脱毛

VIO脱毛を考えてるんだけど…「Vライン」は人から見えるから形を整えるのは当然…「Oライン」は基本的には全部脱毛…では、『Iラインは!?』…って悩む女子が多いです。

みんな「Iライン」ってどうしてるの?

ここではそんな「Iライン」の脱毛事情についてお話していきますね。

VIO脱毛を考えている人の中で、「Vライン」は整える、「Oライン」は全部剃る…では、「Iラインはどうするの!?」と、多くの女性が悩んでいるようです。脱毛サロンのスタッフさんに尋ねると、「大体、みなさん全部剃ってますよ〜」と言われますが、本当なのでしょうか?

 

iライン脱毛をするのにおすすめの脱毛サロン

Iラインってどこからどこまで?

Iライン

そもそも、Iラインの境目はどこになるのでしょうか?まずはそこから見ていきましょう!通常、Iラインと呼ばれるところは性器の周辺部分になります。ただ、その境界線が曖昧な方が多いようなので、ご説明しておきますね!

まずは、Iラインの上部。Vラインとの境界線ですね!これは、正面から見た時に割れ目が見える当たりからが基本的にIラインと呼ばれます。ちょうど、下着のクロッチの前の縫い目あたりですね!

では、Oラインに繋がる下部はどうでしょうか?Oラインはお尻の穴を中心に半径2cm程がOラインと呼ばれています。なので、Iラインはそこに繋がるところまでがIラインになります。

Oライン


あくまで、一般的に言われているところで各サロンで違いがあるかもしれませんので、気になる方はサロンの方に確認してみて下さいね!

Iラインを脱毛をするメリットは?

Iラインの脱毛をするとどんなメリットがあるのでしょうか?以下におもなメリットをまとめてみました。

Iライン脱毛のメリット

  • ムレにくくなる
  • 生理の時におりものなどがつかなくなり衛生的
  • 水着や下着からはみ出さない

主には、このようなことが言えます。特にムレにくくなったり、生理の時のニオイが軽減されるなどの効果もあると言われていて、何より衛生的であるということが1番のメリットだと言えそうです。

では、デメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

Iラインを脱毛するデメリットは?

Iライン脱毛をするデメリットはどんなことがあるのでしょうか?と考えてみましたが、これといって大きなデメリットは見つかりません。強いていうのなら、脱毛サロンで脱毛するのが恥ずかしい…であったりということでしょうか?または、脱毛後に彼氏やパートナーにどんな目で見られるのか気になる…といったことがデメリットといえばデメリットなのかもしれません。ただ、Iラインも含めたVIO脱毛をする時は、必ず気をつけてほしいことがあります

後悔する人も!?アンダーヘアの形は事前によく考えて!

Fotolia_100111342_Subscription_Monthly_M

VIO脱毛をする時に気をつけてほしいことは、脱毛を開始する前の段階で、どのようなアンダーヘアの形にするのかよく考えてほしいということです。脱毛サロンは当然ながら脱毛をしたいから、行くのは言うまでもありませんね!腕や足の脱毛をしに行く人は、ツルツルになりたいから行くわけです。それは当然のことですが、VIOに関してだけは要注意です

というのも、脱毛が完了したあとに、「もう少し残しておきたかったんだけど…」となってしまっても、もう後戻りできません。特に、”Vライン”と、”Iライン”ですね!Oラインはまた生えてきて欲しいと思う人はいないと思いますが、VラインとIラインはやり過ぎて後悔してしまった…という人も中には見受けられます。

また、Vラインの形に悩む人は多いですが、Vライン単体だけではなく、Iラインとの繋がりの部分もどうするべきなのか、しっかりと考えるべきです。というのも、Vラインの形次第では、Iラインが全部脱毛されてしまっていると、違和感がある場合もあります。「もう少し残しておけばよかった…」と、ならないためにも、脱毛を開始する前にどのようにするのか、VラインとIラインの繋がりのこともよく考えましょう!

下記の記事ではVラインの人気ランキングなども紹介していますので良かったら参考にしてみてくださいね!

Iラインは全部脱毛するべき!?

クエッション

脱毛サロンのスタッフさんに聞くと、「大体、みなさんIラインは全部脱毛されますよ〜」と、言われますが、本当のところはどうなのでしょうか?もちろん、スタッフさんがウソを言っているわけではなく、多くの人が全部脱毛するという方が多いのは事実のようです。

ただ、先程も言ったように、Vラインの形次第では、Iラインが全部脱毛されてしまっていると、不自然に見えることがあります。具体的に言うのであれば、Vラインを流行りの小さめな逆三角形にして、Iラインを全部脱毛した場合、正面から見ると、割れ目がパックリを見えてしまうこともあります。もちろん、そんなにまじまじ見る人は少ないと思いますが、温泉などに言った時に恥かしい思いをした…という人も中にはいるようです。形や毛量が違うなどの個人差があるので、一概には言い切れませんが、そのようなことがあるので覚えておきましょう!

では、全部脱毛しないのであればどんな形にすれば良いのでしょうか?オススメな形はVラインから、Iラインにかけて徐々に薄くなっていくように自然なグラデーションをつけてもらう形です。グラデーションというとちょっと表現がわかりにくいかもしれませんが、要はVラインからIラインにかけての先端部分を少しだけ残すことによって、前から見た時の違和感がなくなり自然な形になります。ここに違和感がなければ、その奥の性器周辺のIラインが処理してあってもほとんど違和感を感じることはありません。もちろん、個人の好みもありますので、絶対にこれがいいとは言い切れませんが、違和感のない自然な形にしたい!という人は是非、参考にしてみて下さいね!

Iライン脱毛は恥ずかしい!?どんな格好!?どんな体勢!?

VIO脱毛を考えてはいるけど、なかなか踏み出せない…という多くの人が抱えている悩みが、「施術してもらうことを考えると恥ずかしい…」ということです。確かに、あかの他人に見られるなんて恥ずかしいのは当たり前ですよね^^;ただ、相手もプロであり、毎日、毎日多くの方のVIOを脱毛しています。いちいちどうこう思うということはないんではないでしょうか?

今までVIOを脱毛したことがある人の意見を聞いてみると初めは恥ずかしいかったけど、徐々に慣れていく。と答えている人が圧倒的に多かったですね!芸能人や女優さん、あの有名なモデルさんもきっとほとんどの人がやってると思いますよ!キレイな肌を手に入れるためには仕方がないことなので、ここは勇気を出して一歩踏み出しましょうね!

…とは言っても、やはり経験がないと、どんな格好で、どんな体勢で施術するのか気になるますよね?では、具体的にどんな格好をして、どのような体勢で、施術をしていくのか見ていってみましょう!脱毛をするお店によって多少の違いはあると思いますが、だいたいの流れとしては次のような感じです。

まず、使い捨ての紙パンツに着替えます。気になる体勢ですが仰向けになって寝て、片足ずつ膝を立てて外側に倒した状態で施術していきます。この時、紙パンツは履いたままで、少しずつズラしながら施術していくという感じですね!また、紙パンツではなく、タオルを巻いてズラしながら施術していく…というところもあるようなので、その当たりはサロンに確認して見た方がいいですね!施術時間は、VIO全体でおおよそ30分程度と言われています。初めは恥ずかしいですが、スタッフさんも話しかけたりしてくれますので、2回目、3回目と回数を重ねていくと平気になってしまうらしいですよ!

Iライン脱毛…男の人の反応は!?

男性目線

もう一つ、Iラインの脱毛をするかどうか悩むところに「男性の目線が…」ということがあるようですね。というのも、”エッチな女に思われたりしないか”とか、”そっちの仕事をしていたことがあるんではないか”とか、”彼氏に引かれてしまうんではないか”などのように、いろいろと悩んでしまうようです。こちらは男性陣にとったアンケートをまとめた結果になります。

しなくていい どちらでもいい してほしい
20代 3.2% 19.0% 77.8%
30代 4.8% 27.3% 67.9%
40代 20.1% 46.2% 33.7%

この結果からもわかるように、半数以上の男性がIラインの処理をしてほしいと思っているようですよ。いろいろな意見がありましたが、中でも多かった意見が次のような意見です。

Iライン脱毛に関する男性の意見

  • 清潔感もあるし、美意識が高い感じがしていい。
  • 下着や水着からはみ出していたら引くから処理してほしい。
  • ハイジーナ(パイパン)はさすがに引くけど、全くて手入れしていないのはちょっと…。

というような意見が多かったですね。今時の男性目線から見ても、多くの人がIラインの脱毛はしてほしいと思っているようですね。

まとめ

脱毛

では、最後にまとめをしておきますね。

Iラインも含めてだだけど、VIOの脱毛をするなら、しっかりと脱毛をする前に、事前にどういう形にするのかよく考えてから行うべきです!脱毛が完了してからじゃ後戻りできないから、後々後悔しないようにしましょう。

Iライン脱毛は皆恥ずかしくてなかなか踏み出せないけど、男性の意見を聞いてみても、処理して欲しいって意見も多かったし勇気を出してやってみましょう。大切なところだからこそ、キレイに清潔に処理しておきましょうね!

iライン脱毛をするのにおすすめの脱毛サロン