脱毛

女性にとって『ニオイ』って大きな問題よね!

特に”ワキガ”なんて言ったら大問題だわ!

今回は『ワキガ』と『脱毛サロン』についていろいろとお話していくわ!

これって人には相談しにくいデリケート問題だと思うから、しっかり読んで参考にしてみてね!

女性にとって『ニオイ』の問題って常に気になりますよね?

特に”ワキガ”…なんて言ったら大問題だと思います。

でも、「ワキガの人って脱毛サロンで脱毛できるのかな?」って気になったりもすると思います。

まずは、その前にワキガとは何なのか?をしっかりと理解していきましょう!

ワキガってなに!?

”ワキガ”と聞いてどういうものかはすぐに想像ができると思います。

あの独特の”ニオイ”がしてしまうものですよね。

でも、そのワキガがどのような原理で起きているのかご存知でしょうか?

ワキガの原因って!?

まずは、ワキガの原因についてみていきましょう。

そもそも、汗を出す汗腺には「エクリン腺」と、「アポクリン腺」という2種類があります。簡単にどういう違いがあるかというと以下のような違いです。

「エクリン腺」と「アポクリン腺」の違い

  • エクリン腺…普段かくいわゆる普通の汗
  • アポクリン腺…ワキガの人の原因となっている汗

「エクリン腺」

「エクリン腺」とは、体全体に存在している汗腺のことで、いわゆる普段かく汗のもとになっているものです。

「エクリン腺」の汗の特徴としては、透明でサラッとしているところですね。

主には体温を調節する機能を担っていて、「エクリン腺」から出る汗の99%は水分だと言われています。残りの1%が塩分や尿素、アンモニアなどが含まれているんですね。

ただ、ほとんどが水分なので、特にニオイを発したりすることはありません。

「アポクリン腺」

いわゆるこちらの「アポクリン腺」がワキガの原因を作っているものです。

「アポクリン腺」は「エクリン腺」と違い、体全体には存在していません。脇の下や陰部、肛門、乳輪、耳の中…など、限られたところにしか存在していないんですね。

こちらの「アポクリン腺」の汗の特徴としては、白っぽく粘り気がある汗だと言われています。

また、成分もタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが多く含まれているのが特徴です。

これらの成分が常在菌と言われる常に皮膚に存在している菌に分解されれることによって、あの独特の”ワキガ”臭を作っているんですね。

実はみんなもっている「アポクリン腺」!

ただ、ワキガの人だけがこの「アポクリン腺」をもっているわけではありません。実は誰にでもこの「アポクリン腺」というのは存在しているのです。

では、なぜ一部の人だけがワキガなのでしょうか?

その答えは、『数』『大きさ』の違いです。

ニオイが強い、いわゆるワキガと呼ばれる人は、この「アポクリン腺」の数が多く存在し、また、一つ一つが大きいというのが特徴です。

ただ、この『数』は、生まれながらに決まっています。そのため、ワキガは遺伝すると言われているんですね!

『大きさ』に関しては、男女ともに思春期のころに大きくなり、老年期になるにつれて小さくなってくると言われています。思春期のころに気になり出し始めるのは、このような原因からなんですね!

脱毛サロンでワキガの人の脱毛はOK!?

クエッション

では、ワキガの人は脱毛サロンで脱毛することができるのでしょうか?

また、脱毛するとどういう効果があるのでしょうか?

ここからは、「ワキガ」「脱毛」についていろいろなお話をしていきますね!

ワキガは脱毛OK!?

結論から先に言うとワキガの人でも、脱毛サロンでの脱毛は可能です

ワキガだから脱毛できないということは特にありません。今では10人に1人がワキガの可能性があると言われているように、脱毛サロンで働くスタッフに聞いてもワキガな人はいっぱい来店しているということでした!

ただ、

やはりワキガだといろいろと気にしてしまいますよね?

脱毛サロンに通う前に伝えるべき!?

まず、ワキガの人が最初に悩みことが脱毛サロンのスタッフにワキガであることを伝えるべきか?ということです。

しかし、

その必要はないということです。と、いうのも、清潔にさえしていれば問題はないと言います。前述の通り、サロンのスタッフとしても、当たり前のようにそのようなお客様が何名もいる状況の中で仕事をしています。

そのため、ワキガだから施術の手を抜いたり、嫌な顔をしてやったりということはないようです。

ただ、

脱毛前日には脇の毛の処理をしていきますが、その後にニオイ軽減のために使用している塗り薬などがある場合は一度、確認したほうがいいでしょう。

脱毛後もそうですが、基本的に脱毛サロンでは施術前や施術後のデオドラントの制汗剤の使用はしないように。と言われています。

特に施術後には1週間は禁止にしているサロンもあります。

そのため、このたぐいのことは気になることだと思うので、確認をとったほうがいいでしょう。

脱毛後にはワキガが治る!?

脱毛

脱毛によって「ワキガが治った!」っていう人もいれば、脱毛したら「ワキガになったかもしれないんだけど!?」というようなことを言っている人たちがいるようね!

一体、どっちが正しいのかしら?

ここからはそのことについてお話していくわね!

脱毛をするとワキガが治るというのは本当なのでしょうか?

基本的には、ワキガが”治る”ということではないようです

どういうことか説明していきますね。
「アポクリン腺」から出るワキガの元となる汗は、雑菌が毛穴の開口部の毛根付近に多く繁殖することでニオイを発生させています。

しかし、脱毛して徐々に毛根自体が減っていくことによって雑菌も減少していくので通常はニオイも軽減されるんですね!

根本的に脱毛で”治る”ということはありませんが、”軽減”することは確かなようです。そのため、脱毛をしたら、ワキガが治った!という人がいるんですね!

その一方、こんな意見もあります。

脱毛後にワキガになるのは多汗症のせい?

悔しい

「脱毛したらワキガになったかもしれないんだけど!?」というような意見です。

先ほどとは真逆な意見ですよね?一体どういうことなのでしょうか?

実は、脱毛をされた人の中でワキガになったかもしれないという人は、ワキガにはなっていないことがほとんどです。

というのも、先ほど言ったように脱毛後は、通常はニオイが軽減することが基本なのですが、中には脱毛をしたことによって、”汗”をよくかくようになっったと感じる人が多いようです。

「今まで、脇汗のシミなんてできたことないんだけど、脱毛したら、急に汗ジミができるようになっていましまった!」

という人も珍しくないようです。

なぜ、このようなことになるのでしょうか?

それは、こういうことです。

まず、脱毛をすると毛根から毛がなくなってくというのは先程も言ったと思います。そして、毛穴だけが残るんですね!

↓ ↓ ↓

今までは毛があった(もしくは処理していても毛根は残っていた)から、汗をかいても、毛が汗を吸ってくれていました。

↓ ↓ ↓

しかし、

脱毛後は毛根からなくなっているので、汗をかくとそのまま皮膚の表面に出てきてしまう汗が多くなったように感じるんですね!

これが汗をよくかくようになったと感じる原因です。

つまり、ほとんどのところ、実際に汗をかく量が増えたわけでも、汗をかきやすい体質になったわけでもないんですね!

ニオイもきつくなった気がするのはなぜ?

でも、ニオイもきつくなったように感じるんだけど…

…というような意見も見受けられます。

こちらの原因はどこになるのでしょうか?

原因としては2つのことが考えられます。

原因その①

1つ目の原因は、残った毛穴に皮脂や垢が溜まっているために起こるものです。

脱毛後は、毛根からすっきり抜けるので、毛穴だけが残ります。その毛穴に皮脂や垢が溜まり、それらのものが酸化したことによってニオイが発生するんですね!

脱毛後に、ニオイが強くなったと感じる原因としてこれが1番可能性が高いと言われています。

毛穴に皮脂や垢が溜まっているか見分ける方法は、脇の毛穴に白いぽつっとしたもの(たまに黒い時もあります)があるか、どうかで判断できます。

白いぽつっとしたものがある場合はそれが、皮脂や垢が溜まっているという証拠です。

この対処法としては、ギュッと絞り出せばいいようです。そうすることによって治ります。しかし、自分ではうまく絞り出せない、もしくは、ニオイが収まらないという時は、皮膚科にいくと毛穴を開いて処置してくれますので、覚えておきましょう

原因その②

2つ目の方法は、汗が出たことによって衣類に染み込み、ニオイが発生しているということです。

脱毛で汗が出やすくなったことによって、衣類などに汗が染み込みやすくなります。その汗が乾いたことによってニオイを発生させているパターンですね!

これを防ぐためには、

主なワキ汗対策

  • 制汗剤を使う
  • ワキ汗パットを使う
  • 汗染み防止トップスなどを着用する

と、いった方法で防ぐしかありません。

ワキ汗は精神的なところが大きい!?

ショック

これはワキ汗に限った話ではないですが、よく「手に汗握る〇〇」というような言い回しをすることがありますよね?

このように人間は精神的なところの問題でも汗をかくようにできています。それが「精神性発汗」と呼ばれるものです。

脱毛して急にワキ汗が多くなったと感じるといつも気になってしまって、ワキ汗のことばかりを考えるようになってしまいます。

そのすると、逆効果でこの精神性発汗という作用で余計に汗をかきやすくなってしまうんですね。

この精神性発汗の厄介なところは通常の運動の時にかく汗と比べて、一気に出るため、汗の濃度も濃く、においやすいというところです。しかも、脇や靴の中の足、股間などこもりやすいところに出ることが多いので余計ににおいやすいんですね。

改善策としては、”気にしない”ということが1番いいようなのですが、とは言っても言葉でいうのは簡単ですがなかなか難しいのが現状ですよね?

そこで、劇的に改善する方法をご紹介します。

脱毛後の多汗症はこれで治る!?

その方法は『ボトックスの注射をする』ということです。

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、どういうものか簡単にご説明しますね!

ボトックスの注射は、注射をすることによって約半年ほど汗の量を抑えられます。約半年ほどしか効果がないため、「一時的な治療法」とも言われますが、脱毛後に多汗になっている場合には効果的です。

なぜなら、

もともと汗っかきだったわけでもなく、原因が、脱毛をしたことによって多汗になったという”きっかけ”が明確にわかっているからです。

多汗の人は何をするにも脇のことが気になってしまいますが、ボトックス注射をうって汗が止まることによって、気にならなくなっていきます。

つまり精神性発汗が抑えられるようになるというわけです。そうすることによって、約半年後にボトックスの効果が切れてきても、気にならなくなっている人がほとんどだと言います。

もし、脱毛後にあまりにもワキ汗が気になるようならば一度考えてみてもいいかもしれません。

オススメの制汗剤はこれ!

とはいえ、ボトックスの注射も一回で3万〜6万ほどかかるので、「そんなにお金出せないよ…」という人もいるかと思います。

その場合は制汗剤などを使ってケアしていくことになるかと思いますが、そこでオススメなのがロールタイプに代表されるような”塗る”タイプの制汗剤です。

一般的にはまだまだスプレータイプのものを使っている人が多いかと思いますが、スプレータイプですと汗が多いと流れやすいため、効果が長続きしないといいます。

そのため、塗るタイプの方が長続きしますので、選ぶ際には参考にしてみてください。

まとめ

脱毛

最後にまとめておくわね!

まず、わかっててほしいことはワキガだから脱毛ができないってことはないわ!

いろいろと気にしちゃうかもしれないけど、サロンのスタッフさんも慣れてるから、気にし過ぎる必要はないわ!

ただ、薬や制汗剤の使用についてはよく確認しておきましょうね!

「脱毛後にワキガが治った!またはワキガになった!?」って間逆な意見がでてるようだけど、結論は脱毛でワキガが治ることも、ワキガになることも可能性として低いってことだわ!

ただ、ワキ汗の量が気になるようになったって人は多いみたいね…。

今回お話したことがわかればそんなに気にならなくなると思うけど、あんまりきになるようなら、ボトックスの注射がオススメだわ!

でも、1番は脱毛したら、一時的にワキ汗が流れやすくなるものなんだ!と思って気にしないことが1番いいみたいね!