脱毛

よく耳にすることだと思いますが、脱毛では日焼けはNG!だと言われていますよね?

でも、

その本当の理由をご存知でしょうか?

また、そんな日焼け肌や色黒の方でも安心して受けられるサロンやクリニックがあるということをご存知でしょうか?

今回は、日焼け肌や色黒の方にオススメサロンやクリニックをご紹介していきます。


よく言われていることですが、「脱毛では日焼け肌ではできません」、「日焼けをしたら脱毛が受けられません」ということを聞いたことがあることと思います。

でも、

その本当の理由ってご存じですか?

今回は、なぜ脱毛に日焼けはNGなのか?について解説していきます。

また、

そんな日焼け肌や色黒の方でも安心して受けられるサロンやクリニックもありますので、ご紹介していきますね!

日焼け肌や色黒は脱毛が受けられない!?

クレアクリニック

「こんな人は脱毛が受けられません!」という項目に、必ず書かれているのが、「日焼け肌の人はNG!」ということですね。

これは正直、ほとんどのサロンやクリニックで言われていることです。

また、

日焼けをしている人ができない…ということもそうですが、脱毛後にも日焼けはしないで下さいね!…ということも言われています。

でも、

これってなぜだか本当の理由を知っていますか?

脱毛が受けられない理由は?

困った女性

理由① マシンの特徴があるため

まず一番の原因であげられるのが、脱毛マシンは黒い色に反応して脱毛をしているためということです。

これは聞いたことがある人が多いと思いますが、今一度おさらいをしておきましょう。

肌の色が黒いのも皮膚を形成しているメラニン色素が関係していますが、実はムダ毛の色素もこのメラニン色素が関係しています。

つまり、

本来であればムダ毛のメラニン色素にしか反応しないはずなのに、日焼け肌や色黒の人はメラニン色素を多く含んでしまっているため、皮膚にもマシンが反応してしまう危険性があるため脱毛ができない…ということです。

要するに、肌にも影響してしまい火傷や肌トラブルが起こってしまう可能性があるためにできない…というわけですね。

また、

同じことですが、ホクロをシールで光やレーザーから守っているのも同じ理由のためです。つまり、光やレーザーが反応していしまうと、ホクロの部分が火傷やトラブルを起こしてしまう恐れがあるため、ホクロは脱毛できません。ですので、シールで保護します…というわけなんですね。

理由② 肌トラブルの原因になるため

日焼けをしていない人が脱毛をすると、肌は全くダメージを受けないのか?

…そういわれれば、実はそんなこともありません。

当然、皮膚にも光が少なからず当たりますので刺激はあります。

ですが、日焼け肌というのは普段の肌よりも、紫外線のダメージを受け皮膚が弱っているデリケートな状態です。

また、

日焼け直後の肌は熱を持っている状態でもあります。

このように、デリケートな状態で脱毛をしようとすると、マシンの特性(黒いものに反応する)がどうこう以前に、肌細胞はさらにダメージを受けることになります。

すると当然、赤みが出てしまったり、ひどい場合には火傷に繋がってしまいます。

マシンの特性もそうですが、合わせて肌自体もデリケートな状態ですので、さらにダメージを与えてしまう恐れがあるということですね。

理由③ シミの原因になるため

脱毛ができないというところからは少し離れてしまうかもしれませんが、日焼けをしてしまうとシミの原因にもなります。

シミというのは元々、日焼けによって作られたメラニン色素がが肌の中に蓄積され、それが残って色素沈着してしまうものです。

若いころは新陳代謝が活発なため、ターンオーバーがしっかりと繰り返されますので、シミになりにくいですが、年齢を重ねてくると、新陳代謝が鈍ってきますので、余計にシミになって残りやすくなってきてしまいます。

シミになってしまった部分は、ひどければ当然脱毛できませんので、やはりはじめからなるべく日焼けは避けておいた方が無難かもしれません。

どれぐらいなら脱毛できるの?

ニキビ 女性

日焼け肌や色黒は脱毛がNG!になります…。

と、言われても、「どれぐらいなら大丈夫なの!?」と疑問に思いますよね?

もちろん、個人差がありますので、一番はサロンやクリニックで直接肌の状態を確認してもらうことがいいですが、ここではおおまかな目安になるところをご紹介しておきます。

まずは、「日焼けをした時期(季節)」によっても変わってきます。

冬の日焼けや、春先の日焼けというのは、比較的紫外線が強くないので、肌の状態が落ち着くのが早いとも言われています。

また、

日焼け対策を行った上で、日焼けしてしまった場合…というのも大切なポイントです。

ただ、やはり夏場、初秋の時期の日焼けは紫外線量が強いことから、脱毛がNGになる可能性が高いです。

当然、このあたりは各サロンやクリニックによって見解が違いますので、一度無料カウンセリングなどで確認しておくことをオススメします。

特に、クリニックでは医師が診断をしてくれますので、より安心ですね。

脱毛後なら日焼けをしても大丈夫?

脱毛

「日焼け肌では脱毛がNG!」と言われることが多いですが、脱毛後なら日焼けをしても大丈夫なのでしょうか?

これも何度も言ってきましたが、結論を言えば、「脱毛後でもNG!」です。

と、いうのも、日焼けをしていない人でも脱毛後に皮膚に赤みが出たり、かゆみが出たりするぐらいです。
それぐらい、脱毛だけでも刺激はある
のです。

ですから、本来であれば脱毛後にはしっかりとしたアフターケアをしなければなりません。

そんな状態の時に日焼けをしてしまったらどうなるのでしょうか?

紫外線からのダメージは思っているより強力です。

不安定は肌状態の時に紫外線を必要以上に浴びるということは、悪影響しかないことは言うまでもないでしょう。

ですので、脱毛後の日焼けも避けたほうが無難です。むしろ、避けるべきですね。

結局は日焼け止めをしっかりすることが大切!

脱毛実績

結局のところ、脱毛を考えている(または脱毛中)というようなときには、日焼けは避けることが無難です。

つまり、紫外線対策をしっかりとして、肌を守りましょう!ということですね。

もちろん、なるべく日に当たらないようにすることが一番ですが、イベントやバカンスなどで止む終えず…ということもあることでしょう。

そんな時こそ、いつも以上に日焼け止めには気を使いたいところです。

実は、紫外線にも2種類の紫外線があると言われています。

それが、以下の2種類ですね。

紫外線の種類

  • UV-A … 日常生活で主に浴びる紫外線
  • UV−B … レジャーやバカンスなどで長時間浴びる紫外線

UV-Aには、どちらかというと、肌を黒くさせる効果があり、UV-Bには、肌を赤くさせる効果があると言われています。

ですので、TPOに合わせた紫外線対策が必要です。

日焼け止めに表記されていますが、「SPF」にはUV-Bを防ぐ効果があり、「PA」にはUV-Aを防ぐ効果があると言われています。

ですので、日焼け止めの種類を選ぶ際もできれば用途に合わせて、普段使い用と、レジャーやバカンスなどで長時間紫外線を浴びるとき用と用意しておきたいですね。

また、

最近では下地に日焼け止めの効果があるものや、ファンデーションにも同様の効果が含まれているものがあり、二重に三重に予防することも可能です。

ではありますが、肌への負担もそれだけ大きくなりますので、その点は注意して紫外線対策をしていきましょう。

日焼け肌や色黒でも脱毛可能なサロンやクリニックがある!?

乗り換え

ここまで話してきた通り、脱毛を考えている(または脱毛中)であるのなら、日焼けを避けることが賢明です。

ではありますが、どうしても職業柄日焼けしてしまうという人もいますし、地黒と呼ばれる元々色黒の人もいるわけです。

では、このような人たちは脱毛を受けることができないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

そのような人たちでも安心して受けられる脱毛サロンやクリニックがちゃんとあるんですね!

では、それぞれオススメのサロンとクリニックをご紹介していきます。

オススメサロンならここ「ディオーネ」!

asian businesswoman on white background

まずは、日焼け肌や色黒の人でも安心して脱毛ができるサロンと言えば「ディオーネ」です。

ディオーネでは多くのサロンで行われている、黒いものに反応する光脱毛とは違い、『ハイパースキン脱毛』と呼ばれる方法で脱毛が行われています。

このハイパースキン脱毛は3歳から脱毛が可能ともいわれていて、なおかつ、日焼け肌やアトピー肌などの敏感肌の人たちでも脱毛が可能だと言われている脱毛方法なのです。

では、ハイバースキン脱毛の特徴を見ていきましょう。

ハイバースキン脱毛の一番の特徴は”今生えている毛には何もしない”、”痛みがない”ということです。

従来の光脱毛では、今生えている毛の毛根に反応するように強い光を当て刺激を与え、脱毛していく…という感じでした。

毛根に反応させるほど強い光を当てるため、痛みも発生しますし、赤みや火傷のリスクもあるわけです。

そして、先ほども言ったように「黒いもの(メラニン色素)」に反応させるため、日焼け肌や色黒の人などは断られてしまい脱毛ができない…というのが、従来の脱毛方法です。

ですが、

ハイバースキン脱毛は全く違ったアプローチで脱毛をしていくため、このような日焼け肌の人やアトピーなどの敏感肌の人でも脱毛ができてしまうのです。

ハイバースキン脱毛は、発毛因子を減らしていく方法になるので、今生えている毛にアプローチするのではなく、これから生えてくる毛にアプローチしていくという感じですね。

そのため、毛根を焼ききるような高温で照射する必要がなく、人肌程度の38度ほどで照射していくので痛みもなく、それでいてしっかりと効果を出すことができます。

このように、ハイバースキン脱毛では、他のサロンで断られてしまいしまったような日焼け肌の人や色黒の人でも安心して脱毛をすることができます。

日焼け肌や色黒で断られてしまった人や、不安を抱えている人は一度ディオーネを検討してみてもいいかもしれませんね。

⇒ ディオーネの口コミや特徴詳細はこちら


⇒ ディオーネの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)

クリニックなら「湘南美容外科」がオススメ!

Fotolia_84161744_Subscription_Monthly_M

一般的にクリニックで行っている医療レーザー脱毛も光脱毛と原理は同じで「黒いものに(メラニン色素)」に働きかけていくというものがほとんどです。

簡単に言えば、光脱毛の出力が強いものが医療レーザーだと思っておけばいいですね。

ですので、このようなマシンを導入しているクリニックでは、やはり日焼け肌などは脱毛することができなくなってしまいます

医療クリニックですので、医師が事前に診療をしてくれますので、脱毛が可能かどうかの判断をしっかりとしてもらえるという点では安心ではありますが、脱毛ができないのであればサロンと同じです。

ですが、医療クリニックでも日焼け肌に対応してマシンが存在します。

それが、蓄熱式脱毛機と呼ばれている「メディオスターNeXT PRO」という機器になります。

従来のレーザー脱毛機では、瞬間的に高熱が出て毛根にダメージを与えて脱毛していくというのは光脱毛と同じ原理ですが、そのため日焼け肌や色黒の人ではリスクが大きいので、脱毛することが難しくなってしまいます。

ですが、

「メディオスターNeXT PRO」は蓄熱式ですので、低めの熱を肌の内部に蓄積しながら、少しずつ毛根部にダメージは与えていき、脱毛していくのです。

ですので、リスクは抑えて脱毛することが可能なので、日焼け肌や色黒の人でも脱毛が可能というわけなんですね!

ただ、この「メディオスターNeXT PRO」を導入しているクリニックはそんなに多くありません。

オススメなクリニックとしては「湘南美容外科クリニック」がオススメです。

湘南美容外科クリニックは言わずと知れたクリニックですよね?脱毛に関しても症例・実績はナンバーワンのクリニックですし、全国展開しているので医院が多く、通える人が多いのも特徴です。

もちろん、他のクリニックでも導入している所はあるのですが、通えるクリニックが限られてしまって、クリニック自体も東京や大阪など大きな都市にしか医院がないところが多いのが現状です。

そんな中、湘南美容外科は地方都市にも医院を構えていますので、通える人が多いですね。

湘南美容外科でもこの「メディオスターNeXT PRO」を導入していますので、日焼け肌や色黒の人でも対応してもらえます。(医院によっては導入していない場合もありますので、事前に各医院にご確認下さい)

もちろん、サロン系の脱毛よりも値段はかかってしまいますが、脱毛効果は抜群に良いのがクリニック系の脱毛です。

ですので、クリニック系の脱毛が希望で、日焼け肌や色黒で悩んでいるなら湘南美容外科を検討してみるといいですね!

⇒ 湘南美容外科の口コミ詳細を見てみる


⇒ 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)

まとめ

脱毛

今回は「日焼け肌や色黒の人でも脱毛ができるのか?」…についてお話してきました。

後半でもお伝えしてきたように、日焼け肌や色黒の人でも対応してもらえるサロンやクリニックはあります

ですが、(色黒はしょうがないですが)日焼けは事前に防ぐことができますので、まずはしっかりと紫外線対策をして、日焼けいないことが大切です。

ですので、「これから脱毛を考えている」、「現在脱毛中」であるのなら、日焼けは極力避けるようにしていきましょう。



<今回紹介した脱毛サロン>


⇒ ディオーネの公式ページで詳細をチェックしてみる


⇒ 湘南美容外科クリニックの公式ページで詳細をチェックしてみる