脱毛

アンダーヘアを自己処理する時には何を使っていますか?

アンダーヘアをお家で自己処理している人はまだまだ多いと思いますが、アンダーヘアはとってもデリケートな部位なので危険がいっぱいです。

そこでオススメなのがヒートカッターを使う方法です。

ですが、

実はそのヒートカッターでも気をつけなければいけないことはたくさんあるんですね!

ということで、ここではヒートカッターを使ったアンダーヘアの自己処理方法についていろいろと解説していきます。


アンダーヘアの自己処理には何を使うべき?

VIO脱毛

「あなたはアンダーヘアを自己処理する時、何を使っていますか?」

お家で自己処理する方法にも、「カミソリで剃る」、「毛抜きで抜く」…などなど、様々な方法がありますよね!

ですが、

特にアンダーヘアの処理をするのであればこれらの「カミソリで剃る」、「毛抜きで抜く」という方法はオススメできません。

では、なぜオススメできないか?について簡単にご説明していきますね。

カミソリでの自己処理がオススメではない理由

カミソリは、ドラッグストアをはじめ身近なところで簡単に、しかも安価に手に入れることができるため、使っている人も多いのではないでしょうか?

また、

短時間で広範囲の自己処理ができますし、手間がかからない…というところからも誰しも一度はカミソリでの自己処理をしたことがある人がほとんどだと思います。

ですが、

実は、カミソリで自己処理をするということはとっても危険であり、オススメできません。

というのも、大きくは次のような危険があるためです。

①見えない皮膚を傷つけているため

カミソリでの自己処理では、目には見えませんが肌表面の皮膚も一緒に削ってしまっています。

つまり、カミソリでの自己処理をしたあとは、目に見えない傷がたくさんついてしまっている状態になってしまうんですね。特にアンダーヘア(VIO)の処理ともなると、身体の中でも一番デリケートな部分にもなります。

すると、以下のようなことも考えられるんですね。

②黒ずみや感染症を引き起こす可能性があるため

カミソリで目に見えない傷をつけてしまうと、「黒ずみ」「感染症」を引き起こしかねません。

もともと、アンダーヘアがあるVIOに限らず、肌というのはダメージを受けると、メラニンを生成する働きがあるんですね。

これは簡単に言えば傷ついた肌を治すためではあるのですが、アンダーヘアのようにすぐに生えて目立ってしまうところですと、頻繁に処理しなければならないわけです。

そうなってしまうと、ダメージを受ける→メラニンが生成されるということを繰り返し、やがては黒ずみとなり色素沈着を起こしてしまうことが考えられます。

また、

一番怖いのは感染症を起こしてしまうことです。

特に自己処理した後に湯船に浸かったりしていませんか?

実は湯船にはものすごい数の細菌がいると言われています。このような事を続けていると、最悪の場合、ヘルペスをはじめ、※パピローマウイルスなどへの感染を起こしてしまうことも十分に考えられます。

※パピローマウイルスとは…
子宮頸がんの発生リスクが高くなると言われているウイルスのこと。

このようなリスクもあるため、カミソリでの自己処理は大変危険ですので、控えた方がいいでしょう。

毛抜きでの自己処理がオススメではない理由

中には、「毛抜きの方が持ちがいいから…」と、毛抜きで自己処理をしている人もいるかと思います。

ですが、毛抜きでの自己処理も危険がいっぱいです。

主に考えられる危険は以下のようなものですね。

①埋没毛になってしまう

埋没毛とは、毛が毛穴の中に埋もれて、皮膚の中で育ってしまうことを言います。

毛抜きでの処理をしている人で一番多いのはこの症状です。

「何が危険なの?」

と、思うかもしれませんが、まずは見た目が汚くなっていまいます。

黒いぶつぶつしたものがたくさんできてしまうので、返ってそれが気になり、皮膚をほじくり返して処理をするため、余計に汚くなってしまうとともに、皮膚を傷つけるので、細菌が発生してしまう恐れもあります。

②毛包炎になることも

毛包炎とは簡単に言えば、ニキビのような赤くてブツブツと炎症を起こしてしまっているような状態のことを言います。

毛抜きで処理することによって、普段は皮膚の中にある毛包と呼ばれる部分が傷ついてしまい、そこに細菌が入ってしまうことによって発生する症状です。

特にアンダーヘアは湿気がこもりやすい場所になるので、起こりやすい症状とも言われています。

重症化してしまうと皮膚科に通うようなことにもなってしまうので、やはり、毛抜きでの処理も控えたいところです。

では、どんな方法がオススメなの?

脱毛

アンダーヘアを自己処理するのであれば、ヒートカッターを使う方法がオススメです。

ヒートカッターにもいろいろなものがありますが、一般的には、先端がコーム状になっていて、その中に熱線が通っているものが多いです。この熱線によって、毛を焼き切ることによってムダ毛を処理するものになります。

メリットとしては、毛先が尖らないため、チクチクしにくいことですね。

特にアンダーヘアのように硬い毛は少し伸びてくるとチクチクとしてしまい不快に感じることがありますよね?

なぜチクチクしてしまうかというと、カミソリなどで処理すると、毛先の先端が尖ってしまうためです。ですので少し伸びてくるとチクチクすることはもちろん、ショーツなどから飛び出してしまうこともあるのです。

このようにならず毛先を丸く処理できるため、伸びてきても不快な思いをすることが少ないのがヒートカッターのメリットです。

デメリットとしてあげられるのは切るだけになってしまうので、毛自体を無くすことができないということと、カミソリなどのようにギリギリまで処理ができないということです。

ヒートカッターは熱を使って処理するため、先端にはカバーがついていることが一般的…ということは先ほども言った通りです。

そのため、ギリギリまでの処理ができないんですね。このようなデメリットはありますが、安全面や肌へのダメージを考えるならばヒートカッターを使用してアンダーヘアを自己処理することをオススメします。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理する3つのコツをご紹介!

Fotolia_57915257_Subscription_Monthly_M

では、実際にヒートカッターを使ってアンダーヘアを自己処理していく時にはどんな事を注意すればいいのでしょうか?

また、上手に処理するためのコツなども合わせてお伝えしていきますね!

①毛が濡れている時には使用しない

何度もお伝えしている通り、ヒートカッターは熱線による熱で、毛を焼き切るように処理していくものになります。

そのため、濡れている時には使用しないようにしましょう。

カミソリなどの場合、お風呂場などで処理している人がほとんどだと思いますが、ヒートカッターは濡れていたり、湿気が多い場所では返って処理するのが大変になってしまいます。

また、ヒートカッター自体の故障の原因にもなりますので、アンダーヘアが濡れている場合や、湿気の多い場所では使用しないようにし、アンダーヘアが乾いている状態で使用するようにしましょう。

②一度にたくさんの毛を処理しようとしない

ヒートカッターを上手く使うコツとしては、いっぺんにたくさんの毛を処理しようとしないことです。

また、Vゾーンなどの毛が長い部分もはじめにある程度、長さを切ってからヒートカッターを使うほうがいいですね。というのも、毛が長すぎるとヒートカッターの熱が上手くつたらわず、上手に処理することができません。

ですので、ヒートカッター処理する時は、長い毛をはじめにはさみなどでカットし、少しずつ処理するようにしていくと上手に処理をすることができます。

③肌に近づけすぎない

熱で処理していくものなりますので、ギリギリまで処理しようと肌に近づけ過ぎるのは危険です。

先端にコームなどがついていますので、熱線が丸出しになっているわけではありませんが、それでも肌に近づけ過ぎるとやけどをしてしまうことがあります。

せっかくキレイに処理しようと思っているのに火傷の後などが残ってしまっては本末転倒です。

ヒートカッターとはギリギリまで処理できないもの…ということは覚えておきましょう。

ヒートカッターも安全ではない!?危険性はあるの?

デリケートゾーン脱毛

前述した通り、ヒートカッターも必ずしも全くもって安全…ということではありません。

熱の力を利用して処理するものになるので、火傷の危険性はどうしてもあります。

また、

毛を焼き切るため、焦げ臭さも出ます。気にならないという人も中にはいますが、どうしても少し焦げ臭さがありますので、なるべく換気の良いところで処理していく方がいいでしょう。

とはいうものの、カミソリや毛抜きで処理することを考えれば、ヒートカッターを使って処理した方が何倍も安全であり、肌への負担が少なくて済みます。

確かにギリギリまでの処理は難しいですが、肌を傷つけることもほとんどないため、感染症などにかかる可能性も極めて低くなります。そして、何よりも、見た目がキレイに処理できますので、ブツブツとしてしまったり、黒ずみで色素沈着を起こしてしまうこともありません。

お家でアンダーヘアのお手入れをするなら是非、ヒートカッターを使ってみて下さいね!

アンダーヘアこそ専門家に頼むべき!

脱毛実績

自宅でアンダーヘアの自己処理をするのであれば、ヒートカッターを使う方法が一番オススメです。

ですが、先ほどからお伝えしたいる通り、ヒートカッターではギリギリまで処理ができませんので、「Iライン」などをツルツルにすることはできません。

かといって、ギリギリまで処理したいからと言って、カミソリで処理をするというのは危険がいっぱいです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それはやはりプロであるサロンやクリニックで脱毛することです。

もちろんお金はかかってしまいますが、ブツブツしてしまうこともなく、ツルツルにそして、キレイに処理してもらうことができます。

「でも、サロンとは高いから…」

と、思う人もいるかもしれませんが、キャンペーンのハシゴなどを利用すれば案外安く回数もこなせてしまうんですよ!

例えば、「エピレ」ではファーストプランという体験コースでVIOの脱毛が2回6,000円でできてしまいますし、「ミュゼ」では、キャンペーンで半額になりますので、VIO脱毛4回が24,000円で受けられてしまいます。

しかも、今なら「両ワキ+Vラインサイド」が脱毛し放題というものも特典でついてくるのでとってもお得です。

何より、サロンで任せることによって、自分で自己処理をするよりもキレイに思い通りに仕上がります。

また、サロンでも回数をこなせば自己処理いらずの状態になりますし、クリニックならほぼ永久脱毛ですので、サロンよりも少ない回数で自己処理入らずでキレイなVIOを手に入れられます。

身体の部位の中でも一番デリケートと言っても良い部位だからこそ、安全に脱毛するためにサロンやクリニックにお願いしてみる方がいいと思いますよ!

⇒ エピレの口コミ詳細を見てみる


⇒ エピレの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)

まとめ

脱毛

今回は、アンダーヘアをヒートカッターで自己処理する時のコツや注意することについて解説してきました。

「カミソリで剃る」、「毛抜きで抜く」という定番の方法以外にも様々な処理方法がありますが、ご自身でアンダーヘアの自己処理をするのであれば、ヒートカッターを使うことをオススメします。

安全性や肌への負担、仕上がりなどを考慮すると、一番良いのではないかと思います。

ですが、

そんなヒートカッターも全く危険性がないわけではありません。

また、ギリギリまで処理できないなどのデメリットもあります。

 そして、当たり前ですが、すぐに生えてきてしまうのでこまめに処理をしなければなりません。

そのような事を考えると、お金はかかってしまいますが、やはりサロンやクリニックなどで処理するほうが長い目で見てもいいかもしれませんね。

最近はサロンやクリニックでもキャンペーンなどで安く通うこともできますし、中にはキャンペーンをハシゴして賢く通っている人もいるぐらいです。

また、

今ではVIOの処理は当たり前!と言われるような時代になってきています。

思い切ってサロンやクリニックに通ってみるのもいいかもしれません。