脱毛

「VIO脱毛って境目はどこ??」

VIO脱毛を経験したことがない人ですと境目ってよくわからないですよね?

特に、”V”と、”O”を繋ぐ、”Iライン”の範囲が曖昧な人が多いような気がします。

今回は、Iラインの細かな範囲などについてまとめていきますね!


ほんの数年前までは、「デリケートゾーンの脱毛」…というと、Vラインのサイドだけ(ショーツからはみ出る部分だけ)を脱毛するというのが一般的でした。

ですが、

ココ最近は、諸外国のハイジーナ脱毛(無毛)の流れもあり、日本でもVIOの全てを脱毛することが当たり前となりつつあります。

「ハイジーナ(無毛)までするのはちょっと勇気がいるけど…」…という人でも、Vラインは整えつつ、Iラインや、Oラインを脱毛する人は非常に多くなってきています。

ですが、

「Iラインの脱毛をしたんだけど、なんかちょっと違った…」

と、他のサロンやクリニックに通い直す人も実際にいるようです。

実はこれ、、、

Iライン脱毛の範囲をしっかりと把握していなかったから、起きてしまっている問題でもあるんですね。

では、一体どんなところを勘違いしてしまっていたのでしょうか?

早速、具体的なところを見ていきましょう。

Iラインの脱毛はどこまで?

VIO脱毛

まずは、ご存知の方も多いと思いますが、「Iライン」についておさらいしていきます。

Iラインとは、大まかには次のような範囲の部分ですよね。

ミュゼ Iライン

画像出典元:ミュゼ公式サイト

大まかに言えばこのように女性器周辺のことを言います。

ですが、

呼び方はどこのサロンでもほとんど「Iライン」と言いますが、実はその範囲(境目)は微妙に違っていたりします。

一般的には、Vラインとの逆目は、正面から見て割れ目が見える辺りからと言われています。また、Oラインは肛門周辺の直径4〜5cmの事を言いますので、その手前までの事をIラインとしているのが一般的に言われている範囲です。

このように、Vラインとの境目、Oラインとの境目はだいたいこのように感じになっていることが多いですが、サロンによっても微妙な違いがあるので、注意が必要です。

VIO脱毛としてコースを設けているサロンが多いので、VIOをまとめて脱毛する人が多いですが、もし、仮にIラインだけの部分脱毛を考えているのなら、境目の確認を事前にしっかりとするようにして下さいね。

サロンやクリニックによってIラインの範囲は違う!

脱毛実績

「Vラインとの境目」、「Oラインとの境目」についてお話してきましたが、実は「Iライン」には他にも注意しなければならないところがあります。

それが、大陰唇や小陰唇による範囲の違いについてです。

大陰唇(だいいんしん)とは、女性の外陰部における、脂肪組織に富んだ左右一対の襞のことで、内部にある生殖器と尿道口を保護する役割を持つ。 左右大陰唇の間にある、縦に裂けた溝を「陰裂」と言う。左右の大陰唇が前方で合うところを「前陰唇交連」、後方で合うところを「後陰唇交連」と言う。
また、大陰唇の内側にあるひだを「小陰唇」と言う。


簡単に言えば内側にある”ひだ”の外側の事を大陰唇と言います。もっと簡単に言えば普通の皮膚の部分ということですね。

この部分は、濃い人だと足の付根辺りまで生えていることがありますが、その辺りもIライン脱毛の範囲で施術をしてもらえることが多いです。

一方、”ひだ”の部分が小陰唇ということですね。

脱毛業界ではこの部分を「粘膜の部分」というふうに表現することがありますが、実は、この部分に関してはサロンやクリニックによって、施術ができるか、できないかが変わってきます。

というのも、小陰唇の部分は粘膜部分ということもあり、VIOの中でも最もデリケートな部分になります。そのため、サロンで小陰唇まで脱毛してくれる所はほとんどありません。

後ほどご紹介しますが、脱毛サロンの中で小陰唇まで脱毛を行っているのは「ディオーネ」ぐらいです。

小陰唇の部分に毛が生えていない(または気にならない)というように、大陰唇の部分だけ脱毛できればいいという人はサロンの脱毛でいいと思いますが、「小陰唇の部分まで脱毛したい!」というのであれば、「ディオーネ」もしくはクリニックで脱毛をすることをオススメします。

Iライン脱毛にオススメのサロンは?

女性

ディオーネ

先ほども少し触れましたが、サロンで「小陰唇のひだの部分まで脱毛したい!」というのであれば、『ディオーネ』がオススメです。

そもそも他のサロンでは小陰唇の部分までの脱毛を行っていません。

では、なぜディオーネでは小陰唇の部分まで脱毛ができるかというと、ディオーネでは「ハイパースキン脱毛」という方法で脱毛をしているためです。

ハイパースキン脱毛は、3歳の小さなお子様からでも脱毛が可能!と言われている通り、トラブルが非常に起こりにくい安全な脱毛方法だと言われています。

一般的な脱毛機は「黒い部分(メラニン)に反応する」と言われていて、照射の温度も70℃ほどの高温での照射になります。ですが、ハイパースキン脱毛はメラニンにアプローチするのではなく、”これから生えてくる毛の種”となる部分にアプローチしていく方法です。

一般的な脱毛機はメラニンに刺激を与えていくため高温での照射が必要となり、痛みも伴います。ですが、ハイパースキン脱毛は、”毛の種”にアプローチしていくため、高温で照射する必要がなく、38℃ほどの人肌程度での温度で照射すればいいのです。

そのため、一般的な脱毛方法に比べて「痛くない」「トラブルも起きにくく、安全」というわけです。

よって、脱毛サロンではほとんどできない小陰唇のひだの部分まで脱毛することが可能なのです。

また、Iラインの小陰唇のひだの部分だけではなく、顔脱毛などでもキワのキワまで脱毛できるのがハイパースキン脱毛を行っているディオーネの特徴です。

Iラインの「小陰唇のひだの部分まで脱毛したい!」という人は、脱毛サロンでやっている所は他にはほとんどありませんので、サロンの中から選ぶなら『ディオーネ』を必然的に選ぶことになるのかもしれません。

⇒ ディオーネの口コミや特徴詳細はこちら


⇒ ディオーネの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)

Iラインはクリニックの方がオススメ!

薄毛産毛の脱毛

ここまで読んでいただいてお分かりいただけたかと思いますが、サロンで「小陰唇のひだの部分まで脱毛したい!」となると選択できるのは「ディオーネ」ぐらいです。

Iラインの脱毛は、各部位の中でも最もデリケートな部分とも言われリスクが非常に高い場所です。そのため、できればクリニックで施術を受けることをオススメします。

クリニックでは、万が一のことがあった時でも医師が常駐していますし、安心感が違いますよね。

また、サロンでは粘膜部分の小陰唇を脱毛してくれるのはディオーネぐらいですが、クリニックでは対応しているところが多いので、選択の幅も広がります。

ただ、問題は「痛み」ですね。

ご存知の通り、クリニックのレーザー脱毛はサロンの光脱毛に比べ出力が高いため、その分痛みが伴います。もちろん、脱毛効果が高い!回数が少なくて済む!と、いった良いところもあるのですが、痛みに関してはどうしてもクリニックの方が強くなってしまいます。

Iラインは特に毛も太くしっかりしているところでもあり、痛みを感じやすい部分でもありますので、痛みに耐えられるか…ということが問題になってくるかもしれません。

ですが、もちろん出力の調整はしてくれますし、どうしても絶えられない時には麻酔を使うことも可能です。

痛みの問題はありますが、Iラインの小陰唇まで脱毛したい!という人は、クリニックも合わせて検討してみてもいいかもしれません。

そこで、オススメなクリニックを2つご紹介したいと思います。

メニューが豊富なアリシアクリニックがオススメ!

クリニックで小陰唇のひだまで脱毛したい!というのであれば、『アリシアクリニック』がオススメです。

アリシアクリニックは全身脱毛から部分脱毛まで豊富なメニューが揃えられているクリニックで有名ですね。その中でもIラインの脱毛は「ビューティー」「スムース」という2つのコースが用意されています。

簡単に言えば、整える程度のコースか、しっかり全部を脱毛するのか…というような違いですね。

ですので、Iラインの小陰唇のひだまで脱毛するとなると、必然的に「スムース」のしっかり脱毛ができるコースを選択することになります。

クリニックは料金が高い!…というイメージの方が多いと思いますが、アリシアクリニックでは小陰唇まで脱毛する「スムース」のコースでも、5回で41,250円です。

ディオーネのハイパースキン脱毛だと12回で42,000円になりますので、料金的にもほとんど差がない感じです。

また、クリニックの中では、様々なメニューをやっているため、男性の医師や男性の患者さんがいて気になる…という人がいますが、アリシアクリニックは、医師も看護師も女性ですし、女性専用のクリニックになっているため、そのあたりの心配をしなくて良いのもいいですね。

クリニックで安心感もありますし、脱毛効果もサロンに比べて高いので、痛みに耐えられると言う人はアリシアクリニックを検討してみてもいいかもしれません。

⇒ アリシアクリニックの口コミや特徴を見てみる


⇒ アリシアクリニックの無料カウンセリングを予約してみる (公式ページヘ飛びます。)

シェービング代が無料!リゼクリニック!

また、クリニックで検討するなら『リゼクリニック』もオススメです。

リゼクリニックの魅力は、シェービング代が無料サービスとなっているところですね。

特にIラインの脱毛、小陰唇のひだの部分までの脱毛となると、事前の自己処理が非常に難しい部分になります。リゼクリニックはシェービングを無料サービスで行ってくれるので、剃り残しが多いIラインの脱毛でも余分な費用がかかりません。

また、リゼクリニックは5回39,800円とアリシアクリニックよりもさらに安い価格設定となっているところも魅力的です。契約コース終了後も一回あたり6,368円で追加照射できますので、もう少しだけ脱毛したいな…という時にも良心的です。

クリニックで考えるなら、リゼクリニックもオススメですね。

⇒ リゼクリニックの口コミや特徴を見てみる


⇒ リゼクリニックの無料カウンセリングを予約してみる (公式ページヘ飛びます。)

まとめ

脱毛

今回はVIOの中でも「Iライン」について解説をしてきました。

基本的に脱毛サロンでIライン脱毛をする場合は外側の大陰唇の部分までとなります。

小陰唇のひだの部分はムダ毛がないから脱毛しなくていい!という人などは、サロンでの脱毛でも十分だと思います。

ですが、

小陰唇のひだの部分まで脱毛した!ムダ毛が気になる!という人はサロンで選ぶなら「ディオーネ」ぐらいしか対応しているサロンがありません。

ですので、「ディオーネ」で施術を受けるか、もしくはクリニックを選択するか、…ということになりそうです。

お互いメリット・デメリットはありますが、”痛み”を基準に選んでもいいかもしれませんね。

「ディオーネ」のハイパースキン脱毛は痛みはほとんどなく無痛脱毛と言われているぐらいです。

ですので、痛みに弱い人は「ディオーネ」、痛みに強い人は脱毛効果が高い「クリニック系」という選択でもいいかもしれません。

どちらにせよ、小陰唇のひだまで脱毛したい!という人は、サロンやクリニックによって対応できるかできないかが変わってきますので、事前によく確認をしてみて下さいね!