脱毛

太ももの毛の処理…油断して忘れてないかしら!?

スネや膝は念入りに処理するのに、太ももの毛の処理をうっかり忘れちゃってる子って結構いるみたいなのよね!

夏になって、ホットパンツやミニスカ穿いた時に、

…アッ!…

ってならないために普段からしっかり処理しときましょうね!

ここではツルツルな脚を手に入れるための方法をいくつか紹介するから、よく読んでツルツルな美脚を目指してね!

女の子が1番よく脱毛のこと気にしてるのってどこの部位だかわかりますか!?

それは「脚」みたいですよ!!

そうですよね!脚ってスカートスタイルだと必ず出ちゃうし、しっかり処理しときゃなきゃですもんね!

でも、意外なところの処理…忘れてないですか?

太もも 毛処理

太ももの毛…処理してる?女の子が見落としがちな部位

脱毛

脚のムダ毛処理って意外に膝から下しかしていない人が多いみたい!

あなたはちゃんと太ももの処理もしてる!?

手を抜きがちな部分だけど、特に夏の前にはしっかり処理しておきたいわ!

結構、男性陣に見られているわよ!

実は、女性が1番よくムダ毛の処理をしている部位は「脚」にも関わらず、意外に見落としがちな部分が”太もも”です

ある雑誌のアンケートでも、「スネから下は処理してるけど、太ももはほとんど処理していない」と答えた女子がなんと半数近くいました。

ふくらはぎなども処理している女子が多いにも関わらず、意外に太ももって手抜きをしちゃう部分なんですね!

太ももムダ毛女子にご注意!

その原因はどこにあるのでしょうか?

やっぱり1番は普段出さないから、手を抜いてるってところが多いようです。確かに、冬場にミニスカとかって滅多にはかないし、履いてもタイツ履いてますもんね!

ただ、夏前になるとそうも言ってられません!

うっかり処理を忘れて、ミニスカ穿いたり、ホットパンツ穿いた時に「あッ!処理するの忘れてた!」なんてことになったら大変ですよ!?

人間普段からしていないと、忘れちゃうんですよね…。

異性や彼氏に”ムダ毛女子”のレッテルを貼られないように普段から綺麗にしておきたいですね!

太もも裏の毛って意外に濃い!?

世の半数近くの女子が太ももの処理をしていないのには、普段出さないからというのもありますが、もう一つあるんですね!

それが、そんなに目立たないから!ということです。基本的に女の人は太ももの毛よりもスネの毛の方が濃くなります。(濃くというか長くといった方がわかりやすいですかね。)

毛根もスネ毛の方がしっかりしているため、そうなるんですね!もちろん膝下は出すことが多いからちゃんと処理してるということもあるけど、処理しない理由にはこんなこともあるようです。

ただ…、

それは太ももの”前”に限った話なんですよね。普段見えないから見落としがちですが、太ももの裏の毛は結構目立つ!…なんてこともあるので、チェックが必要です。

まずは、合わせ鏡などをして見てみて下さい。…意外に目立ってしまっているかもしれませんよ!

太もものブツブツ…カミソリが原因!?

「私は普段から太ももの毛の処理もしてるから大丈夫!」という人でもちょっと気にしていてほしいことがあります。

太ももの(特に裏などに)ブツブツできていませんか!?

もし、ブツブツできているようなら、それ…カミソリで剃って処理してるのが原因かもしれませんよ!

間違ったカミソリの自己処理をしてしまっていると、このようにブツブツができてしまうことがあります。特に太ももの裏は以外と敏感な部位になるので、肌荒れしやすくブツブツができやすい場所なんです。

このようになってしまう間違った自己処理の方法も次項で解説していますので、正しい方法で、ツルスベの美脚を目指しましょうね!

太ももの毛の処理の方法は?

脱毛

太もものムダ毛処理の方法もいろいろあるけど、できるならやっぱり脱毛サロンがオススメだわ!

ただ、やっぱり自己処理派が多いみたいね

その中でも圧倒的に多いのが、カミソリでの自己処理のようだわ!

ところであなたの太もも…ブツブツしていない!?

ブツブツしているならカミソリが原因なことがほとんどよ!

ここでは正しいカミソリでの自己処理方法も解説しているから、参考にしてみてね!

太ももの毛の処理は脱毛サロンで!

本音を言えばツルツル、スベスベな美しい美脚を手に入れたいのでしたら、カミソリでの自己処理をやめ、迷わず脱毛サロンに通うべきです。

脱毛サロンは高い!…というイメージを持たれるかもしれませんが、脱毛サロンによっては部分脱毛に力を入れているサロンもあります。

膝上(太もも)の脱毛なら大体6回で30,000万円前後で脱毛できます。個人差はありますが、6回で自己処理が入らない程度になる人もいますし、もう少し回数を重ねないといけない人もいます。

ただ、そういう人であっても、回数が多ければ多いほど1回あたりの金額が安くなったり、各サロンで色々なセットプランなども用意しているので、1度調べてみるのもいいかもしれませんね!

また、夏前などは脱毛サロンも力を入れる時期なので、キャンペーンなどでかなり安くなっている時もあります!

1度ホームページなどをチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

太ももの毛の処理…自分で出来る方法は?

とはいえ、やはり自宅で自己処理をする人が圧倒的に多いのが現状です。

特に脚や腕は剃りやすい部分なので、自分でできてしまいますよね!ただ、先ほども言ったように間違った方法でやってしまうとブツブツなどの原因になってしまいますので、ここでは正しい自己処理の方法をお伝えしていきますね!

太ももの毛の処理の方法。カミソリで剃る正しい方法は?

ご自身でやる自己処理の方法で、太ももの毛の処理をするとなったらまず思い浮かぶのが、カミソリで剃る方法でしょう。

カミソリでの処理はスピーディにできますし、痛みもなくて、さらに費用も安くて済みます。自己処理の方法はたくさんありますが、その中でも1番ポピュラーな方法かもしれません。

ただ、当然カミソリでの処理はすぐにムダ毛が出てきてしまいます。「ジョリジョリするのが嫌だから」と、気になったらまたすぐに処理できる手軽さがカミソリのいいところですよね!

しかし、実はここに落とし穴があります。

毛だけを剃っているように見えますが、実は毛と一緒に肌の角質も削ってしまっています。短いスパンで繰り返し、使い続けると肌は炎症し、乾燥しやすくなったり、かゆみの原因などを引き起こしてしまいます。

さらに人間の治癒力が働くので、肌はそういうトラブルを起こしている状況を改善しようとメラニンを集めようとするので、色素沈着や黒ずみなどが起こるんですね!

まずは、以下にカミソリで自己処理する際のNG行為をまとめましたのでご覧下さい。

カミソリで自己処理する際のNG行為

  • 毎日カミソリで剃る
  • 逆剃りをしてしまう
  • 複数の刃がついたカミソリを使う
  • ボディソープをシェービングフォームの代わりに使う
  • 生理前後に処理をする

それでは一つずつ見ていってみましょう!

毎日カミソリで剃る

毎日、カミソリで自己処理をしているという人は相当数いるようです。

しかし、本来これはNGです。というのも先ほど言ったようにカミソリでの処理は毛と一緒に角質まで削ってしまっています。

毎日処理するということは、その肌の状態が落ち着く前にまたカミソリで処理をしてしまうということになるので、ムダ毛はなくてスッキリするかもしれませんが、色素沈着が進み黒ずんでいく可能性が高まります。ムダ毛は処理できても、黒ずんでしまっていたら、せっかくの処理も台無しになってしまうので考えものです。

本来ならば、2週間に1〜2回の処理がベストと言われています。

とはいえ、なかなかそのスパンで処理していたら、ムダ毛がとんでもないことになってしまいますよね?

なので、前日やったところはやらないで他の部位を処理するなど、少しでも間隔をあけるということを意識しましょう!

逆剃りをしてしまう

「逆剃り」とは、毛の流れに逆らって剃るということです。

正直、逆剃りをした方が深ぞりできるため、次の処理までの間隔はあけられます。しかし、お肌のことを考えたらやるべきではありません。

当然、皮膚にかかる負担は毛流れに沿って剃る「順剃り」よりも大きくなるため、カミソリ負けなどの原因になってしまいます。

カミソリ負けとはどういう状態かというと、傷がついた皮膚に雑菌が入って炎症を起こしてしまった状態ですね。

カミソリ負けの症状は数日すれば治りますが、逆剃りを繰り返していると、色素沈着が進みやすいと言われているので、逆剃りするのは避けたいところです。

複数の刃がついたカミソリを使う

一見すると、複数枚刃がついているものの方がよく剃れるイメージがあるかと思います。確かにそれは間違い無いのですが、複数枚の刃がついているものは、肌へかかる負担もそれだけ大きくなってしまいます

できれば一枚刃で、ガード式のものの方が肌への負担が少なくていいです。

また、お風呂場で自己処理をする方が多いと思いますが、お風呂場にカミソリを置きっぱなしにしていたりしないですか?

お風呂場は湿気も多く菌が繁殖しやすい環境です。そのようなところに置きっぱなしにしていると衛生的に良くないですし、刃が錆びて切れ味が落ちる原因にもなります。

カミソリは使ったら水気を切り、風通しの良い場所で乾かしてからしまうようにしましょう。

ボディソープをシェービングフォームの代わりに使う

お風呂場で処理する人の中で良くやってしまっているのがボディソープをつけて剃ってしまうことです。

ボディソープは”汚れを落とすことが目的”のため、余分な皮脂や、油分も取り除いてしまいます。必ず、シェービング専用のクリームを使って自己処理するようにしましょう

また、これは皮膚科の先生がおっしゃってたことですが、本来であれば入浴時のシェービングによる自己処理は避けたほうがいいと言われています。というのも、入浴時は角質がふやけて柔らかくなっているため、そのような状態でカミソリで剃っていくと、余計に角質をはがしやすい為のようです。

さらに、皮膚科の先生の見解では、シェービング専用のクリームでも皮脂を少なからずとってしまうため、ワセリンを使ったほうがさらに良いと言っていました。

生理前後に処理をする

生理前後は抵抗力が落ちてしまうので、皮膚も敏感になっている時です。カミソリの処理だけの問題ではないですが、生理の前後はムダ毛の処理を避けたほうが無難です。

また、体調が優れない時や、疲れがたまっている時も抵抗力が落ちている可能性があるので、このような状態の時もできればムダ毛の処理は避けたほうが無難です。

カミソリで自己処理する正しい方法

まずはカミソリで自己処理する正しい方法をご覧下さい。

カミソリでムダ毛を自己処理する正しい方法

  • 肌を清潔にしてから処理する
  • 蒸しタオルを使う
  • ワセリンを薄く塗ってから処理する
  • カミソリはなるべく一枚刃でガード式のもの
  • 毛流れに沿って順剃りする
  • ムダ毛を剃った後は冷却する
  • 最後にワセリンを塗る
  • ※なるべく入浴中の処理はしない

先ほど言いましたNG行為のところでいくつか解説しましたので、ここではかいつまんで話をしていきますね。

まず、肌は清潔にした状態で処理するようにしましょう。当然ですが、肌に汚れが付いてたままの状態というのは衛生的に良くありませんので、雑菌などによる炎症を招きかねません。

必ずカミソリでの自己処理前には清潔にしてから、処理をするようにしましょう。

また、処理の前には蒸しタオルで毛を柔らかくしてあげることによって剃りやすくなり、肌への余分な負担を防げます。自己処理後には、逆に冷やしてあげることによって、毛穴を引き締め赤みや炎症の予防になりますので、是非、実践してみて下さい。

最後に、処理後には、ワセリンを塗ります。なぜワセリンがいいのかと言いますと、ワセリンは医療機関などでは、皮膚炎などに対する皮膚保護剤として処方されたり、消炎、鎮痛、鎮痒などの時の軟膏基剤として使われています。

そもそも、ワセリンは別名「皮膚保護剤」と呼ばれているものです。さらに天然由来の成分でできているものなので、皮膚科の先生などもムダ毛の処理の時に使用するように進めているんですね!

太ももも含め、ムダ毛をカミソリを使って自己処理をするなら、このような正しい方法で処理するようにしましょう!

ただ、

太ももの表の部分はカミソリで剃るにも簡単なのですが、意外に太ももの裏というのは難しいです。

そのため、カミソリでの処理だと意外にうまくいかず、剃り残しができてしまう場合があります。そんな時は次項で解説する方法がオススメです。

太ももの毛の処理方法は脱毛クリームがオススメ!

脱毛

触りごこちツルツルの美脚を目指すなら脱毛クリームがオススメよ!

本当にツルツル、スベスベになるわ!

特に太ももの裏ってカミソリで処理しにくかったりするけど、脱毛クリームなら簡単!

夏の前にツルツル、スベスベな脚を手に入れてね!

カミソリの正しい方法を解説してきましたが、実はもっと脚をツルツルにする方法があります。

確かに、カミソリで正しい方法で行ってもらえれば肌トラブルは最小限に抑えられると思いますが、どうしても持ちが悪いので、すぐにジョリジョリしてきてしまいます…。

彼氏にも触られたりもする部分だと思いますので、「ジョリ!」ってなってしまったら、彼氏もガッカリしてしまいますよね!

そんなことを防ぎツルツルのスベスベの脚を手に入れたいならこれ!

『脱毛クリーム』です。

男性のモジャモジャな足でもツルツルにしてしまうほどの威力を発揮します!とは言っても、低刺激で作られていますので、肌トラブルは起こりにくくなっています。

カミソリだと、カミソリ負けなどを起こしてしまっていたという人も脱毛クリームに変えたら、肌トラブルを起こさなくなったという人もいるぐらいです。

意外に難しい太ももの裏も、塗って時間をおくだけですので、ムラなくキレイに仕上げることができます。放置時間は脱毛クリームの種類にもよりますが、だいたい5〜10分のものが多いですね!

そして、何より、カミソリに比べ脚がツルツルに仕上がります。

見た目もそうですが、触り心地がカミソリで処理した時とはやはり違いますね。カミソリで剃った時よりも、持ちもいいですし、生え始めてきてもチクチクしにくいのが脱毛クリームの特徴です。

是非、あなたも脱毛クリームでツルツルな触り心地のきれいな美脚を手に入れてみませんか?

リスクがないわけでもありません

とは、言っても全くリスクがないわけではありません。

人によっては、脱毛クリームとの相性で脱毛効果が薄かったり、クリームを塗っている時にヒリヒリしてきたしまって、肌荒れを起こしてしまうことも稀にあります。

そのようなヒリヒリが出た場合は時間がきていなくてもすぐに拭き取り、使用を中止するようにしましょう。

まとめ

脱毛

最後に今回のおさらいをしときましょう!

太ももの処理って意外に手抜きにしてしまいがち!

だけど、意外に異性はチェックしているわよ!

普段からしっかり処理しときましょうね!

特にカミソリでの自己処理派が多いようだから、正しいカミソリの剃り方を覚えて、ブツブツが出ないようにしましょうね!

でも、やっぱりツルツル、スベスベの触りごこちを目指すなら脱毛クリームがオススメだわ!

見た目も触りごこちもきれいな美脚を目指しましょうね!


仕上がりキレイにしたい!失敗したくないなら⇒おすすめ脱毛サロンランキングをみてみる


自分でキレイに処理したいのであれば⇒おすすめ脱毛クリームランキングを見てみる