脱毛

脱毛サロンで外国人に施術されるって思ったら抵抗がありますよね?

差別…ってわけではないですが、やはり不安な気持ちを持つ方も多いのではないでしょうか?

では、実際に脱毛サロンなどではそのようなことがあるのでしょうか?

今回はそのあたりのことに迫ってみたいと思います。


脱毛サロンでは毎回違うスタッフが対応するの?

女性

まだ脱毛サロンに通ったことがない人は、

「脱毛サロンって毎回同じ人が担当してくれるんじゃないの!?」

と、疑問に思っている方もいるかと思います。

しかし、ほとんどのサロンでは基本的に毎回違うスタッフが担当することになります。

これは、サロン側の立場から考えれば仕方がないことなのかもしれませんが、スタッフのお休みを回すためや、予約を効率良く取るため、などなど様々な理由が考えられます。

ただ、

脱毛は一回の来店で施術する時間はそんなに長くないのかもしれませんが、1〜2年と長くかかるものです。

気に入ったスタッフがいたら、そのスタッフにずっと担当してほしいという気持ちはありますよね。どうしても、生身の人間同士になりますので、いくら接客が丁寧であっても「合う・合わない」ということがありますので、そのあたりの融通が聞けば良いのですが…。

スタッフの技術力はまちまち…

Fotolia_66600069_Subscription_Monthly_M

また、当然技術力にも違いがあります。

「脱毛サロンは光を当てるだけだから誰がやっても一緒!」

と、言うことも言われてはいますが、そんなことは決してありません。

というのも、光脱毛でも肌の状態に合わせて出力の調整をし、施術を行っています。強すぎれば肌トラブルの原因になりますし、弱すぎれば脱毛効果が得られません。

また、当然照射漏れなどの問題もあります。

もちろん、各サロン研修期間などがあり、しっかりと技術教育を受けてからサロンワークで実際にお客様の施術をすることになると思いますが、そうは言ってもベテランと新人ではやはり経験値が違いますのでどうしても差が出てしまうものです。

これは脱毛に限った話ではないですが、同じ料金を払うなら上手な人にやってもらったほうがいいですよね?

ただ、

脱毛サロンに限って言えば、同じスタッフが担当ことによるメリットというのも考えられます。


同じ担当スタッフが対応してくれるメリットって?

脱毛

まずは、上でもお話しましたが同じスタッフが担当してくれることによるメリットをまとめてみましょう。

同じ担当スタッフが対応してくれるメリット

  • 毎回、同じことを言わなくて済む
  • 毎回やってもらっていると状態の変化に気づきやすい
  • 話が合う

他にもいろいろとあると思いますが、大きくはこのようなことが言えるでしょう。

サービス業で担当指名制になっているのは、美容室などは基本、担当指名制になっていますよね?

これに近いものがあると思いますが、やはり毎回同じ人が担当してくれることによって、自分の特徴や、状態の変化に気づいてもらいやすくなります。

特に脱毛の場合、VIOなどの事を毎回説明して伝えるのってちょっと恥ずかしいですよね?

このようなことがなく、毎回オーダーや注意してほしいところなどを言わなくても、わかってもらえる所はメリットと言えます。

同じ担当スタッフではないことにもメリットはある!?

脱毛 女性

ただし、逆に同じ人が担当につかないことによるメリットというものもあります。

毎回同じことを説明したりしなければいけないデメリットな部分もありますが、逆を言えば、そこまで自分の事を知られなくて済みます

深い関係ができないことによって、万が一途中でやめたくなった時にも下手に気を使うこともありません。

また、

担当者指名をしていたら、そのスタッフが空くまで待たなければ行かなかったり、そのスタッフの出勤日などに合わせる必要も出てきてしまいます。

さらに状況次第ではサロン自体は暇なのに、そのスタッフだけの予約が忙しくて、予約が取れない…なんてことも考えられます。

サロン全体が忙しくて予約が取れないなら仕方ないかもしれませんが、指名しているスタッフ忙しくて、サロンは暇で…という感じであったら、歯がゆさがありますよね。

脱毛サロンで外国人に対応されることもある!?

Fotolia_100111342_Subscription_Monthly_M

脱毛サロンで、もう一つ気になるのは外国人スタッフの問題です。

実は近年、脱毛サロンに外国人のお客様が足を運ぶ機会が増えてきたと言われています。

そのため、サロン側としても英語の話せるスタッフを募集するなど、対応をしていると言われています。実際に大手のサロンの募集要項を確認してみても、「英語が話せるスタッフ募集、優遇」…ということを言っているサロンもあるぐらいです。

中には実際に外国人を雇用し、施術・接客をさせているサロンもあるようです。

いくら、担当制でないとはいえ、「外国人に対応されるのはちょっと…」と思ってしまうところはありますよね?

もちろん、まだまだこのように外国人を採用しているサロンは多くありませんが、これからのことを考えれば、外国人が施術をする…というのも珍しいことではなくなってくるのかもしれません。

今後は外国人が担当するようなことも考えられる!?

Fotolia_41851185_Subscription_Monthly_M

先ほども言いましたが、脱毛サロンにも外国人のお客様が増えてきていると言われています。

というのも、訪日観光客が増えていることや、在留外国人(日本に住んでいる外国人)の数も年々増え続けてきていることが関係していると言えそうです。

そのため、企業としても外国人のお客様も受け入れられる準備として、英語を話せる日本人や、外国人を採用する流れとなってきています。

2007年10月から外国人雇用状況届出が義務付けられましたが、それからの外国人雇用の推移は以下のような感じになっています。

外国人雇用状況届出の推移08年10月末:486,398人
09年10月末:562,818人
10年10月末:649,982人
11年10月末:686,246人
12年10月末:682,450人
13年10月末:717,504人
14年10月末:787,627人
15年10月末:907,896人


このように年々じわじわと外国人雇用については右肩上がりです。

先ほどもお伝えしたように脱毛サロン業界でもこのような流れの中、今後は外国人の雇用もされていくことが予想されますので、近い将来外国人の方が施術をするということは当たり前になってくるような時代がくるのかもしれません。

日本人以外が対応…どうするべき!?

Fotolia_84163551_Subscription_Monthly_M

上でもお話した通り、今後は徐々に外国人スタッフが担当するということも珍しくなくなってくるかもしれません。

では、どのようにしていけばいいのでしょうか?

これは外国人スタッフがいた場合以外でも同じようなことが言えるのですが、どうしても嫌であれば、ハッキリと「この担当者にはやってほしくない」ということを伝えましょう。

ここまで、キツイ言い方でなくてもいいかもしれませんが、「ちょっと合わないので…」と断ることは大切です。サロン側としてもそのようなことはよくあることなので、次回からはその担当者が当たらないように配慮してくれることでしょう。

「…でも、やっぱりそんなこと言いにくいよね?…」

と、言う人は違う店舗に通ってみる方法などもあります。

サロンによりけりですが、サロンによっては店舗間移動が自由に行える所もありますので、次の予約から隣の店舗に普通に予約を入れられる所もあります。

中には、手続きをしないと行けないような所もありますが、言ってもその旨伝えて書類を書くぐらいですので、大きな負担ではないと思います。

なかなかハッキリと言いづらい…という人はこのような方法で回避していくのもいいのかもしれません。

脱毛サロンの場合は研修などはしっかりと受けてはいますが、特別資格が必要というわけではありません。

サロンによりけりですが、中には社員ではなくバイトでやっている人もいるぐらいです。バイトが悪いわけではありませんが、どうしても接客や技術には個人差が出てきてしまうのは仕方がないことでしょう。

それが、外国人になればなおさらです。

日本人は比較的真面目に仕事に取り組みますが、一歩外の国に出れば、このあたりは全く間隔が違ってきます。もちろん、全てが全てそのような人たちではないと思いますが、どうしても日本人に比べると…と思ってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

担当指名できるサロンは「リンリン(RinRin)」!

Fotolia_57915257_Subscription_Monthly_M

ほとんどのサロンが担当指名制がない中、「リンリン(RinRin)」では、担当者を指名することができます。しかも、指名は無料でできます。

「リンリン(RinRin)」は東海・近畿エリアを中心にしているサロンではありますが、料金がリーズナブルなところがとても魅力的です。

例えば、顔やVIOまで全て含んだ全身脱毛が12回で168,000円(税抜)で受けられます。つまり、1回あたりは14,000円。全身脱毛では1回あたり2万を切れば安い!と、言われていますのでいかにリーズナブルかがよくわかりますよね。

それでいて担当者の指名料もかかりませんので、気に入った人にずっと担当してもらうことが可能です。

もちろん、部分脱毛のコースなどもありますので、担当者を指名して同じ人にずっとやってもらいたい!という人はリンリンを検討してみてもいいかもしれません。

⇒ リンリンの口コミや特徴を見てみる


⇒ リンリンの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)

担当チーム制の「銀座カラー」もオススメ!

asian businesswoman on white background

担当者を指名できるわけではありませんが、「銀座カラー」では担当チーム制というシステムになっています。

どういうものかというと、お客様の情報(体質、ムダ毛の生え方、注意点など)や、スケジュール(とにかく早く脱毛を終わらせたい、時間はかかってもキレイに脱毛したい)などの情報などをチーム内で共有して、チームとしてそのお客様を担当するといったものです。

ですので、毎回同じ担当者が担当する…というわけではありませんが、チーム内の担当者が担当してくれますので、毎回毎回注意してほしいところなどの同じことを言う必要がありません。

ただ、

(銀座カラーの店舗にもよりますが)その中でもどうしても同じスタッフの人にやってもらいたい!という場合は、対応してくれる店舗もあるそうです。

もちろん、そのスタッフのシフトなどに合わせることになるので、予約自体はしにくくなるかもしれませんが、銀座カラーでも対応してくれる場合はあるようです。

銀座カラーも業界内では老舗サロンとして長きに渡り、大手サロンの一角として業界をリードしてきています。その点は安心できますね。

また、脱毛し放題のコースがあることや、年間に8回全身脱毛が受けられるコースがあるなど、コースも豊富に用意されていますので、いろいろな要望に答えてくれるサロンでもあります。

特に銀座カラーは脱毛効果が高い!と評判ですので、選んで失敗が少ないサロンであるとも言えそうです。

「毎回毎回同じことを言うのは面倒くさい!」というような人は、担当チーム制で安心して施術ができる銀座カラーを選んでみてもいいかもしれませんね。

⇒ 銀座カラーの口コミ詳細を見てみる


⇒ 銀座カラーの無料カウンセリングを予約してみる(公式ページヘ飛びます。)

脱毛

現時点では、外国人の方が施術を担当するということは、まだまだ少ないと言っていいかもしれません。

ですが、

今後は間違いなく外国人の雇用も増えてくることでしょう。

政府としても積極的に受け入れていく姿勢を示していますので、脱毛業界にも遅かれ早かれその流れは訪れてくることだと思います。

ですので、もし、どうしても嫌…なのであれば、店舗を変えてみるか、担当者を指名できるサロンに移る、もしくははじめからそのようなサロンを選んでおくことも考えておくといいかもしれません。