の流れまでをお伝えしていきます。

※下記画像はレジーナクリニック公式サイトより引用しています。

①予約をする

各サロン・各クリニックによって異なりますが、基本的にはどこのサロン・クリニックも「電話」もしくは「WEB」から予約することが可能です。

特に「WEB」からであれば24時間対応のところがほとんどですし、電話で緊張するようなこともないので初めての時はWEBから予約がおすすめです。

例えば、レジーナクリニックの場合は公式サイトの以下のようなところから予約ができますよ。

レジーナクリニック 予約受付

②予約日・予約時間に来店し受付

レジーナクリニック VIO

初めての時は迷ってしまうこともあるかもしれませんので、時間には余裕をもって行くようにしましょう。

また、サロン・クリニックに関わらず、ほとんどのところが完全予約制となっていますので、極端に待たされることはありません。…ですが、カウンセリングなど長引くこともありますので、その後の予定も余裕をもっておくようにしましょう。

③カウンセリング

レジーナクリニックのカウンセリング

脱毛サロンであればスタッフさんと、クリニックであれば看護師さんとカウンセリングをしていくのが一般的です。

カウンセリングでは「脱毛の仕組み」「料金」「脱毛のリスク」などの説明があります。また、都度疑問に思ったところは質問し、曖昧なところがないようにしていきましょう。

④診察

※脱毛サロンでは医師がいませんので診察はありません。

クリニックのみ、医師による診察・診断があります。ここでお肌の状態やムダ毛の状態、体調面などなど診察をして頂き、脱毛をこれから始めていく上で問題がないかチェックして頂きます。医師による診察があるのは心強いですよね。

⑤契約

カウンセリングや診察で納得ができたら契約書にサインをしていきます。(※契約時に必要な持ち物については「カウンセリングに行く時の持ち物」こちらをご確認下さい。)

「納得いけば申し込みも考えている」という場合には契約時に必要な持ち物を用意して行くようにして下さい。

管理人(女性白衣)

未成年者の場合は「親権者の同意書」が必要になる場合がほとんどです。公式サイトよりダウンロードできることが多いので通うサロン・クリニックの公式サイトを確認してみて下さいね。

⑥施術

レジーナクリニックの脱毛

カウンセリング&契約をした日にそのまま施術を受けられるところもあれば、初回はカウンセリング&契約のみで、後日予約を取り直して1回目の施術を受けていく…というところなど対応は各サロン・各クリニックでまちまちです。

このあたりは、当日サロン・クリニックに行く前に確認をしておきましょう。

⑦引き続き通う

あとは契約をした回数分繰り返し、通っていきます。

また、2回目以降の予約は施術に行った日に予約できるところもありますので、先の予定がわかっているなら来店時に次の予約をとっておくと、計画通りに脱毛を進めていけますよ。

脱毛

もちろん、各サロン・各クリニックによって多少の違いはありますが、このような流れで進めていきます。詳しくは通われるサロン・クリニックの公式サイトを確認してみて下さいね。

カウンセリングに行く時の持ち物

カウンセリングに行く際、「納得いけば契約する予定」と考えているのであれば、契約時に必要な持ち物を持っていくようにしましょう。

契約時に必要な持ち物

  • 身分証明書(学生の場合は学生証)
  • 引き落とし口座番号のわかるもの(またはクレジットカード番号)
  • 印鑑

基本的には以下のものが必要になってきます。

サロンやクリニックによっては学割がありますが、学割を利用できる学生さんであれば学生証なども必要になりますので、忘れずに持っていくようにして下さい。また、(繰り返しになりますが)未成年者の場合は「親権者の同意書」が必要になる場合が多くなっています。必ず事前に公式サイトから確認をしてみて下さいね。

管理人(女性白衣)

各サロン・各クリニックによって契約時に必要な持ち物も若干変わってくるかもしれません。詳細は通われる予定のサロン・クリニックの公式サイトを確認してみて下さいね。

初めての脱毛はムダ毛を剃るべきか

脱毛

「初めてカウンセリングに行く時って、該当箇所のムダ毛は剃って行った方がいいのかな?」ということでよく悩む方が多くなっています。こちらについてお伝えしていきまね。

結論から言うと、対応は各サロン・各クリニックで異なります

「ムダ毛の状態を確認したいのでそのままできて下さい。」というところもあれば「ムダ毛は剃ってきて下さいね。」というところもあるんですね。

ですから、カウンセリングの時に剃っていったほうがいいのか、どうなのか…ということについては予約をする時に確認をするようにして下さい。

予約の備考欄などに「カウンセリング時に相談したいこと」「事前に聞いておきたいこと」などを記載できるようになっているところもありますので確認をしてみて下さいね。

ダッツモンイチオシの医療脱毛はここ

レジーナクリニック 全身脱毛

 

■レジーナクリニックの全身脱毛をおすすめする理由

  • 国認定の永久脱毛効果「ジェントルレーズプロ」を全院導入
  • 現在全国展開を進めている勢いのあるクリニック
  • ジェル不要で全身脱毛でも早く終わる
  • 最短8ヶ月で全身脱毛完了
  • 平日は21時まで診療可能
  • VIOをやるなら粘膜ギリギリまで照射可能
  • 麻酔が無償対応!

レジーナクリニック 麻酔

https://reginaclinic.jp/

■全身脱毛料金(税抜き)

5回 追加1回あたり
全身脱毛ライト

顔・VIO除く

350,000

189,000円

87,500円
全身脱毛ゴールド

顔除く・VIO込

430,000円

273,000円

105,000円
全身脱毛プラチナ

顔・VIO込

480,000円

393,000円

120,000円

 

■対応エリア

  • 東京都(池袋・銀座5丁目・表参道・渋谷・新宿・上野)
  • 神奈川(横浜)
  • 大阪府(大阪梅田・梅田東・心斎橋)
  • 福岡(博多天神)
  • 北海道(札幌)
  • 愛知(名古屋)

※麻酔が無償対応だったりとにかくユーザー目線のレジーナクリニックは人気のため、札幌以外の地域では1ヶ月先まで予約が取れないことが多いです。正直、1ヶ月先だとしても変なクリニックに通うよりはココで予約を取るのがお徳です。

お得な価格で予約するにはこちら

レジーナクリニック公式サイト

 

★関連情報もチェック

まとめ

  • ムダ毛の処理には様々な方法があります。
    • 脱毛サロン…長期的に医学的根拠なし。但し、料金は比較的リーズナブル。
    • 医療脱毛…長期的に医学的根拠あり。また常駐している医師がいるため安心。
    • 除毛クリーム…あくまで一時的。但し、急な予定の時には使える方法。
    • 家庭用脱毛器…知識がないと危険。また手の届く範囲でしか使えない。
  • どんな処理方法を選ぶべき?
    • 永久脱毛と呼べるのは医療脱毛だけ。
    • 長期的に見れば医療脱毛での脱毛が一番満足度が高い。
  • 効果的につるすべ肌を目指す3つの秘訣
    • 一時的な処理ではなく永久脱毛を目指すこと
    • 脱毛サロンより医療脱毛を選ぶべき
    • はじめから全身脱毛がおすすめ
  • 脱毛を始めるのに年齢は関係あるの?
    • 30代以降になってくると脱毛効果が落ちる心配がある。
    • なるべく早く始めていくべき。
    • 但し、小学生の頃からの脱毛にはやや疑問点もある。
  • 脱毛を始めるならいつの季節がベスト?
    • 思い立った時に始めればいいが、できれば秋や冬から始めるのがベスト。
    • 日焼けのリスクも低く、予約も比較的取りやすくなっていることが多い。
  • 脱毛におけるリスクは?
    • 全くリスクがないというわけではない。
    • やけどや炎症のリスクは少なからずある。
    • できれば医師がいる医療機関で脱毛を受けるほうが万が一の時でも安心。
  • VIO脱毛はどうするべき?
    • VIO脱毛は思い切ってやるべき。
    • 清潔感アップ&男性陣もやってほしいという意見が多数。
  • カウンセリングに行く時の持ち物
    • 「身分証明書」「引き落とし口座番号(クレカ番号)」「印鑑」
    • 詳細は各サロン・クリニックの公式サイトを確認してみて下さい。
  • カウンセリング時にシェービングは必要?
    • こちらも各サロン・各クリニックで対応がまちまち。
    • カウンセリングの時にシェービングの必要があるのか確認しておきましょう。