脱毛

「VIO脱毛で性感染症がうつった!?!?」

こんな怖いような噂を聞いたことはありませんか?

もし、本当だったらとても怖いですよね?

また、

「クラミジアなどの性感染症にかかっていても脱毛は受けられるの?」

と、考えている人も中にはいるようなのですが…。

ということで、今回は、VIO脱毛と性感染症の関係について解説していきますね!


脱毛サロンで性病がうつることってあるの!?

Fotolia_100111342_Subscription_Monthly_M

ヒジ下やヒザ下などの部位を脱毛する時はあまり気にならないかもしれませんが、VIOの脱毛ともなると衛生面などが急に気になりませんか?

VIOは言わずと知れた身体の中でもとてもデリケートな部分でありますし、性器周辺ということもあってとても大切な部分です。

脱毛サロンなどの脱毛では当然、マシンはあなた専用と言うわけにはいかず、使いまわすことになります。

このあたりが不安でVIOの脱毛だけはやらない…という人も中にはいらっしゃいますよね?

では、実際に脱毛サロンなどで性感染症などがうつることはあり得るのでしょうか?

残念ながら、絶対にないとは言い切れないところもあります。

ですが、これは脱毛サロンに限った話ではありません。
美容院や飲食店、歯医者などでも、性感染症ではありませんが何らかの感染症のリスクはつきものです。

ですので、絶対に起こらないとは言い切れないんですね。

脱毛サロンの衛生は大丈夫!?

Fotolia_84163551_Subscription_Monthly_M

そこで気になるのは、サロンでの衛生管理の問題です。

サロンではこのようなことが起こらないようにどのような衛生管理をしているのでしょうか?

まず、ほとんどのサロンでは使用するタオルやベットシーツなどはひとりごとに取り替えます。当たり前ですよね^^;

そして、それらのクリーニングは必ず専門業者に委託しています。
大手のサロンでは、私が調べたところによると、自身のところで洗濯をしているというサロンは聞いたことがありません。

また、

VIOの時は、紙パンツを着用するところがほとんどですが、これらも当然使い捨てです。一部のサロンでは有料となるところもありますが、基本的には無料サービスとなっているサロンが多いですよね。ですが、中には何もつけずにVIO脱毛の施術をするというところもあります。

そして、これも当然ですが、ベット台や脱毛機に至っても、毎回必ず消毒をしています。

ですが、

先ほども言ったようにこれらはどうしても使いまわしです。

婦人科や歯医者などもそうですが、どうしても自分専用にするには難しいところがあるのは仕方ないことです。ですが、大手のサロンでは衛生管理の一環として、VIOを脱毛するマシンはVIO専門にするなどの工夫をしています。

そもそも、VIOの場合、広範囲を施術するものと違い照射口が小さいものになるので、元々違うものを使っているということもありますが、サロンによっては衛生管理の面から変えているところもあるようです。

サロンとクリニックの衛生管理は違う?

女性

脱毛は御存知の通り、クリニックでも行っているところがありますよね?

クリニックと聞くと、医師がいるのでなぜか衛生管理なども面でも安心する…という人が中にはいるかもしれませんが、衛生管理として行っている事はサロンもクリニックもさほど違いはありません。

使用する脱毛機が違うなどの違いはありますが、施術に使うベット台の消毒や、タオルなどの管理・交換に関してもやっていることはほとんど一緒です。

ですので、衛生管理の面だけでみればサロンもクリニックにもそれほど違いはないんですよね。

ただ、

強いて言えば、クリニックには常に医師が常駐しています。

そのため、何か問題になった時にはすぐに診察してもらえますし、対応してもらえます。クリニックによっては、診察料が脱毛料金に含まれているため、何度でも無料で診察してくれるというところもあるぐらいです。

そのいう面で言えば、クリニックの方が安心ということは言えるかもしれません。

性感染症が発覚!こんな時でも脱毛は可能?

Fotolia_41851185_Subscription_Monthly_M

このように、サロンにしても、クリニックにしてもそれ相応の衛生管理はきちんと行って未然にトラブルがないように対処しています。

では、もし仮に「性感染症にかかってるけどサロンで脱毛してみちゃおうかな」なんて人がいた場合はどうなるのでしょうか?

その前にVIO脱毛で感染があるかもしれないと考えられている性病にはどんなものがあるのか確認しておきましょう。

クラミジア

クラミジア…という言葉は聞いたことがある人が多いかもしれません。

というのも、クラミジアは日本人がかかる性病の中で最も多いものと言われています。特徴としては自覚症状が見られにくいということ。

そのため、発見までに時間がかかってしまうことも考えられます。また、最悪の場合、性器や子宮頸管、または臓器にまで広がってしまうこともあり、不妊の原因にもなってしまうと言われています。

オリモノのニオイや色がおかしい時には菌が繁殖していることが考えられますので、すぐに産婦人科などを受診するようにしましょう。

梅毒

かつて一昔前までは、”不治の病”とまで言われていた性病です。

皮膚や粘膜にできてしまった小さな傷から菌が侵入し、血液中に広がってしまいます。また放置すると、神経や脳にまで炎症が広がる恐れがある恐ろしい性病の一つです。

実は、現代において感染者が急増していると言われる性病でもあります。

はじめのうちは痛みがないしこりやリンパの腫れなどの症状がでる程度で、ほっとくと消えてしまったりします。ですが、3ヶ月ほど立つと、ピンク色に腫れたり、ブツブツが目立ってきてしまったりと徐々に症状が出てくるのが特徴です。

カンジダ症

カンジダ症という性病は、性行為以外で感染しやすい性病とも言われています。

簡単に言えば、体内になるカビの一種…ということになりますが、免疫力の低下や薬の副作用でも感染する恐れがあるとも言われていますね。

特徴としては、性器や膣などに激しい痒みが出ることです。

また、オリモノの量も多くなったり、ニオイがチーズの腐ったようなニオイ!?になってしまいます。

ですが、薬で治すことができますので、なるべく早く病院に行くようにしましょう。

VIO脱毛

この他にも様々な性病がありますが、主には、これら3つの種類が考えられます。
中には、痒みがでるカンジダ症などもありますが、クラミジアなどは自覚症状が見られにくい性感染症とも言われています。

このように、性感染症の種類によって、症状が違いますが、「症状が軽いものなら脱毛も受けられるんじゃない?」と考えてしまう人も中にはいるようです。

ですが、

当然、これはNG!です。

…当たり前ですよね^^;

では、なぜだめなのか?…理由を整理しておきましょう。

①感染症が拡大する恐れがあるため

当然ですが、サロン側としてもそのような人が原因で、感染症が拡大してしまっては困ります。

そのため、サロン側としてもしっかりと「事前カウンセリング」を行っています。

脱毛サロンで無料カウンセリングなどを受けたことがある人はお解りだと思いますが、サロンが初めての時は、健康状態についてや、体質、服用中の薬の有無や種類、また治療中の疾患があるのか?…などいろいろな事を質問されます。

もちろん、この時点で性感染症にかかっていることがわかれば脱毛を断られます。

他のお客様を守るためにも、当然ですよね。

②皮膚の状態が脱毛を受けられる状態ではないため

また、ある程度、症状が進んでいると、いざVIOの施術…となった時には見ればわかります。

性器周辺の異常な腫れやブツブツ、またニオイなどでわかるといいます。

スタッフの方も毎日のように様々な方のものを見ているため、そのあたりは目が肥えていますよね。

また、

そもそもな話ですが、どこのサロンでも「皮膚が正常であり、良好な状態であること」ということが脱毛ができる条件となっているわけです。

このような観点から見ても、性病云々を度返しして考えても、皮膚の状態から脱毛をすることができない…ということも言えます。

③脱毛よりも性感染症の完治を優先するべきなため

このように、性病にかかってしまっていると、脱毛は受けられません。

…というよりもそもそも脱毛をしている場合ではありません。

先ほども言ったように、性病を放っておくと、不妊症の原因になったり、最悪の場合は死に至ることも考えられなくもありません。

ですので、まずは脱毛よりも性病を完治させることの方が優先です。

何か異常を感じたら、すぐに病院を受診することをオススメします。

性感染症にかからないための予防策はどうすればいい?

Fotolia_66600069_Subscription_Monthly_M

感染症というのは、空気感染や飛沫感染をすることがありますが、クラミジアなどの性感染症の場合、基本的には性行為が原因で感染するものです。

そのため、握手や飲み物の回し飲み、または一緒にお風呂に入るだけでは基本的にうつらないと言われています。

ですので、一般的に考えれば、脱毛サロンなどの脱毛機の使いまわしなどが原因でうつるということは考えにくいです。ではあるのですが、そうはいってもやはり気になりますよね?

そこで、普段どんなことに気をつけておけば良いのか?…ということですが、まずご自身がかからないように気をつけることが最も大切です。

具体的には次のようなことに気をつけるようにしましょう。

性感染症を予防するには…

  • NO SEX(セックスをしない)
  • STEADY SEX(セックスの相手を限定する)
  • SAFER SEX(より安全なセックスをする)

まずは、このような事に気をつけ、性感染症にかからないようにしましょう。

また、脱毛サロンでVIO脱毛をすることを考えた場合、このような性感染症以外にも様々な感染症が考えられます。

ですので、衛生管理がいき届いているサロンを選ぶことが大切です。

特に、個人でやっているようなところの方がこのあたりの衛生管理には不安が残るとも言えますね。もちろん、個人のサロンが悪いわけではないですが、リスク管理と言う意味では、大手を選んでおいた方が、きちんとした管理体制をとっているということは言えるでしょう。

また、

個人でできることとして、マイシェーバーを持参することをオススメします。

VIOなどは特に事前の自己処理が難しい部分ですので、  施術の時に剃り残しを処理してもらうことがよくあります。ですが、その時に使うシェーバーが原因で…ということも十分に考えられます。

もちろん、消毒や殺菌はきちんとしているはずですが、使いまわしているサロンがあるということも事実です。

クリニックでは、クレアクリニックのように一人のお客様専用のマイシェーバーをクリニックで管理してくれているようなところもありますが、サロンではそこまでしている所はほとんどないでしょう。

ですので、

特に、様々なリスクが考えられるVIO脱毛の時には、必ずマイシェーバーを持参するよう事を忘れないようにしたいところです。

まとめ

脱毛

今回は、VIOと性感染症の関係について解説してきました。

最後にハッキリと言っておきますが、クラミジアなどの性感染症にかかっている場合は脱毛は受けられません!

…ということはしっかりと覚えておいて下さいね!

また、

このようにVIO脱毛は特にデリケートな部分ですので、慎重に考えたほうがいい部位ではありますますが、VIOを脱毛することによって、湿気や細菌の温床を防ぐということできます。

特に処理をしていないと、尿や生理の時の血液が陰毛に付着しやすく、不衛生になりがちです。

そうすると、細菌が繁殖しやすくなってしまします。

ですが、

VIO脱毛をしてキレイに清潔にしておくことが、もっとも感染予防になるとも言われています。

まずは、しっかりと下調べをして安心しておまかせできるサロンやクリニックを選んでVIOの脱毛をしていきましょう。