脱毛後の入浴

脱毛

「脱毛サロンでの脱毛後ってお風呂って禁止なの!?」結論から言えば禁止になっています。でも、なぜ禁止なのか知っていますか?ここではなぜ脱毛後のお風呂が禁止されているのか、しっかりと解説していきます。あと、脱毛後にやってはいけないことなどもまとめておいたから参考にしてみてね。

脱毛サロンでの脱毛後は、お風呂への入浴は禁止されています。脱毛サロンにはいろいろなお店がありますが、基本的にはどこの脱毛サロンでも禁止にしていますね。


では、なぜ脱毛後のお風呂が良くないのでしょうか?ここでは、しっかりとその理由を理解していきましょう。また、万が一お風呂に入ってしまったら…と、いうことも合わせてお伝えしていきますね。

脱毛サロンでの脱毛後、お風呂に入浴が禁止なのはなぜ?

なぜ脱毛後の入浴は禁止されているのでしょうか?

Q:なぜお手入れ後に入浴や飲酒、運動を控えなければならないのですか?


A:体温が上昇すると体内に熱がこもりやすくなり、肌トラブル(赤み、痒み)の原因につながるため、控えていただいています。

こちらは脱毛サロンの最大手と言われているミュゼの公式サイトのものですが、このようにしっかりと記載されています。言い方こそ違えど、ほとんどのサロンで禁止されているはずです。

お風呂や入浴が禁止な理由は?

NG

脱毛サロンでの脱毛後は、肌が大変デリケートな状態にあります。このような状態でお風呂に入ってしまうと、炎症や化膿してしてしまったなどの症状を招きかねません。脱毛サロンで使っている機器の光はほんの一瞬で、部位によってはほとんど痛みを感じずにできてしまいます。


そして、見た目もほとんど変化がないため、あまりわかりませんが、目に見えない小さな傷をおっている状態です。肌にとっては大きなダメージをおっている状態です。そのため、お風呂は禁止されているんですね!


さらに、こんなこともあります!!

湯船には菌がいっぱい!?

バイキン

毎日お風呂を掃除しているから、綺麗だと思い込んでいませんか?これは、衛生微生物研究センターというところが行った調査の結果ですが、調査を行った全家庭の追いだき配管の残り湯で雑菌が確認されたそうです


ちなみにですが、お風呂に3日間お湯はりをしなかった場合、追いだき配管の中の雑菌は50倍〜450倍ほどに増殖するようです。この雑菌の数はトイレに負けず劣らずの汚さになるとのこと…。…普段からどれだけ綺麗にしていたとしても湯船の中には雑菌がいることがよくお分かりになると思います。


肌がデリケートになっている状態の時に湯船に浸かるとなぜいけないのか、ご理解いただけたでしょうか?

シャワーはOK!?

シャワー

湯船に浸かることは禁止されていますが、シャワーならOK!というところもあります。これは脱毛サロンによって見解が違いますので一概には言えませんので、ご自身が通っているサロンに必ず確認をとるようにしましょう。


ただ、シャワーはOK!と言っているところでも、普段通りの熱いお湯は避けるように!と言っているところがほとんどだと思います。脱毛後の肌は日焼けした時のように体内に熱がこもっている状態です。なるべく体温を上昇させないためにも、シャワーはぬるま湯程度で浴びるのがいいと言われています。


また、脱毛した部位に関しては、ゴシゴシと洗うのは控えましょう!炎症を引き起こしやすくなってしまうので、その時だけは手で軽く撫でる程度で洗うのがベターです。

脱毛後、お風呂に入ってしまったらどうなる!?

ただ、意外に”うっかり湯船に入ってしまった!!”という人が多いようです。考え事をしていて、うっかり湯船に浸かってしまった…という感じですね。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?


まず、気づいた時点ですぐにお風呂から出ましょう!そして、脱毛した箇所をすぐに冷やして下さい。先程も言ったように体温を上昇させると炎症を引き起こしやすくなります。とにかく冷やし、その後しっかりと保湿をします。


翌日以降、特に肌に問題がなければ大丈夫なようです。ただ、赤みが引かない、炎症を起こしているという場合は脱毛サロン、もしくは皮膚科に相談することをオススメします。

脱毛後、翌日なら大丈夫!?

OK

当日はお風呂の入浴が禁止されているところがほどんどですが、翌日は湯船に浸かっても大丈夫なのでしょうか?これも脱毛サロンごとに見解が分かれていますので、必ず確認をとっていただきたいのですが、基本的には翌日からの入浴はOK!と言っているところがほとんどのようです。


ただし、当日は湯船に入らずにいたが、翌日になっても赤みが引いていない…というような場合は控えて様子を見た方がいいでしょう。


また、翌日に湯船に入る場合もいきなり熱いお湯に入るのではなくて、ぬるま湯程度にし、時間も短めに浸かったほうがいいようです。2日目3日目と日を重ねていきながら、徐々に普段のお湯の温度と時間にしていくほうがいいみたいですね。

脱毛後温泉や岩盤浴もダメ!?

脱毛後の岩盤浴

では、美肌に効果があるといわれているような温泉や、岩盤浴などはどうなのでしょうか?ここまで、読んできていただければ、もうおわかりだと思いますが、温泉も岩盤浴も入らない方がいいですね。


何度も繰り返しますが、脱毛サロンでの照射後は肌がダメージを追っている状態です。さらに体温が上昇するようなことをしてしまうとさらに肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。温泉や岩盤浴など、不特定多数の人が入るところは衛生面でも気になるところです。


脱毛サロンでも謳われているように1週間ほどは控えたほうがいいでしょう。

脱毛後、その他に気をつけることは?

脱毛後のお風呂や温泉、岩盤浴以外の他にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?基本的にはどこの脱毛サロンでも以下のようなことは禁止されていることが多いようです。

脱毛後の主な禁止事項

  • アルコールを飲む(脱毛前後12間)
  • 日焼けをする(紫外線を浴びる)
  • 体温が上昇すること
  • 予防接種

NG行為1 アルコールを飲む(脱毛前後12間)

このあたりは脱毛サロンで契約する際や、施術をする際に確認があると思いますが、アルコールは控えましょう。アルコールは摂取すると一気に体温が上昇し、脱毛した箇所が赤みを帯びてきます。そして、脱毛で刺激を受けている肌は痒くなってくるので、大変です。


痒くて掻いてしまうと肌は一段とダメージを受けるのは言うまでもありませんね。脱毛サロンで施術するのは2〜3ヶ月に1度なので、この時ばかりはアルコールを控えるようにしましょう。

NG行為2 日焼けをする(紫外線を浴びる)

また、日焼けをする(紫外線を浴びる)ということも極力控えましょう。特に脱毛箇所を日焼けしてしまうと、脱毛できなくなる可能性もあります


日焼けというのは簡単にいえば、紫外線からの攻撃をメラノサイトが感知し、肌を防御するために新しく生まれてくる細胞にメラニン色素を持たせ、肌を守るために起こる現象です。そのため肌が黒くなるんですね。


脱毛サロンで使っている光脱毛の多くは簡単にいえば”黒いものに反応させる”ことによって脱毛しています。そのため、日焼けして黒くなってしまうと脱毛を続けることが難しくなってしまいますので、日焼けは避けましょう。


▲参考 脱毛中に日焼けはNG?もし日焼けしてしまったら…

NG行為3 体温が上昇すること

脱毛後はとにかく体温が上昇することは禁止です。運動、エステ、マッサージ、これらに代表されるような、体温を上昇させる行為は、脱毛後のデリケートな肌によくありません。控えるようにしましょう。


また、余談ですが、脱毛した箇所につけるアクセサリーなども人によっては良くありません。デリケートな肌に摩擦が起こることによって、痒くなったりする原因にもなりかねませんので、気になる方は当分は外しておいた方が無難かもしれません。

NG行為4 予防接種

予防接種の種類によっては脱毛前後に受けないほうがいいと言われているものもあるようです。脱毛後の肌に赤みが残っている時や、予防接種を受けた直後の脱毛は良くないという医師もいるので、予防接種をする際は事前に医師に確認をとるといいですね。

脱毛サロンで脱毛後、自己処理はいつから?

脱毛サロンで脱毛を始めたばかりの人は、いきなりごっそり脱毛が進むのではなく、徐々に脱毛されていくので、当分は自己処理が必要です。この自己処理ですが、サロンでの脱毛後、どのぐらいからはじめていいのでしょうか?


このあたりも各脱毛サロンよって違いがあると思いますので、まずは確認をとることをオススメします。一般的には、翌日以降、肌の状態が落ち着いていれば大丈夫。というようなところが多いですね。


ただ、その際の脱毛方法は毛抜きやワックスなどではなく、電気シェーバーでの自己処理がオススメです。このようなことも脱毛サロンでの施術時にお話があると思いますので、もし、不安なところがあるようでしたら、しっかりと確認をとりましょうね。

まとめ

脱毛

脱毛サロンでの脱毛後、当日にお風呂に浸かるのはNGです。その他のNG行為のお話もしましたので、このあたりは守りましょう。

また、翌日以降はOKになるものは多いけど、脱毛箇所の肌の様子をよく見てから判断しましょう。もし、「どうしたらいいか、不安…」であるなら、脱毛サロンに確認してみるといいですね。自分で判断して、後々トラブルが起きてしまうのはよくないことです。

せっかく脱毛サロンにキレイな肌を手に入れるために通っているんだから、言われたことはしっかりと守りましょう。そして、ツルツルな肌を手に入れましょう。

▼その他、脱毛後に気をつけるべきことをまとめました▼

脱毛後