脱毛

突然だけど、あなたの鼻毛事情は大丈夫!?

鼻毛ほど人から指摘されて恥ずか良いものはないわ!

鼻毛が出てるなんて女性失格よ!

でも、鼻毛の処理ってみんなどうしてるのかしら?

今回は、友達同士でもなかなか聞けない鼻毛の処理事情に迫ってみるわ!

男性に、「女性の毛で気になる所はどこ??」という問いの中で、常に上位に入っているのが、鼻毛です。

可愛い服を着て、髪型もバッチリセットして、香水なんかでいい匂い…。

でも、鼻毛がチラッ…なんて見えてしまていたら、彼氏さんはドン引きしてしまいますよ!

そうは言っても、「みんな鼻毛ってどうやって処理してるの??」ってなかなか聞けないですよね?

脱毛の話とかはよくするけど、鼻毛の処理はどうしてる?って恥ずかしくて聞けない!という女性は多いようです。

でも、鼻毛が出てる!なんてことになりたくないから、鼻毛の処理の方法を知りたいんだけど…。

という、女性のために、女性の鼻毛処理の方法についてまとめてみました。

女性の鼻毛は気になっても言えない…

脱毛

実は、男性陣も女性の鼻毛が出ちゃってるのって指摘しづらいみたいよ!気づかなかったふりをするなんて人もいるわ!

そんな相手にも気を使わせる前にまずは自分でしっかり気づきましょうね!

ここでは鼻毛についての知識のお話をしていくわ!

まずは鼻毛について知りましょうね!

男性陣に聞くと最も指摘しづらいのは、鼻毛が出ている女性!!…らしいです。

確かに、女同士でもなかなかなんて声かけてあげればいいか迷っちゃいますよね?

そんなことにならないように、普段からセルフチェックをしっかりしましょうね!

鼻毛って昨日大丈夫だったけど、今日になったら突然出ちゃってるなんて頃もあるから、常にチェックが必要です。

鼻毛はなんで伸びるの!?

まずは、鼻毛がなぜ伸びるのか?…鼻毛が伸びるメカニズムから知っていきましょう。

鼻毛に限らず人間に生えている毛というのは、ずっと生えたままというわけではなく、成長が止まってやがて抜け落ち、新しい毛が育って、成長し…と常にサイクルしています。

よく「成長期」、「退行期」、「休止期」、なんて言ったりしますよね?これは鼻毛にも言えることです。

では、なぜ鼻に生えているのでしょうか?

これはよく聞いたことがあると思いますが、鼻毛はフィルターという大事な役割を果たしています。空気を吸った時に空気中に浮遊している目に見えない雑菌やホコリなどを体に取り込まないようにフィルターの役割をするのが鼻毛の役目です。異物が、気管支や肺に入らないように守っているわけですね!

外見のことだけを考えたら、はみ出したりしてしまって厄介なものですが、本来は重要な役割を担っているものです。

鼻毛は抜いても大丈夫!?

では、そんな鼻毛は抜いても大丈夫なのでしょうか?

よく、小さい頃などにお父さんが手で鼻毛を抜いているのを見たりしませんでしたか?思春期のことになると嫌で嫌でたまらなかったなんて経験もあると思います。

ただ、

あのように”手で抜く”というのはやってはいけません。手にも細菌などをはじめ見えない菌がたくさんついていると言われています。

特に手で抜くとなると爪を使って抜くことになると思いますが、爪というのは細菌が多く存在します。一説によると、爪が3.0mmほどの長さの場合、細菌の数は340万ほどいると言われています。

女性の顔の肌荒れが良くならないのも、実は伸ばしている爪のせいではないか?なんてことも言われていますしね。

そのような手(爪を使って)で鼻毛を抜いているわけですから、よくないのはわかっていただけると思います。

また、鼻には粘膜があるのですが、この粘膜はとても繊細です

鼻をほじっただけでも、鼻血が出る人もいるぐらいです。

手で抜くとなると、その粘膜を傷つけつことになるので、そこから細菌が侵入し、ひどい時だと腫れたり、膿んだりしてしまう恐れがあります。

女性に限っては、手で抜くなんてことはないと思いますが、知識として覚えておきましょうね!

毛抜きで抜くのは大丈夫!?

では、爪を使わず毛抜きで抜くなら大丈夫なのでしょうか?

結論から言って答えはNO!です。

爪でなく、毛抜きならいいのか?というとそういうわけではありません。先ほども言ったように、毛を抜くことによって、毛穴から雑菌が入って感染症を起こす危険性があります。

少し炎症を起こすぐらいならいいか?…と思うかもしれませんが、その炎症…実は脳の合併症を引き起こす可能性もあるのです

鼻の鼻腔と呼ばれるところに雑菌が多くいると言われていますが、この鼻腔と脳は隣接しているため、脳に細菌が侵入し、「頭蓋内感染症」という危険な病気を引き起こす可能性もあると言われています。

たかが、毛抜きで鼻毛を抜くだけなどと思っていると、最悪の場合このような危険な病気を招く恐れもあるので、毛抜きで抜くのはやめましょう!

鼻毛を抜くと料理が不味くなる!?

料理

さらに鼻毛を抜くとこのようなこともあります。

実は、鼻毛を抜くことによって、料理が美味しく感じなくなると言われています

人間が味を判断するのに使っているのは”舌だけ”だと思っていませんか?

実は人間が味を判断するのには、鼻も目も使っているんですね!試しに目を瞑って鼻をつまんで料理を食べてみて下さい。

案外、何を食べているかわからないものです。ここでは鼻について話をしますが、鼻毛の中には”嗅毛”と呼ばれる鼻毛が存在しています。

その嗅毛が匂いを感知して脳に伝え、初めて匂いを認識するんですね!鼻毛を抜くとこの嗅毛も抜いてしまう可能性があるので、匂いの感知が鈍くなるため、料理も美味しく感じなくなることもあるんですね!

では、どのような鼻毛の処理をしていけばいいのでしょうか?

女性の鼻毛処理の方法は!?

脱毛

ここからは女性の鼻毛処理の方法をいろいろと紹介していくわ!

いろいろと方法があるようだけど、問題もあるようね…。

しっかり勉強して、自分に合ったより良い方法を探してね!

やっぱりハサミで鼻毛処理!?

世の女性たちの処理方法として1番多いのがこのハサミで鼻毛を処理する方法ではないでしょうか?

ただし、ハサミを使う際も注意が必要です

まず、ハサミは必ず専用のハサミを使いましょう!ちゃんとしたメーカーの少し高級なものでも1,000円ほどで買えますので、必ず専用のちゃんとしたものを用意しましょう。

100均などに置いてある安いものだと切れ味が悪くすぐに切れなくなってしまいます。結果、粘膜を傷つける場合があるので、しっかりしたものを使いましょう!

鼻毛カット専用のハサミは先が丸くなっています。眉毛カット用の先が尖ったハサミで鼻毛の処理をしてる人がいるようですが、これは危険なのでやめましょう。尖った部分が皮膚(粘膜)を傷つけてしまう恐れがあります。

また、無理に奥の見えないところまで処理しようとするのもオススメできません。鼻毛には大事な役割がありますので、あくまで、鼻先の飛び出しそうな鼻毛を処理するイメージで、無理に奥まで処理しようとするのは控えたいところです。

さらに、ハサミで処理する際に1番気をつけたいところは無理に短くしようとしない!ということです。

短くしようと皮膚の近くまで切ろうとすると、誤って皮膚を切ってしまうことがあります。鼻の中は敏感なので、無理に短くしようとせず、はみ出さない程度に少し切るぐらいにしておきましょう。

はさみ

脱毛サロンではNG!?

「しょっちゅう自分で自己処理するのは面倒くさい!脱毛サロンでやってくれないかしら?」

と思った方もいるかと思いますが、以下の大手の脱毛サロンに問い合わせたところ鼻毛の脱毛はやっていないということでした。

鼻毛の脱毛はやっていない大手の脱毛サロン

  • 銀座カラー
  • 脱毛ラボ
  • ミュゼプラチナム
  • エタラビ
  • エピレ

この辺りの脱毛サロンに聞いてみたところ、鼻毛の脱毛は受け付けていないという回答がかえってきました。

大手の脱毛サロンでも鼻毛の脱毛ってやってないんですね…。

脱毛サロンが鼻毛脱毛をやらない理由…

では、なぜ大手の脱毛サロンは鼻毛の脱毛をやらないのでしょうか?

一言で言うなら、非常に危険だからです。先ほどから言っているように鼻の中はデリケートな部分で傷つきやすい場所です。

また、重要な役割を果たしているだけに、脱毛サロンでは安全性を優先して積極的には取り入れていないようです。

他にも、脱毛サロンで扱って居る光脱毛の機械では、そもそも大き過ぎて物理的に鼻毛の脱毛処理をできない…ということもあるようです。

鼻毛の脱毛はそもそもできない!?

そもそも、鼻毛の脱毛自体できないものなのでしょうか?

実は技術的に言ったらできない…というわけではないようです。ただし、先ほど挙げた脱毛サロンで主に取り扱っている光脱毛の機械はやはり物理的に難しいようです。

では、どんな方法ならできるのでしょうか?

レーザー脱毛

主に医療機関で行っているレーザー脱毛なら、できないことはないと言われています。

ただし、レーザー脱毛は周りの粘膜も傷つけてしまう可能性が大きいです。そして、やはり、機械の大きさがあるので、場合によっては鼻には使用できないこともあります。

そして何より、痛い!です。

医療レーザーでの脱毛は、エステで主に行っている光脱毛より、照射の力が強いため、痛いと言われます。その分、脱毛効果は高いと言われるのですが、鼻のようにデリケートな部分での脱毛は痛みがそれなりに伴うことを覚えておいて下さい。

ニードル脱毛

毛穴に針を刺して、微力の電気を流し脱毛するニードル脱毛という方法があります。直接毛穴に針を刺すので、見えにくく、また、狭い鼻の中というのは非常に困難です。

また、ニードル脱毛は毛流れに沿って針を刺さないといけないため、鼻毛を綺麗に脱毛するというのは、現実的に難しいようです。

女性の鼻毛脱毛には鼻毛ワックス!?

大手脱毛サロンでは鼻毛脱毛をやっているところはほとんどないのですが、一部のサロンでは鼻毛脱毛をやっているサロンがあります。

また、少し前にテレビで紹介されたこともあり、今では鼻毛脱毛専門店というのもあるようです。

脱毛方法としては、ワックス脱毛で行います

施術の流れとしては以下のような感じです。

鼻毛ワックス脱毛の流れ

  1. 鼻の中を消毒する
  2. 脱毛範囲を確認
  3. ワックスを鼻の中に入れ、時間をおく
  4. ワックスを鼻から引き抜く
  5. 鼻毛がごっそり抜ける

このような流れで行います。

施術時間はおおよそ、15分前後で終わるようです。ただ、ワックスを塗って引っこ抜くという感じなので、痛みはさほどないと言われていますが、個人差はあるようです。

ワッックス脱毛なので、永久脱毛とはいきませんので、1ヶ月〜1ヶ月半ほどでまた鼻毛が出てきます。ただ、脱毛後はかなりすっきりと鼻毛が脱毛できるので、当分は気になることはないでしょう!

料金もおおよそ1回5,000円ほどなので、そんなに高いわけではないですね!

ところで脱毛して大丈夫なの??

鼻毛脱毛をやっているサロンでは、このように言っています。

鼻や口呼吸から入った、ほこりやばい煙、カビ、細菌、ウイルスなど空気の中の異物を肺まで届かないようにガードしているのが、咽喉から肺に至る気道の内壁を覆う粘膜と繊毛です。気道に入った異物は粘液で捕らえられ、その下にある線毛が1分間に約0.5~1センチメートルの速さで外へ向かって異物を移動していきます。咽頭へ戻された異物は、せきやたんと共に体外へ排出されたり、唾液と一緒に体内に飲み込まれ胃液で分解されます。鼻毛を伸ばすよりも、繊毛運動の活動を低下させないことが、空気中の異物からカラダを守るのに大切です。

と、鼻毛脱毛サロンとしてはこのような見解です。

つまり簡単に言えば、「ほこりや細菌から守ってるのは、気道の内側の粘膜と繊毛だから、鼻毛はなくても大丈夫ですよ!」というようなことを言ってるわけですね。

ただ、前述した通り、鼻毛はフィルターの役目を果たしている重要なものだ!という見解を示している耳鼻咽喉科や、気管食道科の専門医の方たちもいます。

どのような判断をするかは個人にお任せしますが、すっきりもさせたいですし、またこのようなこともあるので、判断は難しいところです。

女性の鼻毛処理…1番良い方法はどれ!?

脱毛

う〜ん…

いろいろと方法はあるようだけど、結局どの方法がいいのかしら?

でも、やっぱり鼻毛カッターを使って処理するのが1番安全な方法のようだわ!

鼻毛カッターについて詳しく見ていきましょう!

いろいろと解説してきましたが、結局のところ1番良い方法はどの方法なのでしょうか?

1番安全に鼻毛を処理できるのは、鼻毛カッターではないか?と言われています。

鼻毛カッターは、電動で動く鼻毛専用の髭剃りのようなものですが、カバーの中に刃が入っているので、直接刃が当たることがなく、皮膚(粘膜)を傷つけてないような構造になっているため比較的安全です。

鼻毛カッターにも注意は必要!?

鼻毛カッター

ただし、鼻毛カッターも注意すべきとことがあります。

まずは、いろいろと種類があるので、正直当たり外れがあり、外れたものを買ったしまうと、切れ味が悪かったりします。切れ味が悪いと、鼻毛を巻き込んでしまうこともあるので、そんな時は正直、痛いです。

また、鼻毛カッターは、そもそも鼻毛を整えるということが目的で作られているものであるため、先程言ったようにカバーが付いている性質上どうしても根本ギリギリまでは処理し切れません

さらに、中には旦那さまと兼用で使用しているという人もいるようですが、男性用と女性用では、大きさだったり、パワーが異なってくるため、パワーが強すぎて痛いなんてこともあるので、必ず女性用のものを使うようにしましょう!

最近では、水洗いができる機能が付いているものなどもあるので、衛生的です。ただやはり機械物なので、鼻毛カッターを購入する際は、口コミなどをよく見て選択することをオススメします。

まとめ

脱毛

では、今回のまとめよ!

女性で鼻毛がはみ出してる!なんてことになったら、一気に女子力が下がってしまうわ!

また、男性陣も含め、なかなか指摘し辛いみたい!

日頃からこまめにチェックして自分で気づくことが大切だわ!

女性の鼻毛処理の方法もいろいろあるけど、オススメはやっぱり鼻毛カッターを使う方法かな

最近流行りの鼻毛のワックス脱毛もあるけど、意見は賛否両論あるみたいだから、よく考えてから選ぶようにしましょうね!

細かい場所こそ、しっかり手入れをして女子力を上げていきましょうね!