脱毛

ここでは、「ニキビ肌の人でも脱毛サロンで施術が受けられるのか?」…について解説していきます。

脱毛サロンで脱毛を考えているけど、「ニキビ肌だけど脱毛受けれるのかな?」と、悩んでしまっている人も多いようです。

「施術を受けられるかどうか?」ということをお伝えする前に、まずは、”ニキビがなぜできるのか?”について、しっかりと理解していきましょう。

ニキビができる原因って?

脱毛

まずは、なぜニキビができるのか…「ニキビができるメカニズム」と、「ニキビができにくくするために心がけること」などを説明していきます。


基本的にニキビというのは、”肌が脂っぽいからできる”と思われがちですが、実は脂っぽいだけではニキビはできません。

”皮脂が毛穴に詰まる”ことが原因です。

そして、詰まった毛穴の中というのは酸素が行き届かない場所になります。そこで酸素が嫌いなアクネ菌が働きやすくなってしまい、アクネ菌が皮脂を分解して脂肪酸を発生させます。この脂肪酸により、ニキビができてしまうんですね。

そのため、乾燥肌の人で脂っぽくない人でも、毛穴が詰まればニキビはできます。

要するに、ニキビというのは”毛穴の詰まり”によるところが大きいんですね。

そして実は、一口に”ニキビ”と言っても、10代などの思春期の頃にできる「思春期ニキビ」と大人になってからできる、いわゆる「大人ニキビ」では、できる原因が違います。

10代の頃にできる思春期ニキビの原因は、成長期ということがあり、ホルモンバランスが変化を起こし、皮脂の分泌が活性化してしまうことによってできてしまうのが主な原因です。

これに対し、大人ニキビはというと、「古い角質の蓄積と肌の乾燥」が主な原因と言われています。

大人になると肌の代謝も悪くなってくることによってターンオーバーが徐々に遅れてきます。すると、古い角質が毛穴を塞いでしまいます。

さらに、ターンオーバーの低下は肌の乾燥も引き起こします。肌が乾燥すると、古く詰まった角質は固くなってしまうんですね。

こうなると、ふさがった毛穴にはアクネ菌が繁殖してしまい、炎症が起こります。これが大人ニキビの正体です。

また、

大人ニキビの特徴は、「一度治ったと思ってもまた同じ所に出来る傾向がある」ということです。

では、どのようなことを心がけていればニキビができにくくなるのでしょうか?

ニキビができないように心がけることは?

ニキビ 女性

まず、心がけなければいけないことは、「ストレスをためない」、「睡眠不足にならないようにする」ということです。

これらが原因で起こってしまうのが”ホルモンバランスの乱れ”です。

ホルモンバランスが乱れると、ニキビができやすいということは先程も説明したとおりです。また、「偏った食生活」というのも、大人ニキビを作る原因になります。

外食中心や、肉料理中心など偏った栄養バランスの食事をしているとニキビはできやすくなります。特に、「ビタミン」、「ミネラル」は肌のターンオーバーに大きく関わりがありますので、普段からバランスの良い食事を心がけましょう。

また、

毎日の「メイク落とし」もニキビを作ってしまう原因の一つと言われています。

毎日、メイクをしなくてはならない女性ですが、日々のメイク落としをさっと拭いておしまい…と、手抜きをしてしまっていると、やはり毛穴にメーク汚れが詰まったままで、取りきれていない状態になってしまいます。

これもまた、ニキビを作る原因になってしまうので、日々のメイク落としも手抜きをせずに行うことを心がけましょう。

ニキビ肌は脱毛サロンOK?

脱毛

ここからは、「ニキビ肌の人でも脱毛サロンやクリニックで施術が可能かどうか?」について解説していきます。

ニキビ肌の人が脱毛サロンやクリニックで、施術が受けられるのかどうかは、”ニキビの状態”によります。

ニキビの”状態”にもいろいろと種類があって、できたばかりの白っぽいニキビ、赤くなってしまい炎症を起こしている状態のニキビ(赤ニキビとも言います)、膿んで化膿してしまっている状態のニキビ(黄ニキビとも言います)など、ニキビと一口に言っても違います。

ニキビが実際にある時の施術方法は以下のような形に分かれます。

ニキビがある時の施術の選択肢

  • 白ニキビの状態は脱毛可能になることが多い
  • ニキビ箇所を避けて脱毛する
  • ニキビが治るまで脱毛をしない

白ニキビの状態は脱毛可能になることが多い

一般的には白ニキビの状態でしたら、施術は可能と言われています。

言われてはいるのですが、各サロンの方針や担当してくれるスタッフさんの判断にもよりますので、一概には言えないところがあります。

ニキビ箇所を避けて脱毛する

シールなどで保護し、ニキビ箇所には照射しないように避けて、残りの部分を脱毛していきます。

しかし、当然ですが、ニキビがあるところは脱毛できませんので、その部分に関してはまた違う時にやるなどすることになります。

そのため、毛周期に合わせて脱毛していくのが一般的ですが、そこだけズレてしまうことにもなるので、全体の脱毛効果が落ちるということにもなります。

ニキビが治るまで脱毛をしない

上記で挙げたようなことのようにしないためには、その脱毛箇所全体をしないで、ニキビが治ってからその部分全体を脱毛するという方法もあります。

1回で全身脱毛をするようなコースではその部分だけ飛ばすことになってしまいますが、2回の施術で全身1回を脱毛するコースなどの場合は、1回目の時に飛ばしたところを2回目でやってくれるケースもあるので、このあたりはスタッフさんに相談してみるといいかもしれません。

悪化したりすることはない!?

悩む女性

「ニキビ肌で脱毛できたとしても悪化したり、効果が落ちることはないの?」

と、悩む人もいるかもしれません。

しかし、

結論から言うと、むしろ肌の状態は段々と良くなっていきニキビができにくい肌になっていきます。

というのも、先ほどニキビができる原因のところでお話しましたが、基本的には”毛穴が詰まる(汚れがたまる)”ことによってニキビはできてしまいます。

脱毛をすると、毛穴自体が締まりますので、皮脂などの汚れも溜まりづらくなります。そのため、アクネ菌も働けなくなってくるので、結果としてニキビはできにくくなってくるというわけですね。

また、

「ニキビのところが脱毛できたとしても効果は落ちない?」ということですが、こちらも脱毛ができたのであれば、効果が落ちるということはありません。

ただ、

ニキビの状態によっては出力を下げて照射することになるので、その場合は全体的に普段より効果が落ちるということは考えられます。

ニキビ肌にオススメなサロンをご紹介!

ただ、

そうは言ってももともと肌が弱かったり、ニキビが繰り返しできやすいという人もいます。

そういう方はニキビ肌の状態と常に相談しながらになってしまうので、なかなか脱毛サロンに通っても思うように脱毛が進まない場合も考えられますよね?

そんな方に、是非オススメしたい脱毛サロンがあります。

それが【ディオーネ】です。

ディオーネがオススメな理由

ディオーネは『敏感肌専門脱毛サロン』と謳っている脱毛サロンです。

ニキビ肌でお悩みの方はもちろん、敏感肌で悩んでいる方や、お子さん(しかも3歳からOK!)のように肌が大変デリケートな場合でも脱毛が可能!という脱毛サロンです。

それは他のサロンとは違い、「ハイパースキン法」とい他では扱っていないマシーン・方法で脱毛を行っているからです。

ハイパースキン法は従来の脱毛サロンのマシーンのように”高熱で毛を焼く”方法ではなく、38度程度の人肌の熱で”毛の種に働きかける”ため、痛みもなく、ほんのり温かみを感じる程度です。

そのため、肌も一切痛まないのでニキビがある状態や敏感肌の人でも施術が可能というわけです。

ニキビ肌で悩んでいて脱毛ができるか不安…という人はどんな状態でも、確実に脱毛が行えるディオーネのハイパースキン法がオススメです。


⇒ ディオーネの≪全身脱毛≫の無料カウンセリング予約してみる


⇒ ディオーネの≪顔脱毛≫の無料カウンセリングを予約してみる


⇒ ディオーネの≪VIO脱毛≫の無料カウンセリングを予約してみる

まとめ

脱毛

ニキビがある場合、脱毛サロンで脱毛ができるかどうかは、「ニキビの状態による」というところが大きいです。

そのため、自分では大丈夫だろうと思って、いざ施術に行ってもサロン側の判断で施術自体が受けられなかったり、部分的に避けての施術になることなどは十分に考えられます。

まずは、ニキビができる原因をよく理解し、普段の生活を気をつけニキビができないようにしていくことが大切です。

ただ、

特に大人ニキビは繰り返しできやすいものなので、ニキビ肌で悩んでいるけど、脱毛はしたい!という方は、敏感肌専門脱毛サロンのディオーネで脱毛をすることを検討してみてもいいかもしれません。