脱毛

自分でムダ毛の自己処理をする方法にはいろいろあるけど、みんながやっている定番の方法が「カミソリで剃る」、「毛抜きで抜く」、「脱毛クリームを使う」という方法のようね!

今回はその中の一つ、「脱毛クリーム」についてスポットを当てて解説していくわ!

特に初めて脱毛クリームを考えたときは市販のものを使う人が多いみたいだから、ここでは、薬局などで市販で買える脱毛クリームについて詳しく解説していくわね!

女性が行うムダ毛の自己処理の方法の中で特に多いのが「カミソリで剃る」、「毛抜きで抜く」、「脱毛クリームを使う」、という方法のようです。

もっとも多いのが、「カミソリで剃る」という方法のようですが、実際問題、毎日のように毛の処理をしなければなりませんし、手の届かないところは処理できませんよね!

毛抜きでは広い範囲の脱毛は難しいし、どうしよう…と悩んだ人が次の方法と考えるのが「脱毛クリーム」を使った方法のようです。

薬局などでも置いてあることから、気になっていた方もいることでしょう。でも、「市販のものって効果あるのかな?」っと思われている方も多いようなので、ここでは市販で買える脱毛クリームについて解説していきますね!

脱毛クリームって??

脱毛

そもそも脱毛クリームってどんなものかしら?

しっかりと理解できているかしら?

まずは、脱毛クリームがどんなものなのか、メリットやデメリットも含めて、しっかり理解していきましょうね!


「脱毛クリーム」とはどんなものなのでしょうか?

一般的には「脱毛クリーム」と呼ばれることが多いようですが、正確には、「除毛クリーム」と呼ぶのが正しい呼び方なんですね!(ただ、ここでは慣れてると思いますので、脱毛クリームでお話を進めていきますね)

そんな脱毛クリームですが、脱毛クリームは毛を”剃る”わけでもなく、毛を”抜く”わけでもなく、毛を”溶かして取り除く”というのが脱毛クリームです。

チオグリコール酸や、チオグリコール酸アンモニウムと呼ばれるアルカリ成分の働きを利用し、毛を溶かすことによって毛がするっと抜けるという感じのものです。

脱毛クリームのメリットは?

脱毛クリームの最大のメリットとしては、処理後の肌がツルツルになるということです。

カミソリで剃る処理の場合ですと、表面に出ている毛しか処理することができず、黒いブツブツが残ったように見えてしまいます。

しかし、脱毛クリームはそのブツブツも取り除いてくれるので、処理後の仕上がりがとてもキレイです。

また、カミソリで剃る場合、手の届きにくい太ももの裏などは処理しにくかったり、剃りムラができてしまうこともありますが、脱毛クリームは塗るだけなので、処理ムラができにくいというのも特徴の一つです。

脱毛クリームのデメリットは?

毛髪も含めて人間に生えている”毛”というのは主にタンパク質でできています。脱毛クリームは先ほど言ったチオグリコール酸などで、このタンパク質を破壊することにより、毛を溶かしているんですね!

ただ、実は、肌そのものもタンパク質でできていることから、肌にも影響があるとも言われています

また、溶かすといっても毛根までは処理しきれないため、またすぐに生えてきてしまいます。ただし、カミソリで剃る処理に比べれば幾分、毛が目立ってくるのは遅いとも言われています。

脱毛クリームの正しい使用方法

先程も言ったように、脱毛クリームにはアルカリ成分が含まれているため、肌に影響を与えます。

そのため、必ず脱毛クリームを使用する前には、パッチテストを行うようにしましょう!パッチテストは目立ちにくい部分のムダ毛に5分ほど塗って拭き取り、その後24時間ほど肌の様子をみます。肌トラブルが起きていないか確認するためですね!

いきなり、広い範囲に使用してかぶれや炎症を起こしてしまってはきれいにするためにやっている脱毛のはずがかえって汚いものになってしまいますので、必ずパッチテストをするようにしましょう!

また、敏感肌の方は、商品によっては敏感肌用が出ているものもありますので、そちらを選ぶことをオススメします。

商品によって少しずつ使用方法が異なるので、説明書をしっかり読んでから使うことが前提ですが、一般的には肌にヘラを使って均一にクリームを塗っていき、決められた時間放置したあと、拭き取り、流していくという流れです。

脱毛クリームって効果はある!?

脱毛クリームの効果は使う商品によっても合う合わないがあるため、一概には言い難いのですが、効果がある人にはありますし、効果がない人にはほとんど効果がない…というふうに意見がわかれていることが多いのが正直なところです。

効果がない…と答えている人の中にはやはり脱毛というより、何らかの肌トラブルが起こってしまい自分には合わないと言っている人が多い印象です。

ただ、効果があると言っている人たちは肌トラブルが起きず、使用後にツルツルになるので、使い続けていると言った人が多くいるようです。

こればかりは、正直なんとも言えないので気になっているというかたは一度試してみるしかなさそうです。

脱毛クリームはVIO・顔でも使えるの!?

脱毛クリームは基本的には「VIO」、「顔」の使用はオススメできませんと謳っているものがほとんどです。

というのも、やはり肌への刺激があるものですので、なるべく避けたほうがいいということですね!

ただ、中には「Vライン」には使えるといったものや、「顔用の脱毛シート」というようなものはあるので、もし、VIOや顔をやるならそのようなものを検討してみてもいいかもしれません。

ただし、「Iライン」、「Oライン」に使えるような商品はないようです。やはり、デリケートな部分であり、大切な部分になりますのでこのような部位は脱毛サロンなどのプロにお任せするほうが無難でしょう。

市販で買える女性用脱毛クリームのおすすめランキング!

では、ここでは薬局などで買える市販の女性向けの脱毛クリームをランキングでお伝えしてしていきます!

市販で買えるものは薬局・ドラッグストアのほかにも、Loftや、ソニプラなどでも扱っているところが多いので、そのあたりもチェックしてみるといいかもしれませんね!

    • ★Veet(ヴィート) ナチュラルズ バスタイム 除毛クリーム 敏感肌用

      商品名:Vee(ヴィート) ナチュラルズ バスタイム 除毛クリーム 敏感肌用

      価格:1,000円ほど

      内容量:150g +スポンジ1個

      原産国:フランス

      成分:
      チオグリコール酸、せてアリスアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、POPステアリルエーテル、VP・ヘキサデセン共重合体、PG、酸化Ti、水酸化Ca、グリコン産Na、ケイ酸Mg、尿素、無形ケイ酸、グレープシードオイル、pH調整剤、粘度調整剤、香料

      オススメポイント★
      市販の脱毛クリームでは売上No.1のVeet。

      基本的にバスタイム中での仕様がNGな商品が多い中、バスタイム中にしようできるという優れもの。しかも、クリームを塗ったあとにシャワーをしてもクリームが取れにくくなっているので、放置時間に髪を洗うというようなことも可能。やはり入浴時に処理できたほうがなにかと楽ですからね!

      それが可能になるのも、水に強い成分を多く含んでいるためです。

      また、敏感肌用に作られているため、お肌の弱い人にも使える商品というのも◎


    • ★パネス ツルクイーンズ 除毛剤 除毛クリーム

      商品名:パネス ツルクイーンズ 除毛剤 除毛クリーム

      価格:1,400円ほど

      内容量:120g

      原産国:日本

      成分:
      チオグリコール酸カルシウム、ダイズエキス、セージエキス、加水分解シルク末、コラーゲン・トリペプチドF、エイジツエキス、アマチャエキス、キウイエキス、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アマチャヅルエキス、1,3-ブチレングリコール、ローマカミツレエキス、パラフィン、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、a-オレフィンオリゴマー、ポリオキシプロピレングリセリルエーテル、新油型モノステアリン酸グリセリル、モノオレイン酸ソルビタン、セトステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、パラオキシ安息香メチル、エタノール、尿素、水酸化ナトリウム、水、香料

      ★オススメポイント★
      こちらは女性専用ではなく、男女兼用のものになります。

      男女兼用というだけあって、その特徴は脱毛効果が高いということです。特に剛毛の方は脱毛クリームの効果があまり感じられなかった…ということがありますが、こちらは強力なので、そういったことも少ないようです。剛毛でお悩みの方にはオススメな商品です。


  • ★クラシエ エピラット 除毛クリームキット 敏感肌用

    商品名:クラシエ エピラット 除毛クリームキット 敏感肌用 グリーンフローラルの香り

    価格:900円ほど

    内容量:150g

    原産国:日本

    成分:
    チオグリコール酸、水、セテアリルアルコール、水酸化Ca、POE(25)ラウリルエーテル、POEセチルエテール、水酸化Na、パラフィン、香料、海藻エキス-1、カモミラエキス-1、BG、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸デカグリセリン、グアイアズレンスルホン酸Na、ステアロイル乳酸Na、(2S.3R)-2-オクタデカノイルアミノオクタデカン-1.3-ジオール

    ★オススメポイント★
    うるおい保護成分(セラミド・カモミールエキス・海藻エキス)を配合し、脱毛後の感想を防ぐように作られています。

    この商品の売りは「脱毛効果が1週間続き、カミソリで剃るより長持ち」ということです。

    敏感肌用に作られているため、肌の弱い人にも対応してしますが、中には合わないという意見もあるようです。

市販以外で脱毛クリームを買う方法は?

正直なところ、薬局などに売っている市販の商品は万能向けに作られているため、効果の差はまちまちのようです。特に毛が濃い剛毛な方には、あまり効果がなかったという意見が多く見受けられました。

ただ、脱毛クリームは市販以外にも、ネット通販で買うことができます。

ネット通販で買えるものは毛に関するプロ、美容に関するプロが作っている商品が多いため、その効果は歴然です。

「市販のもので効果がなかったけど、通販で売っているものに変えたら、肌荒れしなくなったし、脱毛効果も全然違った!」

というような意見も数多く見受けられます。ネット通販のものは、値段が2,500円前後と少々高めですが、市販のもので効果が出なかったという人は一度、検討してみてもいいかもしれません。

脱毛サロンを考えてもいいかも!?

脱毛クリームは、自分に合うものを選べばツルツルになり、十分に効果を発揮するものですが、当然永久脱毛ではないので数日経てば、また毛が出てきてしまいます

一時的に使用するのであれば問題ないですが、継続して使用するとなると肌のことも気になります。それに、カミソリで剃るよりは多少は持つといわれている脱毛クリームですが、実はコストパフォーマンスがあまり良くありません

それでしたら、思い切って脱毛サロンに通ってみるというのもひとつの方法かもしれません。

脱毛サロン最大手の「ミュゼ」ではワキ脱毛+Vラインサイドの脱毛が100円で脱毛し放題で受けられます。もちろん、脱毛し放題ですので、追加料金なども一切かかりません。

このように、脱毛クリームを買うよりも安くできてしまいますので、賢く利用してみるのも一つの方法かもしれませんね。

まとめ

脱毛

では、最後に復習をしておきましょう!

市販の脱毛クリームで1番オススメなのは、「Veet」よ!

使っている人が多く、評判もいいみたい!

でも、中には合わない人もいるみたいだわ!

そんな時はネット通販の脱毛クリームがいいみたい!

市販の脱毛クリームより、効果があるって評判だわ!

でも、継続して脱毛クリームを使用することを考えたら、正直コスパが良くないのよね…。

脱毛サロンをうまく使ってみることを考えてもいいかもしれないわね!