脱毛

ここでは全身脱毛サロン「キレイモ」解約方法についてまとめています。

先に言っておきますが、キレイモでは「月額制プラン」と「回数制プラン」という契約内容の違いによって若干変わってくるところがあります

そのあたりのことも詳しく説明していきますので、しっかりと読んで理解して下さいね!


「解約ってなんだか面倒くさそう…」

…そんなことを思われているかもしれませんが、「キレイモ」の解約は比較的簡単にできます。

詳しく解説していきますので、しっかり読んでみて下さいね!

キレイもの解約方法は2つある!

Fotolia_77047865_Subscription_Monthly_M

「キレイモ」の解約方法ですが、実は2つの方法があり、どちらの方法でも解約することが可能です。

ほとんどのサロンでは解約方法は一つしかないので、その方法で解約しなければなりませんがキレイモの場合は、自分の都合に合わせて選べますので、そのあたりは非常に良心的だと思います。

では、早速2つの方法をご紹介していきます。

①コールセンターから解約する方法

まずは、コールセンターに電話をする方法です。

キレイものコールセンターの連絡先は以下の通りです。

キレイモ・コールセンター

電話番号:0120-444-680

営業時間:11:00~21:00(年末年始除く)

※電話番号や営業時間は変更になる場合もございます。詳しくはキレイモ公式サイトトよりご確認下さい。


この方法の良いところは、直接店舗に行くことなく、解約することができますので、スタッフの方にあう必要がなく、気まずい思い!?をしなくて良いところですね!

解約って、悪い事しているわけではないんだけど、なんだか気まずくなってしまったりしますよね?^^;

そのようなことがないのがこの方法の良いところです。

方法としては、まずコールセンターに電話をし、解約したい旨のことを伝えます。

すると、数日後に郵送にて解約の書類が送られてきますので、そちらに必要事項を記入して返送し、確認が取れれば解約になる…という流れです。

この方法のデメリットを唯一あげるとすれば、書類が郵送できたり、返送する…という風なことをしなければならないので、その分時間がかかるということです。つまり、その分だけ返金がある場合などは遅くなる…ということですね。

また、必要事項を記入して返送するわけですが、記入漏れなどがあると、また送られてきて、再度書き直してまた返送…ということになってしまうので、その分も余計に時間がかかってしまうというのが、この方法の唯一のデメリットと言えるかもしれません。

②直接来店で解約する方法

もう一つの方法は直接店舗に来店して、解約を済ませる方法です。

この方法の場合は、コールセンターか直接店舗に解約したいことを伝え、店舗にて解約を済ませます。

メリットとしては、書き間違えなどがあってもその場ですぐに訂正ができるので、郵送の時のように余分な時間がかからずに解約ができることですね。

ただ、

その場合でも必要なものを持っていくのを忘れてしまうと再度出直さなければならなくなるので、そこは気をつけておいて下さいね!

この方法のデメリットといえば、先ほど言ったようにスタッフと顔を合わせなければならないことでしょうか?^^;

「引き止められたらどうしよう?…」

なんて余分な心配もしてしまいますよね?

ただ、

そのあたりはキレイモでは一切ないということも口コミなどでも言われていて、嫌な顔もされず、すんなりと解約できますのでご安心下さい。

解約時に必要なものって??

解約時に必要なものは以下の通りです。

キレイモ解約時に必要なもの

  • 印鑑
  • 契約書
  • 通帳(返金用の口座番号などがわかるもの)
  • クレジットカード情報(クレジットカードで契約した場合)

以上のものが必要になってきます。

コールセンターに電話する方法では、お家に送られてきてお家で記入しますのであまり関係ないかもしれませんが、来店して解約する場合は忘れないように気をつけましょう。

また、

契約の際にも言われると思いますが、契約書は契約内容を証明するものになります。

解約時にも必要になってきますので、なくさずにしっかりと保管しておきましょう。

番外編:クーリングオフも可能です!

また、契約直後、”8日以内”で、なおかつ”5万円以上”の契約をし、何らかの場合で解約することになった場合はクーリングオフを適用することが可能です。

クーリングオフとは…
消費者が自宅などに不意の訪問を受けて勧誘されるなど、自らの意思がはっきりしないままに契約の申し込みをしてしまうことがあるため、消費者が頭を冷やし再考する機会を与えるために導入された制度。一定の期間内であれば違約金などの請求・説明要求を受けることなく、一方的な意思表示のみで申し込みの撤回や契約の解除ができる。


ただ、キレイモの場合は、「回数制プラン」のみがクーリングオフの対象となります。

と、いうのも「月額制プラン」の場合は、”5万円以上”の契約にならないためです。

このように、回数制プランで契約し、上記の条件を満たしていれば、違約金などを請求されることなく、契約解除できるので、該当者は速やかにクーリングオフを申し出るようにしましょう。

キレイモでクーリングオフを申し出れる場合は、コールセンターにその旨、連絡を入れるか、直接店舗に問い合わせをして進めていく形になります。

参考 脱毛エステのクーリングオフは可能?期間やクレジット支払いの場合も

キレイもの解約条件はある?いつでもやめられるの?

脱毛

キレイモでは解約条件というものが公式サイトにも明記されています。

キレイモの解約条件は以下の通りです。

キレイモの解約条件

「継続して2ヶ月以上」その後、解約が可能。

このようになっています。

月額制プランの場合の施術の進め方は、「1ヶ月に1度来店全身1/2を施術。2ヶ月で全身1回が終了」となっています。

それに対し、回数制プランの施術の進め方は「1ヶ月に1度来店で全身まるごと1回分を施術。2ヶ月おきに脱毛をすすめていく」という感じです。

解約の条件と致しましては、どちらのプランでも「継続して2ヶ月以上」その後、解約が可能…となっていますので、要するに「最低、全身脱毛1回分を受けていただければ解約が可能ですよ〜」…ということですね。

ですので、

月額制プランの場合でも、キレイモでは初月無料のキャンペーンをやっていますが、それだけで解約するということはできません。

最低でも1ヶ月分の料金を払うことになりますので、その点は注意しておきましょう。

ここに注意!キレイもの解約手数料は月額制と回数制で違う!

脱毛実績

ここまで読んできていただければおわかりだと思いますが、キレイモでは「月額制プラン」、「回数制プラン」というものがあります。

簡単に言うと、「月額制プラン」とはそのままですが、毎月一定金額を払っていくプランです。

キレイモの場合は月額9,500円となっていますね!

キレイモの月額制は塾などの月謝制と同じような感じなので、払い続けている間は通えるというものです。

「銀座カラー」、「エタラビ」、「シースリー」などはこのような月謝制ではなく、あくまで先に回数を決めてからその総額を分割払いにしているだけです。

これらのどこが違うのか?…についてはこの後の「月額制の解約」のところでお話していきます。

一方、「回数制プラン」は先に回数を決めて契約してしまう方法です。

キレイモの場合は、この回数制プランの方がシェービングが無料サービスになったりと何かと待遇が良くなります。

ただ、

回数制プランの場合は、料金を一括で払うか、もしくはカードなどの分割払いをしなければなりません。そのため、一括で払える人はいいのですが、分割払いにする場合は手数料がかかってきてしまうので、その分表示金額よりも高くなってしまう…ということがあります。

…簡単ではありますが、このような2つのプランがキレイモには存在しています。

また、

解約に関してもこのプランの違いによって少し変わってきますので注意が必要です。

では、どこが違うのか?について詳しくみていきましょう。

月額制プランの場合…

月額制プランの場合は、「違約金」、「解約手数料」ともに一切かかりません

というのも、先ほど説明した通り、キレイモの月額制プランは”月謝制”ですので、払っている間は通えますし、辞めたい時に簡単に辞められるのが最大の魅力です。

そのため、「2ヶ月以上の継続」の条件をクリアしていればいつでも解約が可能です。

一つだけ注意しておかなければならないのは、「今月はまだ施術に行ってないから解約しよ〜」と、思ったとしても、今月分は引かれますので、その点は注意しておきましょう。

原則、1ヶ月前までの申請になりますので覚えておいて下さいね!

キレイモの月額制プランはこのように、「2ヶ月以上の継続」の条件をクリアしていればいつでも辞められます。

しかし、

先ほど上げた「銀座カラー」、「エタラビ」、「シースリー」などは、この後ご説明するような解約手数料がかかってくるんですね。

このように同じような月額制と謳っていますが、各サロンで内容はかなり異なっていますので注意しておきましょう。

回数制プランの場合…

回数制プランの場合でも「違約金」はかかりません。

ですが、「解約手数料」はかかってきます

解約手数料の目安は以下の通りです。

キレイモの解約手数料

「残金の10%」もしくは、「2万円」のどちらか少ない方が解約手数料となります。

ですので、

解約手数料はかかったとしても最高で2万円ということになります

では、ここで実際に例をあげて見ていきましょう。

解約手数料が「残金の10%」もしくは「2万円」の一例…

契約コース:全身脱毛12回(212,040円)の回数制プランで契約し、全身脱毛3回を受けたところで解約したと仮定。

12回で212,040円になるので、

212,040 ÷ 12 = 17,670

つまり、全身脱毛1回分の料金が17,670円ということになります。

全身脱毛3回分受けたと仮定すると、

17,670円(全身1回分) × 3 = 53,010

ですので、全身脱毛3回で53,010円分の施術を受けたことになります。

総額が212,040円になりますので、

212,040円(総額) ー 53,010円(全身3回分) = 159,030

つまり、未消化分は159,030円ということになります。

未消化分の159,030円の10%が解約手数料になりますので、

159,030円 ÷ 10% = 15,903

15,903円が解約手数料ということになります。

※(この15,903円が2万円以上になった場合は、上限が2万円になるということです)

ですので、

212,040円(総額) ー 15,903円(解約手数料) = 196,137円

196,137円が実際に返金される金額になります。

※ここではわかりやすいように税抜で計算しています。

このような形で回数制プランの場合は解約手数料が発生してきます。

「なんだ〜回数制は解約手数料かかるから月額制の方がいいんだ〜」

…と、思った方もいるかもしれませんが、確かに解約手数料だけをみたらそうかもしれません。

しかし、

月額制は気軽に始められて良い反面、回数が決まっていませんので、一体総額いくら使ってきているのか?…ということが把握しにくいですし、結果的に全身6回以上の脱毛をすることになったら、回数制プランの方が総額は安くなってきたりします。

また、

先ほどもふれましたが、回数制プランの方が何かと待遇が良くなっていますので、一概に解約手数料だけで決めるのは良くないかもしれません。

もし、

これから契約することを考えているのでしたら、どちらのプランにも一長一短がありますので、良く比べてみてご自分にあったプランを選ぶようにして下さいね!

キレイもの返金はいつぐらい?解約からの期間は?

はてな

キレイモの場合、解約の手続きをしてから、概ね2〜3週間で指定した口座に返金額が振り込まれます。

コールセンターに電話し、郵送での解約を選んだ場合は、これに郵送の期間がかかるので、目安としては4週間ほどみていればいいかと思います。

キレイモの解約から返金までにかかる期間は業界内でも一般的な感じですね!

ただ、

しっかりと返金されますので安心して下さい。(中にはなかなか返金されないサロンもありますので^^;)

キレイモではこんなところに注意しておきましょう!


キレイモは2014年ごろからできてきた比較的新しいサロンです。

ですが、全身脱毛に特化していて料金も安く、接客態度が良く、脱毛効果が高いなど何かと評判が良く今一番勢いのあるサロンと言えるかもしれません。

ただ、

現在は凄い勢いで店舗を増やしてきてはいますが、まだまだ店舗が少ないという問題を抱えています

もちろん、東京23区をはじめ主要都市はカバーされていますが、地方都市への店舗展開はまだできていないところもあります。

ですので、万が一、仕事の関係で転勤になった場合や、進学で地方に行くことになった場合など、通うことができなくなる可能性もゼロではありません。

評判がいいキレイモではありますが、もし、これからサロンを選ぶのであればそのあたりのこともしっかりと考えておきたいところです。

⇒ キレイモの口コミ詳細を見てみる


⇒ キレイモの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)


このような点を考慮すると以下のサロンもなかなかオススメです。

店舗数が多い全身脱毛サロンを選ぶなら「シースリー」

乗り換え

「シースリー」は「キレイモ」と同じように全身脱毛に特化しているサロンです。

「シースリー」の最大の売りは何と言っても脱毛し放題です。

総額料金さえ払い終わってしまえば、その後は一生無料で通うことができます。

また、キレイモの月額制プランのところでふれましたが、シースリーでは総額を分割払いにしていく月額制になります。

ただ、

シースリーでは分割手数料が一切かかりません。そのため、一括払いで払っても、分割払いにしても総額は同じになるんですね!

「銀座カラー」などは10回までは分割手数料を負担となっていますが、その後は分割手数料がかかってきたりします。

この点でもシースリーは魅力的です。

また、

キレイモに比べ店舗の拡大に力を入れているのがシースリーです。

そのため、キレイモよりもさらにものすごい勢いで全国に店舗を広げていっています。会社としても大規模出店計画を宣言していて、2016年以内に100店舗達成を目標にしているなど、かなりの力の入れようです。

現時点(2016年8月)でもすでにシースリーの方が店舗数が上回っており、転勤などのリスクを考えるとシースリーの方が有利かもしれません。

また、

シースリーではシェービングが無料サービスになっていたり、キャンセルなどのペナルティも緩くなっているなど待遇面は手厚くなっています

さらには、全身脱毛が1回の来店でできることはもちろん、最速45分で終わるという最新のマシンを導入している点も魅力的です。

これから全身脱毛のサロンを選ぶならこのような点も考慮し、「キレイモ」と「シースリー」と比べてみてもいいかもしれません。

⇒ シースリーの口コミ詳細を見てみる


⇒ シースリーの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)


脱毛

今回は「キレイモ」の解約方法について解説してきました。

「解約って面倒くさそう…」

…と思っていたかもしれませんが、簡単にできますのでご安心下さい。

また、

キレイモはその中でも、あっさりしていて、無理な引き止めなどもなく解約することができます。

もし、これからサロン選びをする為に、この記事をご覧になっているようでしたら、プランによっても違いますし、いろいろな側面からご自分にあったサロンを選ぶようにしてみてくださいね!


⇒ キレイモの口コミ詳細を見てみる