脱毛

ここでは「歯の矯正中」、もしくは「これから歯を強制する予定がある」という人のために、”歯の矯正中(もしくはこれから)の人でも脱毛サロンで脱毛が可能かどうか?”ということについて解説していきます。

「歯並びが悪いから矯正したい…」

「毛深いし、自己処理が大変だから脱毛したい…」

こう、思うことは当たり前のことだと思います。なるべくコンプレックスは解消したいですものね。

でも、「歯の矯正と脱毛って一緒にできるんでしょうか?」

今回は歯の矯正と脱毛について解説していきます。

歯の矯正中でも脱毛は可能?

脱毛

歯の矯正中に、脱毛サロンで脱毛が可能かどうかということは、「矯正の種類」や、「脱毛サロンごとの違い」によるようです。


もちろん、歯の矯正に関係のない顔意外の部位は脱毛が可能です。問題は歯の矯正に関わる顔の脱毛ですね!

実は、”歯の矯正”と言っても、歯の矯正にもいろいろな種類があります。

代表的なものは以下のようなものですね!

代表的な歯の矯正器具

  • 金属ブラケット
  • 審美ブラケット
  • セルフフライブラケット
  • リンガルブラケット
  • マウスピース矯正

このように、一口に矯正と言ってもいろいろな種類や方法で矯正が行われてします。

これらの詳しい説明に関してはここでは割愛させていただきますが、簡単に言えば、「金属のもので矯正をしているのか?」、「プラスティック製のもので矯正しているのか?」、「歯の表面なのか、裏側なのか?」などの違いです。これらの種類によっても、脱毛サロンで脱毛ができるかどうかというのは変わってきます。

また、

脱毛サロンごとでも、歯の矯正に関しての考え方は違うので、”歯の矯正中でも脱毛OK!”と、言っているサロンもあれば、”歯の矯正中は場合による、またはNG”と言っているサロンなど様々です。

そのため、『歯の矯正中に脱毛サロンで脱毛が可能かどうか?』と、いうことに関しては、歯の矯正の種類と、脱毛サロンによるということになります。

矯正意外の歯の治療の場合

余談ではありますが、”歯の治療”ということで言えば、矯正以外にも様々なことが行われていますよね?

代表的な治療をしている場合、どうなるのでしょうか?

銀歯の場合

銀歯で詰め合わせをしているという人もいるかと思います。

銀歯の場合は、詰め合わせているぐらいなら問題はないようですが、歯の全てを覆っている場合は多少、光が反応してしまうことも稀にあるようです。

その際は、その部分を綿で覆ってしまえば痛みが出なくなりますので、基本的には施術可能なようです。

虫歯がある場合

虫歯があり、治療している場合でも、基本的には施術は可能です。

ただ、

光を照射した時の刺激によって、多少痛むことはあるようです。しかし、これは虫歯に光が届いて痛みを出しているというわけではなく、あくまで照射した時の刺激によるものです。

虫歯にまでは光は届きませんので安心して良いようです。

インプラントの場合

インプラントは、歯を抜いたところに、金属でできた歯の根っこを骨に埋め込むというのが一般的です。

金属を使用していますので、照射熱により、熱が伝わってしまう場合があると言われています。

そのため、インプラントの場合は脱毛を断られることがあるようです。



もちろん、こちらの歯の矯正意外の治療に関しても、脱毛サロンごとに対応が違ってきますので、心配な方は契約をする前に、事前に相談しておくことをオススメします。

そもそも危険性はないの?

Fotolia_100111342_Subscription_Monthly_M

「歯の矯正中に脱毛が可能!」と言われたとしても、そもそも危険性はないのでしょうか?

基本的に光脱毛の場合の光は、矯正器具まで届かないと言われています。

ただ、

歯の矯正器具でも、プラスティック製のものは大丈夫ですが、金属製のものは照射熱が届いてしまう可能性があるため、NGというサロンもあります。

さらに、

人には個人差があり、皮膚の薄い人や痛みに敏感な人など様々です。そのため、万が一何かのトラブルが起きてしまわないように、お断りをするサロンがあるということです。

「危険性があるか?」と言われれば”基本的には問題はない”ということのようですが、いずれにしましても心配な場合は、サロンに事前に相談をする、そして、歯科医師にも相談してよく考えてから決断をするようにしましょう。

歯の矯正中でも脱毛ができるサロン

Fotolia_97766929_Subscription_Monthly_M

ここでは歯の矯正中でも脱毛ができるか、どうか?ということを、各サロン別でまとめてみました。

まずは、次の表をご覧下さい。

サロン名 脱毛できる? 条件
ミュゼ 三角 基本的に可能。ただし金属の矯正器具の場合は不可。
金属以外の場合…
歯の表面矯正の場合は不可。歯の裏側矯正の場合は可能。
脱毛ラボ 三角 基本的には可能。ただし金属の矯正器具の場合は不可。
銀座カラー 二重丸 皮膚に痛みが出なければOK!
エピレ 二重丸 皮膚に痛みが出なければOK!
ディオーネ 二重丸 本人に問題がなければ可能。

このように、脱毛サロンごとに違いがあります。

また、

「歯の矯正中でも可能!」と言っているところでも、矯正した当日は脱毛不可というようなこともあるので、心配な時はサロンや歯医者に問い合わせてみましょう。

医療クリニックはどうなの?

医療クリニックでは、当然医師が常駐していますので、何かあった時にでもすぐに対応ができます。そして、医療クリニックで使われている医療機関でしか使えないマシーンは数々の厳しいチェックをクリアしてきたものなので、基本的にはどのクリニックでも歯の矯正中でも脱毛は大丈夫という見解を示しています。

ただ、

こちらもクリニックによってはできない場合もあるかもしれませんので、詳しくは通っているクリニックに問い合わせをしてみたほうが確実です。

脱毛サロン…歯科矯正…どっちを優先するべき!?

脱毛

「脱毛サロンも歯の矯正も、どちらもやる予定はあるけど…どっちからやったほうがいいの?」…そんな方のためにどちらを優先するべきか?について解説していきます。


では、「歯の矯正も脱毛も今はまだどちらもやっていないけど、どちらもやりたいと考えている」…という場合は、どちらから優先してやるべきなのでしょうか?

まず、どちらにも言えることですが、どちらも長期間の時間がかかるものになります。

歯の矯正の場合は、一般的には1年〜2年程度かかると言われています。もちろん矯正方法などで一概には言えませんがおおよそ、このぐらいが目安と言われています。

また、

歯の矯正は保険が使えません。そのため、一般的には100万〜200万ほどかかると言われています。保険が使えないということは、「自由診療」になるので、探せばもっと安くできる場合もありますが、これぐらいかかると思っていたほうがいいでしょう。

では、脱毛はどうでしょうか?

脱毛の場合は、サロンなら10万円台から全身脱毛が可能です。医療レーザー脱毛を行えるクリニックでも30万円ほどで全身脱毛が可能です。

また、

期間も一般的にはクリニックなら1年ほど、サロンでも1年〜2年ほどが目安になります。

ただ、どちらにも言えることですが、若ければ若いほど歯が動きやすいので歯の矯正も早く終わりますし、脱毛に関しても、若いほど効果が出やすいと言われています。

どちらを優先するべきかということですが、できるなら歯の矯正の方がいいでしょう。

というのも、脱毛はなんとか自分で自己処理をしていくことも可能ですが、歯の矯正は自分ではどうにもなりません。

また、歯並びが悪く、かみ合わせが悪いと、顔も歪んできてしまう恐れもありますし、頭痛や肩こりなどの原因になります。

そして、歯並びが悪いと虫歯もできやすくなりますので、そうなると歯の治療に時間がかかってしまいますし、費用もかかります。

脱毛の場合は、先ほども言ったように頑張れば自己処理もできますし、また、気になるところだけの部分脱毛ならキャンペーンなどで格安にできてしまいます。

もちろん、人それぞれ考えが違いますのでよく考えて決めて頂ければいいのですが、どちらかをやるのであれば歯科矯正を優先したほうがいいのかもしれません。

ただ、同時進行で両方やるのなら、矯正器具やサロンによって脱毛ができない場合もありますので、そのことは覚えておきましょう。

まとめ

脱毛

歯の矯正に関係のない顔以外の脱毛に関してはどこのサロン・クリニックでも問題なく施術可能です。

問題は顔脱毛になりますが、これは歯の矯正方法と、受けるサロンによって違いますので、詳しくは事前カウンセリングの時などにしっかり確認をしておきましょう。

ただ、

医療機関での医療レーザー脱毛の場合は、ほとんどのところで歯の矯正中でも大丈夫ということを言っています。

これから、どちらもやるという人は、今回のことを参考によく考えて決めて頂ければと思います。