医療脱毛 医療費控除

脱毛

そういえば皮膚科って医療費控除になるから、皮膚科で医療レーザー脱毛したら、医療費控除になるのでしょうか?…今回はその点も含めて、医療レーザー脱毛と、光(フラッシュ)脱毛の違いにも触れていきます。

読むのが面倒な方のために結論から紹介します。]

「脱毛は医療クリニックでも脱毛サロンでも基本的に医療費控除対象にはならないです。なぜなら、《美容を目的》としての施術だからなんですね。」

詳しくは以下の記事をご覧ください。

レーザー脱毛と光(フラッシュ)脱毛を比較!違いはどこ?

一口に”脱毛”と言っても、

  • 医療レーザー脱毛
  • 光(フラッシュ)脱毛
  • 針(ニードル)脱毛

と大きく分けると3種類の脱毛方法があります。その中で、現在主流となっているのが、「医療レーザー脱毛」と、「光(フラッシュ)脱毛」ですね!では、この2つの脱毛方法がどう違うのか具体的に見ていってみましょう!

まず、わかっていてほしいことは、原理は同じであるということです。『黒い色(メラニン色素)に反応する光を照射することによって、毛の根幹を攻撃し脱毛していく』と、いうことに関しては同じ原理のもと、行われています。

ダメージを受けた毛の根幹、つまり毛根から次第に毛が生えなくなってくるので、脱毛が進んでいくというわけですね!

現在主流のレーザー脱毛と光(フラッシュ)脱毛の違い

相違点1 出力(照射力)の強さ

  • 医療クリニックのレーザー脱毛の方が出力強い→効果が大きい
  • 脱毛サロンの光脱毛は出力弱め→効果が小さめ

原理は同じでも、「レーザー脱毛」と「光(フラッシュ)脱毛」では、使っている機器が異なります。医療機関で主に使われている「レーザー脱毛」は医療機関でのみ使用が許可されているもので、脱毛サロンで使われている「光(フラッシュ)脱毛」より、出力、つまり照射力が強いのが特徴です。

「えッ!?でも私が通っている脱毛サロンではレーザー脱毛やってるけど…」という人も中にはいるかもしれません。実は、ごく一部の脱毛サロンではレーザー脱毛を採用しているところもあるようです。ただ、脱毛サロンで使われているレーザー脱毛は、医療用のレーザー脱毛と較べて出力が弱いものになっています。

”医療用”というだけあって医療用のレーザー脱毛機器は、許可無く使うことはできないんです。

また、脱毛サロンが医療機関と提携しているというケースもあります。このような場合は、医療用のレーザー脱毛を使っているというケースも考えられるようです。

相違点2 痛み

  • 医療クリニックのレーザー脱毛の方が出力強い→効果が大きい→痛みが強め
  • 脱毛サロンの光脱毛は出力弱め→効果が小さめ→痛みが弱め

これは、よく耳にすると思いますが、レーザー脱毛の方が、光脱毛に比べて”痛い”といいます。それは先程も言ったように照射力が強いということが主な原因なわけですが、黒い色(メラニン色素)が濃いところほど、痛みを強く感じます。

ただ、個人差はありますが、レーザー脱毛でもだいたい3回目ぐらいからは痛みが軽減してくるという人が多いようです。また、「どうしても、痛みに耐えられない…」という場合にも、医療レーザー脱毛を行っているクリニックは、医療機関であるため、麻酔を使うことができます

脱毛サロンでは麻酔を使うことができませんので、このあたりも医療レーザー脱毛と光脱毛の違いと言えますね!

相違点3 料金

一般的には、脱毛サロンに比べて、医療クリニックでの脱毛は割高です。と、言っても最近は医療レーザー脱毛を扱うところでもキャンペーンなどで安く提供しているところもありますし、なにより、医療レーザー脱毛の方が効果は確実に高いです。

照射力が強い分、効果は確実に高いので、光脱毛に比べて少ない回数で脱毛を終わらせられることができます。そのため、料金と得られる結果を比較した場合、どちらがコストパフォーマンスがいいのかは一概に言えないところです。

皮膚科と美容外科の脱毛って違うの!?

なんとなく、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の違いがおわかり頂けたでしょうか?ただ、”医療機関で行う医療レーザー脱毛”と一口で言っても、クリニックによっても違いがあるんですね!

それが、「皮膚科」で行うのか、「美容外科」で行うのか、ということです。では、「皮膚科」と「美容外科」で行う医療レーザー脱毛ではどのように違うのでしょうか?

実は、皮膚科で行う医療レーザー脱毛も、美容外科で行う医療レーザー脱毛も、明確な違いはありません。使用している医療レーザー脱毛機器の違いはあるものの、大きな違いはありません。しいて言うならば、”皮膚科医”が行うのか、”美容外科医”が行うのかの違いといったところでしょうか。

皮膚科の医療レーザー脱毛は医療費控除の対象?

保険

ただ、皮膚科というだけあって、「医療費控除も受けられるのでは?」と、考え方も中にはいるようです。結論から先に言うと、基本的には医療費控除は受けられません。

先程も言いましたが「医療用レーザー脱毛」というだけあって、扱えるのは医師が常駐している医療機関のみとなります。一方、脱毛サロンなどでは、医療用のレーザー脱毛は扱うことができません。これだけを聞くと、「医療機関だから、医療費控除受けられるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それはできないんですね。

というのも、脱毛をするという行為は、”医療行為ではない”からです。医療費控除というのは、『支払った医療費の一部を確定申告をすることによって還元してもらえるシステム』ですが、脱毛は基本的には、”医療行為”とはみなされないんですね。

医療行為とは、「病気や怪我の治療を目的として、必要性が認められたもの」になります。健康に障害をもたらすものや、体に支障をきたしているもののを治療するための行為なのか、どうなのかというところが判断基準となっています。

では、脱毛はどのような行為になるのかというと、”美容行為”になるんですね!ほとんどの場合は「容貌を美化するため」に脱毛を行うことになるので、残念ながら医療費控除は受けられません。

ただ、基本的には…と言ってきました。というのも、脱毛自体が「皮膚の疾患などが原因で、治療の一環として脱毛をする必要がある」ということであれば、医療費控除の対象になるということもあります。

このように同じ脱毛でも、”美容目的”でするのか、”医療目的”でするのかによって医療費控除の対象になるのか、ならないのか決まるわけですね!ただ、おそらくほとんどの人は美容目的での脱毛になると思うので、医療費控除というわけにはいかないということですね。

結論 脱毛は医療クリニックでも脱毛サロンでも基本的に医療費控除対象にはならない。なぜならば、美容を目的として行為だからである。

レーザー脱毛と光脱毛なら、どっちがお得!?

と、ここまで読んでいただければおわかり頂けたと思いますが、ほとんどのケースではレーザー脱毛では医療費控除を受けることができません。「それなら、脱毛サロンの光脱毛の方が安いし、お得なんじゃないの!?」と思うと思いますが、これも一概にどちらがお得というのは、難しい問題です。

というのも先ほども言いましたが、医療レーザー脱毛の方が料金は若干割高ですが、照射力が強い機器を使用できるの、同じ箇所を脱毛するとしても、回数を減らすことができます。

ただ、もともとそんなにムダ毛が濃くない人であれば、脱毛サロンの弱い出力のものでも十分に効果を発揮します。また、痛みに強い人、弱い人など、様々なケースがあるので、どちらがお得というのはなかなか難しい問題です。

一つ言えることがあるとすれば、”自分に合った脱毛方法を選ぶ”ということです。レーザー脱毛なのか、光脱毛なのかもそうですが、レーザーでもいろいろなクリニックがありますし、光でもいろいろなサロンがあります。

どこのクリニックやサロンでもお試しコースを用意しているところがほとんどですので、うまく利用しながら、自分にあった脱毛方法やクリニック・サロンを探していきましょう。

脱毛の医療費控除まとめ

脱毛

医療費控除についてですが、基本的には医療費控除は受けられないです。というのも、美容行為に該当するからです。

このように医療脱毛といえども医療費控除対象にはならないため、医療脱毛か脱毛サロンかで迷ったなら「痛み」を基準にして考えたほうが良いです。


基本的には以下のように医療脱毛の方が痛みが強めになっています。


  • 医療クリニックのレーザー脱毛の方が出力強い→効果が大きい→痛みが強め
  • 脱毛サロンの光脱毛は出力弱め→効果が小さめ→痛みが弱め

痛みに耐えられる自信があるなら、効果があり短期間で終わる医療脱毛を受けたほうが良いです。

▲参考 医療脱毛クリニックの比較表を見てみる


逆に痛みが嫌というのであれば、期間はちょっと長くなりますが、脱毛サロンの方がおすすめです。

▲参考 脱毛サロンおすすめランキングはこちら